『そや☆コリ』2僕、卒業しました。

K3.jpg

 学位の授与式(卒業式)には出ないそうです。

「面倒くさいです。韓国でも日本でも、過去3回の卒業式
全部出ませんでした。
角帽もガウンも興味ないです。
あとでサムシル(事務室)にもらいにいきます。」

 

 

 

どもども、②です。
よかったら読んでください。
柔らかネタと硬めネタを交互に出すことを目指しています。

なので、今回はちょっとばかしマジメ系で長編です。

実は、ホヤホヤのネタができちゃったので、
嬉しくて、内容変えて、UP予定も早めてしまいました。♪

なにせ、ここに登場して二回目のワム先生に、
いきなりめでたいことが起こったものですから。

 

ぱんぱかぱぁ~~ん☆

ワム青年、

( ^∇^)/*。・゚・゚・*やっと博士論文合格しました!!。・*。・゚*\(^∇^ )

東洋美術史で文学博士号取得です。 !!めでたぁ~~~い!!

 

博士課程のしくみはいまいちわかりにくいんだけど、
修士課程2年(または博士前期課程)のあと博士課程3年(または博士後期課程)で、
その博士課程3年の単位を取得したら「満期退学」というのになるんだけど・・・

先生が言うには、その満期退学のあと3年以内に博士論文を書いて審査を受け、
博士号の称号をもらわなきゃいけないらしいのです。
じゃないと博士の資格をとれないのだと。

(このあたり、人によって言うことが違って、
ネットで見ても意味がよくわからないので、省略m(_ _)m)


初めて会ったとき、ちょうど満期退学のあとの4月でした。
「これから3年の間に論文を書きます」
と言っていました。

今はその3年目です。


思えば今日までの道のりは、
ほんとにほんとに長かった(T_T)(T_T)(T_T)

 


思い起こせば・・・。

 

2007年 秋

私生活でいろんなことがあり、消耗しきっている様子がありました。

「学問でもつまづいています。
学問でちゃんと自分が見通しをもてないので、
将来のことを誰かと一緒に考えることはできないですね。
この年なのに、まだこんなふうに生きています。」

一度は人生のパートナーと思った人との別れがあったりして、
なんだかバイオリズムが最悪な状態なのが見てとれました。

 

2008年 年末


「みなさんは、今年はどんな年でしたか?
できるだけたくさん韓国語を使って話してみてください。」


「僕ですか?
僕は・・・そうですね。

論文を書くために、毎日毎日絵を見ました。
毎日絵を見ることができて、とても幸せでした。」

あぁ~~、なんかいいいなぁ~って思ったのでした。

こんなふうに言うなんて、
まあ浮世離れしてるっていえばそうなんだけど、
学問を追究する人の至福の時間って、そういうところにあるのかなぁと、
うらやましいような気持ちになりました。

私生活のバイオリズムも回復し、
顔の色艶がいい気がして、
なにかいいことあったかなと思った年末でした。
(ほんとにいいことあったみたいでした。
おねいさんの勘は当たります(*^_^*)

 


2009年 3月 


「論文を提出して、審査がありました。」

「どうでしたか?」

「散々でした。」

「え?・・・」


その日はみんなで韓国の海鮮料理を食べに行っていました(よく行くよな^^;)


お酒が入ると感情の起伏も大きくなりますよね。
でも、語り口はいつものポーカーフェイスとゆっくり口調なのでした。
よほどへこんでいるのかな。


「論文以前の問題のようです。
文学的に言葉がダメだと言われました。

文学部の論文としての文章を成していないそうです。
きわめて質の低い論文だと、何度も言われました。」


「・・・・・」


「文学的にもっと高めなければならないと言われました。」

「そうですか・・・」

「語学力の壁という大前提が乗り越えられていない
自分自身のレベルの低さの問題なのです。」


やっぱ、よその国でドクターをとるって、
ちょっとやそっとのことじゃないことを感じました。


「教授の指摘はごく抽象的でわかりにくいから、
なにから取りかかってやり直したらいいかということ自体が
よくわからないのですが。」

淡々としてるんだけど、悶々が伝わってきます。


前話で紹介した唯一の年下メンバーが、
酔った勢いで、

「なんだその教授~~!!
そんなこと言われるならもう論文なんていいじゃないですかぁ~
もう書かなくていいんじゃない?
ほっぽらかしてしまえぇ~!」

なんて言ってるし(-_-;)


苦笑いの顔で黙ってうなづく青年でした。

 

2009年 6月

 

 ある日の授業終わり・・・


「来週、僕、行方不明になったらごめんなさい。」

「え?・・・」

「月曜日が論文の二度目の審査です。
ダメだったら家出します。
僕を探さないでください。
あはは・・・」


「あ・・・
再提出したんですか?」


「はい。」


「わかりました。
来週先生の姿が見えなかったら、
探さないで自習しておきますから。」


「はい、そうしてください。」


翌週、先生はいつものようにテーブルに着いていました。


「あの・・・どうでしたか?・・・」


その苦笑い、言わずもがなか・・・


「ボロボロでした。」(イントネーションが、サザエさんちのタラちゃん)

