『そや☆コリ』41 東京でお風呂入りたかったです。

wanglimtang1.jpg

chossoktang05.jpg

chossoktang06.jpg
上の写真はそれぞれ違う銭湯の写真です。
『韓国の激渋銭湯』という、韓国の銭湯を楽しむ達人のブログから拝借しました。
日本の銭湯とそっくりで、壁に絵なんかも描いてあって、
親しみを感じました。
前回の「そや☆コリ」では、
4月からの講師のヒニョンくんに対し様々なことを腹に据えかねた私たち生徒が、
お盆明けの授業の日に、
「9月いっぱいで講師を降りていただきたい」という話を切り出すことになり、
緊張しながら準備していると書きました。

そして、その顛末を報告しますと言っていましたが、
とっくにお盆が明けまして、チュソクだって終わってしまいました(^_^;)

遅くなってすみません。

実はその後のご報告をと思って書いてはみたのですが、
文章にしてみると、内容がなんだか被害報告書のようになってしまったんです。

2000文字まるまる
「こんなであんなで・・さらにこんなことになって、
んで彼からの電話にシータがキレて、
翌日話すはずの話を、単独で全部しゃべっちゃって・・・」
んで、まだまだ続く・・・みたいな話です(-_-;)

これはもう、全部書くか全部カットしちゃうかどっちかだなあと思いまして、
カットすることにしました。

「いろいろ大変な若者との半年がようやく終わって、
10月からは月に2回また青年と楽しくまったりハングル勉強することになりましたぁ~~」

ってことにさせてくださいm(_ _)m


今回のことでは、ほんとに消耗しちゃいまして(-_-;)(-_-;)(-_-;)
いろいろ、いろいろ、いろいろ、ほんとに。

もう少し時間がたてば、冷静にちょっとおもしろい文章になるように書ける気もするんですが、
今はもうなんのひねりもない被害報告書&愚痴なので。

あしからず、ご了承くださいませ。




 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇





ってことでぇ~~~~~!!

夏休みにもう1回青年の授業があったので、その時のことを書きます。
気分を変えて読んでみてもらえたら嬉しいです♪


8月も終わりのころ、青年の授業がもう一回ありました。


「みなさんは、8月にどこかに行きましたか?」

それぞれに旅行の話や、どこにも行かなかった話をしました。


「僕は東京に行きました。」


「へぇ~東京に?
お仕事ですか?」


「いえ、美術館に。台湾の作家たちの作品の展覧会があったので。」


その展覧会の話をするのかと思ったら・・・

「汗かいて、お風呂に入れなくて大変でした。」


「は?」


「夜行バスで行ったんです。
そして朝に東京に着きまして、夜にまた乗って朝は京都です。」


「うわぁ。きついですね。二泊一日ですね。」


「はい。お風呂入りたかったです。残念です。」


「そりゃお風呂入りたくなりますよねぇ。
バスは疲れますよね。」


「どうして日本の銭湯は朝やっていないんでしょう。
夕方からしか開かないなんて。」


「韓国にもサウナじゃなくて銭湯があるんですか?」


「はい、あります。
日本と一緒で”○○湯”いう名前です。”○○タン”と読みます。
朝早く5時ごろから始まって夕方に閉まります。」


「えぇ~~?なんで?」


「韓国はオンドルなので、朝起きたら冬でも汗かいています。
お風呂に入ってから仕事に行くんですね。
だから銭湯も朝に一番お客さんが多いのです。」


これはびっくりです。
だから朝から銭湯を探していたのか。
じゃあ、青年は今も朝風呂派?


「韓国では、バスターミナルの近くや駅の近くに銭湯がありますね。
高速バスで到着したらすぐお風呂というのが定番です。
東京のような大きな都会で、バスターミナルの近くに銭湯がないのは悲しい。
探しました。
結局新大久保に韓国式の銭湯があるのがわかったので、
新大久保に行きました。
韓国式の銭湯は、寝ころんでくつろげるコーナーもありますし。」


なるほど、青年ってば初めから新大久保に行けば、
韓国式に朝からやってる銭湯に出会えたのにな。そうすればよかったのにな。
どこかに出かける時、ガイドの仕事のとき以外は前もって調べたりしない青年。
いつも行き当たりばったりだからなぁ~。

