「この場所から」シリーズについて

「物語を書く」という世界に足を踏み入れた最初の作品です。

人は、自分が生きていることの実感も意味も失ってしまうほどの大きな喪失を経験しても、
それでもそれでも・・・それでも生きていかなければなりません。

喪失から再生へと向かう道のりを、私自身がたどった物語でした。
そして今も続いています。

テーマの重さに押しつぶされそうになりながら、
自分の中からわき上がる言葉に「わぁ・・・」と驚きながら書いたことを覚えています。

読んでくださってありがとうございました。

これからも続くこの物語に、ひとこと感想を寄せてもらえると嬉しいです♪

14 Comments

  1. Lusietaさんの作品は、某サイトでずっと前から読ませて頂いてました。
    「この場所から」を、ここで見つけて一気に読み、心の震えが止まりません。アヤノの気持ちがリアルすぎて、気がつくと涙で画面がぼやけていました。
    あの朝、関東に住む私は、神戸出張の夫の為早起きしたんです。
    本当は前日に、神戸入りするはずだったのに。
    ホテルまで、取ってあったのに、
    なぜか、グズグズ前日に出発しなかったのです。
    今でもはっきり覚えています。最初は簡単な地震速報でした。
    刻々と状況が分かってきて、唖然とし、立っていられなくなりました。
    傍にあって普通、当たり前、ではないんですよね。
    今ある幸せに、感謝して生きなければ。
    重いテーマを、Lusietaさんの明るいツッコミに助けられ、清々しく読み終えることができました。 ありがとうございました。

  2. オウルさん、
    ここに感想をくださってありがとうございます。
    とても嬉しいです。
    >Lusietaさんの作品は、某サイトでずっと前から読ませて頂いてました。
    「この場所から」を、ここで見つけて一気に読み、心の震えが止まりません。アヤノの気持ちがリアルすぎて、気がつくと涙で画面がぼやけていました。
    そんなふうに読んでいただいていたなんて、
    ほんとにほんとに感激です。
    この作品は、書くということにはじめて取り組んだもので、
    いろいろ不備がいっぱいで悲しいくらいなんですが、
    心ふるわせて読んでくださる方がいてくださることが、
    どんなに嬉しいか。
    ほんとにありがとうございます。
    >あの朝、関東に住む私は、神戸出張の夫の為早起きしたんです。
    本当は前日に、神戸入りするはずだったのに。
    ホテルまで、取ってあったのに、
    なぜか、グズグズ前日に出発しなかったのです。
    すごい・・・
    もしかしたらあの只中にいらっしゃったかもしれないですね。
    そんな紙一重で明暗を分けた人たちがたくさんおられたかもしれないのですよね。
    それは、なんとも言えない大きな体験でしたね。
    >今でもはっきり覚えています。最初は簡単な地震速報でした。
    刻々と状況が分かってきて、唖然とし、立っていられなくなりました。
    傍にあって普通、当たり前、ではないんですよね。
    今ある幸せに、感謝して生きなければ。
    ほんとにそのような気持ちになりますね。
    今日生きて、また明日も愛する人たちとともに生きていけること、
    それはもしかしたらすごいことなのかもしれないです。
    毎日すごいことをくり返しているのかも。
    >重いテーマを、Lusietaさんの明るいツッコミに助けられ、清々しく読み終えることができました。 ありがとうございました。
    そう言ってもらえると嬉しいんです。
    思いテーマなのに読んでくださってありがとう。
    長いし、話は進まないし(笑)
    忍耐強いみなさんに支えられて続けてこられた物語でした

  3. 初めまして。
    今日一日で、(ん?この時間なら二日間?)完読致しました。
    感動しました。本当。凄く。
    読み進めながら、私の周囲の人々の顔が浮かびました。
    このお話しを読むことが出来て良かった。ありがとうございます。
    感動を上手く伝える術がありません。
    ごめんなさい・・・