「あら・・・」


「4時間です。
4時間、3人の教授からたくさんの指摘を受け続けました。
最後のほう、ほんとに涙が出てきてしまいました。
もう徹底的にやられて立ち上がれません。」

「そうですか。」

「でも、今日来ました。
褒めてください。」(タラちゃんで、しかもニコリともしないで)

「あは・・・」

「4時間。
僕も教授たちもお茶も飲みませんでした。
みんな、とても集中力がありました。
みんな、トイレに行きませんでした。」


「すごい・・・」


「今度はちゃんと、何がいけないか
1ページずつ具体的に言ってもらえました。
その点が前回とは違います。

やっぱり僕の先生以外の教授は、
ちゃんと指導してくれることがわかりました。

僕が提出した冊子がボロボロになっていて、
ほとんどのページに赤い書き込みがありました。
3人の先生、みんなそうでした。

そんなふうに隅から隅まで見てくれたことに、
感銘を受けました。」


「わぁ・・・」


「がんばります。」


「そうだ。ファイトだぁ!!」

私はガッツポーズ。


「はい。」(普通に、またニコリともしないで)

 


2009年7月(2週間後)

 

授業の帰り道、5分ほど2人きりになりました。


「今日、論文、できました。」

「え?・・・あれから全部直して?」

「はい。」

「早い!」


「大学近くの印刷屋さんで印刷したら、
そこの人が、表紙はカラーのほうがいいですよと言ってくれるので、
研究室で表紙だけプリントアウトしてもらおうと思ったら、
教授にダメだと言われました。
研究室の機器は在学生のためにあるのだから、
君は在学生ではないだろうと。」


「えぇ~~!!ひどい!
そんなこと言ってぇ、在学生にだって親切じゃないくせに!」


「はい、そうです。
ひどいなと思います。
今週中に出さなくて来週出したら、
夏休み近いから審査がいつになるかなあと。」


「じゃあ、結局提出できなかったんですか?」


「はい、家まで帰ってプリントアウトしてたら、
みなさんとの授業に間に合いませんでしたから。」


「え~~~?!!
なんでぇ~~~!!
そんな大事なことがあるんだったら言ってくださいよ。
私たちはいくらでも自習して待ってるじゃないですかぁ!!」


マジで腹が立ってきました。

私たちの授業のために論文を提出しそびれて・・・
教授が夏休みに入ってしまって・・・んで、審査が遅れて・・・
秋にずれ込んで・・・


そんなの耐えられへんやんかぁ!!!


道を歩きながら、私は思わず“ひょっとこ”顔になっていた。

以前
「シータさんは、なんでそんな顔をしますか?
普通、大人の女性は、びっくりしてもそんな変な顔はしませんね。」
と言われた顔だ(-"-)

なんと言われても、
こういう事態になると、私はこういう顔になるのだ!!

文句あっか!!

たくさんの人が行き交う道の上で、
私は呆れて立ち止まりかけました。


「このバカモノ!」と言いたかったです。


そしたら・・・

「いえいえ、
今日落ち込んでいたのに、
授業をしたら楽しくて、今は幸せになりました。」(タラちゃんで)


「は?・・・」

 

私・・・道の真ん中で、

   ポッカァ~~~ン(@_@)

 

なんてヤツだ。

だから好きだよ、オマエサン。

泣けるよ、マジで・・・・

 

 

2009年7月(そのまた1週間後)


雑談の途中にいきなり


「チョー  チョヌン チョロッペッソヨ。」
[えっと  僕は   卒業しました]

またいつものように、嬉しそうでもなんでもない顔で言いました。


「チョルオプ[卒業]?・・・え?・・

パクサノンムン[博士論文]?・・・あのぉ~・・

えぇ?・・ハプギョギエヨ[合格ですか]?」


「イェー、ハプギョギエヨ。[はい、合格です。]

クウォレ チョルオプシギ イッソヨ。」
[9月に 卒業式が    あります]


な・・・なんということだ!

これを急転直下と言わずして何と言おう!!!

 

「わぉ~~!
わぉ~~!!
う・・うぉ~~~~!!」


「はい・・・」


チュカァ~ミダ~![おめでとうございます~!]


「はい。」


みんなが一斉にお祝いを言いました。


わぁわぁ騒ぐ私たちに、
また「はい。」とひとこと言って、

ホワイトボードに

졸업(卒業) 합격(合格)   ・・・・


あれ?

 

60代後半の最年長のメンバーがひとこと

「なんやいな、授業に入ったんかいな・・・
いきなりやがな。あはは。」

 


ほんとにもう・・・

そこの青年!
いつもその反応がよくわかんない。


嬉しいんだよな。なっ?!!!