「初めからいろいろ計画を立てるのは楽しくないでしょ。
その時に見えたものや出会ったものに従っていきましょう。
そのほうが楽しいでしょ」
って言うもんなあ。

旅の話なんかすると、
事前にあれこれ調べて計画を練ること自体が楽しくてしょうがない私と、
なぁ~んにも計画を立てずにぶらぶらしたい青年とではいつも意見が食い違うのです。


「新大久保で銭湯に入れたんじゃないんですか?」


「閉まっていたんです(-_-;)」


「あらま!」


韓国の銭湯をあとでちょっとネットで調べてみると、
“なんで夏の暑い時に湯船になんか入らなきゃいけないんだ”ってことで、
お客さんも来なくて8月は閉めちゃう銭湯があるようです。
新大久保の銭湯だから、韓国式に夏場は閉まってたってことかな?

不運な青年(-_-;)


「朝も夕方も入りたくて探したのにみつからないままでした。」


「それは残念でしたね。ほんと。
でも、せっかく新大久保まで行ったんですから、
もしかして、ついに韓国料理のお店で一人で食事したとか?」


「いえ・・・それは・・・
ちょっとできませんでしたね。」


「え?」


「普通の喫茶店で、いろいろ間にはさんだトースト食べました。」


「東京で・・・
食べたのそれだけですか?」


「はい。」


「新大久保で何か食べたらよかったのに。」


「・・・・・」



“触れてくれるなその話”って感じで無言。
違う話に持っていく青年でした(-_-;)


はぁ・・・

いやしかし! 
青年の「おひとり様」の歩みとしては、格段の進歩だ!


「韓国人は店でひとりぼっちで食事したりしません!」と言い切り、
日本に来てから10年たった時点(4年前)で、
自動販売機の前でひとりで缶コーヒー飲むのが関の山だった青年。

↓(その話はこちらに)
牛丼屋さんさえ「ひとりでなんて、とても無理です」と言ってた青年が、
喫茶店でトースト食べたのだ!


すごいじゃないか!!


「がんばったやん!」と拍手したかったけど、
彼のプライドのために我慢しました。



「シータさんのお友達のみなさんは、東京でしょ。
おうちにお邪魔したいと思ったほどです。」


「わぁ!そういう時にはほんとに連絡してください!
きっと喜びます!連絡先教えます!」(勝手に教えようとしてる)


「いや、しかし電話して『お風呂入れてください』なんてね。」


「いえいえ、お風呂どうぞどうぞ」(なぜ私が言う?)


「あは。」


いやぁ、そこから行ける範囲にあるのはボニボニさん宅ですね。
朝っぱらからいきなり電話がかかって、
青年が「あのぉ、お風呂入れてください。」って言ったら・・・

あぁ~~おもしろいのになぁ~~~~~\(^O^)/\(^O^)/


「いえ、そんなのはご迷惑ですから。」


「いえ、絶対歓迎ですよ、きっと!
お昼ご飯も出ちゃいますよ、きっと!!」


なんでどんどん断言しているのだ、私・・・


ボニさん、勝手にすんません。
よかったら青年を、お風呂に入れてあげてください(*^m^*)
その場合、朝っぱらから風呂上がりのビールもアリでしょうか?




♪ 本日の ワンポイントはんぐんまる(韓国語)♪



◆ 夜行バスで 東京に行ってきました

  ヤヘンボスロ トンギョカッタワッソヨ


◆ 汗かきました

  タムル フルリョッソヨ


◆ お風呂入りたかったです

  モギョッカゴシッポッソヨ


◆ お風呂に入りたいんですが  料金はいくらですか?

  モギョッカゴシップンデヨ ヨグムンオルマエヨ?


◆ 石けんありますか?

  ピヌ イッソヨ?