  4. tommyさん
    初めまして!
    読んでくださってありがとうございます。
    >今日一日で、(ん?この時間なら二日間?)完読致しました。
    最初から結婚まで?
    わぁ・・・すごい・・・
    大変だったでしょ!!
    思わずご苦労さまですって言ってしまいそうです(^^;)
    寝不足ですよね。
    >感動しました。本当。凄く。
    あぁ・・・
    読んでくださった方にそんなふうに言っていただくのはとても嬉しいです。
    >読み進めながら、私の周囲の人々の顔が浮かびました。
    このお話しを読むことが出来て良かった。ありがとうございます。
    私も、そんなふうに読んでくださるtommyさんのような方に出会えて幸せです。
    >感動を上手く伝える術がありません。
    ごめんなさい・・・
    とんでもないです。
    こんな温かな言葉で心を伝えてくださってありがとうございます。
    とても励みになします。
    また頑張って書こうと思います。
    ほんとにありがとうございました(^o^)

  5. 初めまして。
    コメントするのは初めてですが
    何度も読んで
    切なくて苦しくなったり,嬉しくてドキドキしたり
    素敵なお話をありがとうございます。
    これからもアヤノたちの物語を一緒に過ごせたら。。。
    東日本大震災の日を迎え,なぜかアヤノを思い出しました。
    今年はどんなアヤノに会えるかな?
    Lusietaさんの作品が読める某サイトを教えてください。
    (こんなお願いはマナー違反ですか:不安)

  6. さくらさん
    はじめまして!
    感想をお寄せくださり、ありがとうございます!
    ほんとに嬉しいです(^o^)
    今年のアヤノのお話を待ってくださってること、ほんとに嬉しくて、
    すぐにでも読んでいただきたいのですが、
    最新のアヤノについてアップしたサイトは有料なんです。
    それで、早いうちにこちらにUPしたいと思って、今作業しているところで、
    その作業を終了したら、2011年の夏、2012年の夏、そして2013年の1月の話をこちらで読んでいただけて、
    それで私の書いたものの全てがここにUP終了となります。
    私はこのようなPCの作業が苦手で、このサイトのハイレベルな技術を持ったメンバーに助けてもらってUPしているので、
    まだ自力でできなくて(/_;)
    なので、もう少し待ってくださいm(_ _)m
    さくらさんのような方がいてくださることを励みに、またがんばります!!!
    よろしくお願いします\(^O^)/

  7. 読みました。
    愛おしみながら。
    これで最終話だと知っているので
    本当に惜しみながら読みましたよ。
    胸がいっぱいです。
    辛いことも悲しいこともあるけれど
    それも抱えながら笑って生きたいです。
    アヤノのように。
    さびしいな。
    ちょっとした喪失感です。
    素敵なお話をありがとうございました。

  8. さくらさん
    お待たせしました。
    こんなふうに声をかけてくださり、
    すぐに読んでくださってほんとにうれしいです。
    こんなに温かい素敵な言葉で感想を寄せてくださって、
    私のほうが感動の思いです。
    ひとまず終了としますが、またこの2人と、2人を囲む人々の物語を、
    少しずつでも書いていけたらと思っています。
    その時はまたおつきあいいただけたら嬉しいです。
    寒い毎日ですが、あたたかくしてお元気にお過ごしくださいね!

  9. こんばんは。
    再生の物語・・ありがとうございました。
    写真集のタイトルが、温かな作品名と繋がった時は、うわぁ・・と思いました。
    プレートに刻まれた、 ”玉城 快    玉城 澪”
    この時初めて、カイとミオの名前が漢字で表記されました。
    私的には、これがググッときました。
    霧の向こうに居た人が急に目の前に現れた・・そんな衝撃でした。
    封印していたものがテヤンによって解かれて、やっと神戸に来られて
    現実の二人、亡くなった二人を受け入れて再スタートするんだなって思いました。
    なので、その後は”快と澪”になると思っていたら、ずっと又カタカナでした。
    アヤノも、子供の名付けの時の”文乃”のみが漢字表記で、ずっとカタカナ。
    単にテヤンに合わせただけなのかな?とも思いましたが
    漢字って何か個性を感じるというか、特定するイメージで
    カタカナは、どこか匿名性っていうか、固定しないイメージなので
    震災を扱う上で、あえて、そういう名づけにしたのかな?
    なんて考えちゃいまして(^^ゞ
    もし、そこにも作家としてのこだわりがあったら教えていただけますか?