◆ タオル 貸してください

  スゴン ピルリョジュセヨ




8 Comments

  1. きゃおっ!
    今日は、そやコリ発見したぞ〜〜!
    そうか、前の兄ちゃんと色々もめたのか。
    遅刻やらドタキャンやらしたクセに揉めるとは(勝手に解釈)
    まあ、過去のオトコだ、水に流しましょう。
    >韓国はオンドルなので、朝起きたら冬でも汗かいています。
    お風呂に入ってから仕事に行くんですね。
    だから銭湯も朝に一番お客さんが多いのです。
    な〜るほど!
    韓国、一度しか行ったことないけど、オンドル暑かった。
    汗かいた、蒸し○○になった気分で確かにひとっ風呂浴びたかった。
    韓国人はそれを実践してるのか。
    朝湯文化、それもいいなあ〜〜!
    でも、考えると忙しい朝に、わざわざ風呂屋に行って
    湯船につかってたら時間がかかる。
    朝は家のシャワーで十分のような・・・
    でも高速バスターミナル近くの朝湯銭湯ってのは良いねえ。
    確かに固まった体をほぐしてから、仕事やら観光に行きたい。
    >「いえ、美術館に。台湾の作家たちの作品の展覧会があったので。」
    これはもしや「現代美術のハードコアは実は世界の宝である展」かな?
    しーたや、この展覧会、ボニさんに奨められて、ひとりで走って行ったのだけど、
    ものすご〜〜〜くパワフルな展覧会だったのだ。
    我が家では「わたしが観覧料を出したげるから絶対行きなさい」と、
    息子二人とも行かせたくらい、素晴らしかった。
    台湾のIT企業社長の個人コレクションなんだけど、
    見たことも聞いたこともない台湾の作家がゾロゾロ居て、
    それが既に国際的にめちゃくちゃ名声を確立していたアーティストたちだった。
    (要するに私が不明なだけ)
    もう一度、行けば良かったと思ってるくらい。
    8月だったし、違うかな?
    >朝っぱらからいきなり電話がかかって、
    青年が「あのぉ、お風呂入れてください。」って言ったら・・・
    あぁ〜〜おもしろいのになぁ〜〜〜〜〜\(^O^)/\(^O^)/
    きゃ〜〜っ、アリアリ!きっとアリ!
    その後、ビール祭りになって帰れなくなる可能性もアリかもだけど。
    次はためらわずに連絡して下さい。
    夜なら、わたしも絶対駆けつけます。

  2. あんなちゃん!
    読んでくれてありがとう\(^O^)/
    >そうか、前の兄ちゃんと色々もめたのか。
    遅刻やらドタキャンやらしたクセに揉めるとは(勝手に解釈)
    揉めたってほどではないんだけどね、
    とにかくとにかく振り回されたって感じです。
    どこまでも無神経に人をぶんぶん振り回して・・・
    うぅ~ん、うん、やっぱここまでにしとこう(笑)
    >まあ、過去のオトコだ、水に流しましょう。
    そうだ!
    水に流そう!
    いつも貧乏くじ引きつつ、この問題にも冷静に誠実に対応した青年のためにも。
    >韓国、一度しか行ったことないけど、オンドル暑かった。
    汗かいた、蒸し○○になった気分で確かにひとっ風呂浴びたかった。
    だよね、だよねぇ~~。
    夜だけ夏だったよね~~。
    >でも、考えると忙しい朝に、わざわざ風呂屋に行って
    湯船につかってたら時間がかかる。
    朝は家のシャワーで十分のような・・・
    もしかして忙しい人はシャワーで、
    銭湯は時間にゆとりのある世代の人が朝から昼にかけて行くのかもしれないね。
    今度青年にもう少しくわしく訊いてみたい。
    >これはもしや「現代美術のハードコアは実は世界の宝である展」かな?
    しーたや、この展覧会、ボニさんに奨められて、ひとりで走って行ったのだけど、
    ものすご〜〜〜くパワフルな展覧会だったのだ。
    我が家では「わたしが観覧料を出したげるから絶対行きなさい」と、
    息子二人とも行かせたくらい、素晴らしかった。
    わぁ~~~~~!!!
    もしそれなら嬉しいなあ\(^O^)/
    青年とあんなちゃんとボニさんが同じものを見て感動してたなら、
    すっごくいいなあ!
    こんど会うのはまだまだ先なので、このタイトルをメモしておかなければです。
    ちょうど会期の最後のほうに東京に行ってるから、
    これなんじゃないかなぁ~~。
    >きゃ〜〜っ、アリアリ!きっとアリ!
    その後、ビール祭りになって帰れなくなる可能性もアリかもだけど。
    次はためらわずに連絡して下さい。
    夜なら、わたしも絶対駆けつけます。
    あっは~~ん、やっぱりアリだと思う?
    私もそう思う(笑)
    んじゃあビール祭で激しくもてなしてやってくださいませ!
    東京でビール付きお風呂を提供してくれるチングのおうちができたら、
    ほんっと幸せだろうなぁ~~(*^m^*)

  3. 青年、やはり研究者。
    展覧会はやはり東京ですものね。
    でもそんな展覧会をボニさんとAnnaさんが行かれたということにもびっくりです。
    素晴らしい!!!
    >「韓国では、バスターミナルの近くや駅の近くに銭湯がありますね。
    高速バスで到着したらすぐお風呂というのが定番です。
    東京のような大きな都会で、バスターミナルの近くに銭湯がないのは悲しい。
    ↑東京駅には銭湯があると聞いていたのですが、もうなくなっちゃったのかな?
    ついこの間まで東海道線には朝5時頃に東京着の普通列車があって
    東京駅に着くと駅の銭湯に入ってから学校や仕事に行く・・とか言ってました。
    夜行バスの利用者も多いですから、
    駅やバスターミナルに銭湯があったらいいですよねぇ。
    この頃周りのシニアたちも青春18切符で旅してますもの。
    しかし、韓国銭湯、◯◯タンというと中華スープを連想しちゃいます。
    >そうだ!
    水に流そう!
    いつも貧乏くじ引きつつ、この問題にも冷静に誠実に対応した青年のためにも。
    ↑うんうん・・・と青年を思い浮かべつ頷いていました。
    >ボニさん、勝手にすんません。
    よかったら青年を、お風呂に入れてあげてください(*^m^*)
    その場合、朝っぱらから風呂上がりのビールもアリでしょうか?
    ↑あの青年ですもの、やっぱりアリですよね。
    ついでに展覧会も一緒に行っちゃうかも。
    しかし青年、お一人様脱出するも韓国料理はやっぱりお一人様はできないんですね。
    新大久保だったら、知らない人とでもご一緒出来そうな気もするのですが。

  4. mamaさん
    読んでくださってありがとうございます!
    >でもそんな展覧会をボニさんとAnnaさんが行かれたということにもびっくりです。
    素晴らしい!!!
    そうなんです。すごいです!
    って、まだその展覧会だったかどうか、確認してないんですけどね。
    きっとそうじゃないかなあ。
    >↑東京駅には銭湯があると聞いていたのですが、もうなくなっちゃったのかな?
    ついこの間まで東海道線には朝5時頃に東京着の普通列車があって
    東京駅に着くと駅の銭湯に入ってから学校や仕事に行く・・とか言ってました。
    夜行バスの利用者も多いですから、
    お、そうなんですか?
    もしかして青年はみつけられなかったのかもしれないですね。
    「ほぉ~ら、下調べは大事でしょ!」って言いたいなぁ~~
    >しかし、韓国銭湯、◯◯タンというと中華スープを連想しちゃいます。
    私もそう思いました!!
    カムジャタン、ソルロンタン、サムゲタン・・・
    あぁ、食べたいよ~。
    でも、今一番食べたいのはホットック(笑)
    屋台のあの甘いお菓子です♪
    >↑あの青年ですもの、やっぱりアリですよね。
    ついでに展覧会も一緒に行っちゃうかも。
    あ、一緒に展覧会というのもありですね!
    青年が「ひとりでゆっくり見たいです」と言ったら、一定の距離を保ってうろうろしておきます(笑)
    >しかし青年、お一人様脱出するも韓国料理はやっぱりお一人様はできないんですね。
    新大久保だったら、知らない人とでもご一緒出来そうな気もするのですが。
    うぅ~ん、思うに韓国っぽいところだからこそ一人でいられないのじゃないでしょうか。
    ほんとは本場の韓国料理を食べたいんだけど、
    本場っぽいからこそ、その店でひとりで食べるなんて無理っていう・・・
    しょうがないなあ、ほんとにもう(^^;)