  10. 蓮さん
    長い話を読んでくださり、ほんとに嬉しいです。
    ありがとうございました。
    登場人物の漢字表記のこと、
    なるほどなと思いました。
    読んでくださる方がそんなふうに感じられることがあるんだなと。
    私は今日まで書いた創作の中の人物の名前はほとんどカタカナにしてきました。
    私の頭の中では漢字もあてはめていますが、
    文章の中ではカタカナで表しています。
    初めて書いた創作の主人公の名前が韓国名だったのでそれに合わせる形になったのですが、
    その後の創作もそれにならうようにして、ほとんどそうなっています。
    これは私の感覚的な好みがそうだったからかなと思います。
    その後に生まれたテヤンとアヤノの2人の子どもたちも韓国の読み方なので、
    やっぱりカタカナ表記にするしかない感じでしたしね(*^m^*)
    あぁ~、こうして書きながら、やっぱりカタカナじゃなきゃダメだったのかもしれないなと思ってきました。
    玉城快と玉城澪も、漢字になると生々しくその人が浮かび上がってきますよね。
    そうなると、切なくて、つらい気持ちになって書きつづけられなかったかもしれないって思います。
    「カイ・・・」
    そういう字面も、実は好きだったりします。
    あぁ、蓮さん、何も答えになっていないですね。
    ごめんなさいね。
    きっと私は、カタカナで誰かに呼びかける、その雰囲気みたいなものが好きなんだと思います。
    あは、このストーリーはこのままカタカナばっかりで続きます。
    それでもよかったらまた続きを読んでみてもらえると嬉しいです。

  11. お返事ありがとうございました^^
    ここに書き込んだ後、他の作品も読みにいったら、
    登場人物の名前が殆どカタカナだと分かりました。
    あぁ・・これは単に好みって事かな?って思いました(^^ゞ
    そして、この”好み”ってのは、結構大事ですよね。
    私にも、”快”じゃなく”カイ”って人の方が
    より良く輪郭が見える気がしますから^^
    >あは、このストーリーはこのままカタカナばっかりで続きます。
    >それでもよかったらまた続きを読んでみてもらえると嬉しいです。
    「この場所から」は最終話まで読ませて頂いてのレスでした。
    読むことで、私の中に何かが残っています。
    本当にありがとうございました。
        本名がカタカナの漣より(笑)

  12. 連さん
    ありがとうございます!
    >「この場所から」は最終話まで読ませて頂いてのレスでした。
    そうだったのですね。
    どもども失礼しました。
    そして、ほんとにありがとうございます!
    ユイルやユファにも会ってくださったんですね。
    この2人がいて、やっぱりカタカナでよかったなって、
    さっきお返事書いているうちに思っちゃったのでした(*^m^*)
    はい、言われて気づくけど
    やっぱり“好み”ですね(^_^;)
    >読むことで、私の中に何かが残っています。
    本当にありがとうございました。
    そう言っていただいて、ほんとにこちらこそ感謝です。
    ありがとうございました!
    >本名がカタカナの漣より(笑)
    えぇ~~~!!
    これはすごい展開というか、素晴らしいオチというか~\(^O^)/
    なんか、しあわせ(*^^*)

  13. 今年も1月17日がやってきました。20年ですね。
    たくさんのアヤノのことを思います。そして、たくさんのキワちゃんのことも。
    1,17宣言は今年も出たのでしょうか? 新聞を切り抜いて大事にしています。
    シータさんの物語に感謝しつつ。

  14. Hitohitosさん
    お久しぶりです!
    お元気ですか?
    ここにコメントをくださって、ほんとにありがとうございます!!
    とても嬉しいです。
    初めて二人のことを書いた時は11年がたった時でした。
    「二人が再会してから9年がたったんだな」って、
    今年あらためて思っていた次第です。
    こうしてアヤノのことを、そしてキワちゃんのことをこの日に思い出してくださる方がいてくださるんだと思うと、
    自分があのお話を書いたことを肯定できて嬉しい気持ちと、
    まだまだできることがあるはずだと思う気持ちとで、
    頑張って生きていかなきゃと力が湧いてきます。
    いつも真摯なコメントをくださったHitohitosさんも、
    今も日々ステキに生きていらっしゃることと思います。
    どうかこれからの1年も楽しい毎日でありますように。
    たくさんのアヤノやキワちゃんの幸せを思いながら。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*