  5. ぬわに~?! 青年、東京に来ただと~?!
    今度東京来るときは会おうねって、疏水の道路っぱたで言ったのに~(;;)
    ってその前に。
    >「こんなであんなで・・さらにこんなことになって、
    >んで彼からの電話にシータがキレて、
    >翌日話すはずの話を、単独で全部しゃべっちゃって・・・」
    あっはっはっは!って 笑っちゃいけないけど、その顛末が眼に見えるようです。しょうがない奴だなあ、ヒニョン君。まあでも、青年との日々が戻って来たのだから、よしとしましょう♪
    それにしても、何だよ~! 連絡しろ~来るんなら~もう。シャワーも入れなかったなんて(TT)我が家は大体5時半起きだし、連絡くれればメクチュ冷やしとくのに~ん。
    近代美術館でやった「現代美術のハードコアは実は世界の宝である展ーヤゲオコレクションよりー」は、企画展名が何だソリャって感じですが、それはそれは素晴らしい内容だったんだよ。
    アンコちゃんに、「是非見て。何ならアタシももう一回行く~~!」とラインしたくらい。ホントにもう一回行けば良かった。
    青年があれを見たなら嬉しいけど・・・
    でも、青年の専門家から行くと国立博物館でやってる。「故宮博物館展」じゃないかな? 
    近代のヤゲオだったら嬉しいけどね~。
    今度青年にあったら、私の連絡先を教えてくれ。
    東京に来る時は、寄る予定がなくても、ひとこと言ってくれたらビール冷やしとく・・じゃない風呂入れとくって。

  6. >ぬわに~?! 青年、東京に来ただと~?!
    今度東京来るときは会おうねって、疏水の道路っぱたで言ったのに~(;;)
    あは、ほんとにねぇ~
    そうだったよね。
    青年は基本シャイなやつだから、
    ほんとにそういうことできないんだろうね。
    「そんな、ずうずうしいことできませんよ」ってなるんだなあ。
    だからいつもヒニョンくんとのいろいろでも、
    言いたい放題のヒニョンくんに対して、
    言いたいことの全部を言わないまま、貧乏くじをひくわけだけど(-_-;)
    相手の勢いにはふわぁ~んと流されていくけど、
    相手に自分の勢いでぐいぐい行くことはできないんだなあ。
    自分を通すのは、せいぜい私たちに飲み会の場所をごり押しする時くらいかな(笑)
    そういう面は、青年は日本人っぽい感じがするのよね。
    >しょうがない奴だなあ、ヒニョン君。まあでも、青年との日々が戻って来たのだから、よしとしましょう♪
    はい!
    実はほんっとにそうなんです!!
    彼がそんなヤツだったからこそ、月に2回でもまた青年の授業が受けられるのです。
    ほんとに嬉しいよね!
    そうだよね!!
    >それにしても、何だよ~! 連絡しろ~来るんなら~もう。シャワーも入れなかったなんて(TT)
    我が家は大体5時半起きだし、連絡くれればメクチュ冷やしとくのに~ん。
    >今度青年にあったら、私の連絡先を教えてくれ。
    東京に来る時は、寄る予定がなくても、ひとこと言ってくれたらビール冷やしとく・・じゃない風呂入れとくって。
    よくよく言っておきます!
    お風呂もビールもどちらも言っておきます!
    ほんと、連絡先を渡します。
    東京に訪ねることができる知り合いができるってすごいことやん!
    奥さんのつながりではなく自分の知人ができるんだから。
    まぁ同年代の同性の友達だとすんなり訪ねられるだろうけど、
    シャイな青年にとっては年上の女性だからね、
    ちょっと勇気がいるかもだよね。
    あの時はみ~んな酔っ払ってたからねぇ(*^m^*)
    >でも、青年の専門家から行くと国立博物館でやってる。「故宮博物館展」じゃないかな? 
    近代のヤゲオだったら嬉しいけどね~。
    あ・・・
    そう言えば、「以前台湾に見に行ったものが日本に来ました」とかなんとか言ってたかも・・・
    そうか・・・
    「故宮博物館展」かも。
    でもね、青年は現代アートにも関わってた時期があったんです。
    韓国では美学を専攻していたし、むこうで大学の講師をしてたころに、
    海外の若手のアーティストも参加して、新潟のビエンナーレみたいなイベントを企画したことがあるんです。
    その時に集まった人たちがすごくおもしろかったって言ってたから、
    それから15年以上たって、ちょうどそのアーティストたちが成熟期を迎えていて、
    んでその人たちの作品に会いに行ったのかもしれないなあと、
    勝手に妄想していたのです。
    「どちらにも行きました」とかだったらおもしろいけど、
    やっぱり「故宮博物館展」かなあ。

  7. わあ〜少々遅れてしまいました(~_~;)
    ヒニョン君とのあれこれの顛末、聞きたいような、もうどうでも良いような〜
    またいつかバカバカしい思い出になったら、その時に聞かせて下さいませm(_ _)m
    東京駅の銭湯、私も聞いたことがあります(どこにあるのかまでは知らんけど…)
    夜行バスで行く知人が、朝早く着いて駅で風呂へ入って、モーニング食べて、それから仕事に行くって…
    ただし数年前の話ですから、今もあるかどうかは不明ですが…
    しかし…ほんまに青年はシャイで恥ずかしがり屋なのですね。おばちゃん軍団の先生を務めているのですから、少し位厚かましくなったらいいのにね。
    そうそう韓国語を学んでいる私の友人の新しい講師ですが、結局又韓国からの留学生に決まったそうです。
    7月末に今までの先生が帰国して、8月は自主勉強、9月に別の留学生が来日して先生になってくれたそうです。
    新しい受講生に大阪外大の朝鮮語科を卒業した人が加わったとか!
    そんな人がいると心強いですよね〜
    昔の恩師が韓国の緑豆大賞(東学党の乱の主謀者の名前…あだ名…を冠した賞です)を頂いたというので、明後日お祝いの会があり、私も出席する予定です。
    反韓の人たちから見たら許せないような賞ですが、120人が集まって講演を聞く予定です。
    草の根ではちゃんとまともなお付き合いがいっぱいありますのにね。
    あはは、ちょっと堅いことを言ってしまいました(~_~;)

  8. sukiyanenさん、読んでくださってありがとうございます!!
    反応が遅くてごめんなさい\(^O^)/
    >ヒニョン君とのあれこれの顛末、聞きたいような、もうどうでも良いような〜
    またいつかバカバカしい思い出になったら、その時に聞かせて下さいませm(_ _)m
    はい、ほんとにもう、聞きたいようなどうでもいいような・・・ですよね(*^m^*)
    ほんと、その時はもうほんっとに怒っちゃってたんですが、
    もう過去だなぁ~~と(笑)
    でも、ヒニョンくんとの6ヶ月があったからこそ、
    青年の誠実さやすごさがわかったから、
    やっぱりよかったなあという結論です!
    10月からの青年との授業を楽しみたいと思っています♪
    >東京駅の銭湯、私も聞いたことがあります(どこにあるのかまでは知らんけど…)
    夜行バスで行く知人が、朝早く着いて駅で風呂へ入って、モーニング食べて、それから仕事に行くって…
    ただし数年前の話ですから、今もあるかどうかは不明ですが…
    やっぱりそうなんですね!
    そこはやっぱり日本も韓国も「ひとっ風呂浴びたい~」の気持ちはいっしょで、
    ちゃんと需要があるのですね。
    みつけられなかった青年、やっぱり「ちゃんと下調べしようよ」ってところですね(^_^;)
    >そうそう韓国語を学んでいる私の友人の新しい講師ですが、結局又韓国からの留学生に決まったそうです。
    7月末に今までの先生が帰国して、8月は自主勉強、9月に別の留学生が来日して先生になってくれたそうです。
    わぁ、どんな人なんでしょうか。自分がこんな顛末だっただけに興味アリアリです!
    またなにかエピソードがあったら教えてください♪
    >新しい受講生に大阪外大の朝鮮語科を卒業した人が加わったとか!
    そんな人がいると心強いですよね〜
    そうなんですね。
    それってもしかして、先生がやりにくかったりしないのかなと思っちゃったりします(*^m^*)
    それもまた興味津々!
    >昔の恩師が韓国の緑豆大賞(東学党の乱の主謀者の名前…あだ名…を冠した賞です)を頂いたというので、明後日お祝いの会があり、私も出席する予定です。
    反韓の人たちから見たら許せないような賞ですが、120人が集まって講演を聞く予定です。
    草の根ではちゃんとまともなお付き合いがいっぱいありますのにね。
    なになに?と思ってググッてみました。
    すごい!sukiyanenさんの恩師の先生はすごい方ではないですかぁ~~!!!!
    日本で日韓関係の歴史を研究され、抗日の戦いをした民衆の代表の名前を冠した賞を受けられるなんて、
    これが大きく報じられないのは残念です。
    その先生の講演の感想を書いてあるブログをみつけました。
    今の日本の政治のリーダーの歴史認識の問題にも触れて、
    深いお話だったようです。
    sukiyanenさんはこの先生に教わっていらっしゃったのですね。
    ステキですね。
    お祝い会の感想も教えてもらえたら嬉しいです♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*