嬉しいんでしょ?!! こらっ!!

 

私なんか思わずハグしたい気分なんだけど・・・

前から思ってたんだ。
そのときが来たら、とりあえず握手だなと。


なのに、なんなの?

これは・・・・

 

まあいいやいいや。

とにかく嬉しいことです。

いや、ほんとに、おねいさんは嬉しいよ(涙)

 

 

ホワイトボードに書き込む背中。

お腹のあたりをこちょこちょとくすぐって
思い切り笑わせたくてしかたなかったのでした。


「ウリャウリャ~~~このヤロ~~
ほんとは嬉しいんだろ~~
嬉しいって言え。こらぁ~~!!」


そんなシーンを妄想しました。
背中を眺めながら。

 

そしたら・・・
テレパシーのようにクルッと振り返った。

「あ・・忘れてました。
先週のパダスギ(書き取りテスト)返します。」


ワム先生、点数と名前を確認しつつ一人一人に返します。

 

私は・・・

40点?!  ヨ・・・40点! なにぃ~?!

(・・・あ、もちろん100点満点です(-"- ))

 

「シータさんは、あまりにもケアレスミスが多いですね。

最近わかってきました。

イゴン  ソンキョギエヨ。」
[これは 性格です。]

      
わかってるよ。

わかってるけどさ・・・

今言わなくていいじゃん・・・今!

 

あのさ、ほんま、空気読めよな。

私たちはさ、今あんたのことでじぃ~~んとしてる最中なわけだ。

わかる?・・・わからへんねんなぁ、これが。

 

はぁ・・・

もう・・・喜んであげへん・・・(^ーωー)ノ(^ーωー)ノ(^ーωー)ノ

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

♪ 本日の ワンポイントはんぐんまる(韓国語)♪


■これ は  性格    です
 イゴ ウン ソンギョク イエヨ 〈イゴン ソンギョギエヨ〉      
    
       ※〈 〉内は実際の発音のしかた

性格 = ソンキョグ

合格 = ハプキョグ

 ※“格”の発音“キョク”は前にくる文字によってキョクになったりギョクになったり。


私  は  卒業    しました。

 チョ ヌン チョルオプ ヘッソヨ〈チョロッペッソヨ〉

 
“チョルオプ”は“卒業”という漢字そのままのハングル読みです。
韓国語と日本語は、この漢字の意味をそのまま共有する言葉が山ほどあるので、
読みを覚えて応用すると、いっぺんに知ってる言葉が増えます。


卒 = チョル

業 = オプ


韓国語の勉強の中で、「いもづる漢字」というのを知っていますか?
結構有名かもしれないです。


「業=オプ」ですから、これにいろいろくっつけます。

作業 = チャクオプ〈チャゴプ〉

授業 = スオプ

産業 = サンオプ〈サノプ〉

残業 = チャンオプ〈チャノプ〉

営業 = ヨンオプ〈ヨンゴプ〉

 

んで、今度は頭についていたほうの、

作、授、産、残、営で思い浮かんだ漢字の単語を調べてみると
またたくさん韓国語と共通で使われているものがあるのです。

たとえば、“作”から思い浮かべて

制作 = チェチャク

作詞 = チャクサ

作戦 = チャクチョン

“作家”はチャッカで、その“家”の漢字からまた作ると

家庭 = カジョン

“家族”は、みんなよく知る“カジョク”(*^_^*)

しりとりもいいですね。
こうしてどんどん言葉が増えます。
ほんと、韓国語と日本語は元を同じにしていると感じます。

まさに“カジョク”のような言語です。

 

 

17 Comments

  1. うぉぉぉ、ワムせんせ、おめでとう!
    しーたたちが言っても、ポーカーフェイス気取ってんだから、
    他の人に言われても、「はい」だけかもな。
    これは今までの略式総集編+特別編の合体みたいだ。
    しーたちゃんのツボを刺激しまくってくれるワム先生、
    卒業ってことは、9月に帰っちゃうの?
    それとも、日本に残って、研究を続けてくれるのかな。
    アジュンマたちの授業も続けてくれるのかな。
    でも、「授業をしたら楽しくて、今は幸せになりました」
    なんか、愛の告白だねえ。
    いい奴だなあ。
    道の真ん中でハグしちゃわないでよかった!
    しかし、このワム先生の教授だけが大外れなんか?
    わけの分からないケチ精神で、表紙コピーをとらせない、
    文句はつけるけど、改善のための指摘をしない。
    怒られても、徹底的にくさされても、そこに愛があれば、
    「せんせい、ありがとうございますっ」
    と言えるものなのだ。
    3人の教授の冊子がぼろぼろで、書き込みがあって、
    4時間ぶっ続けに指摘し続けてくれて、
    これは教師としての最高の「愛」だよね。
    それをちゃんと受け止めてがんばったんだなあ。
    えらいよ。
    イゴン ソンギョギエヨ
    『これは 性格です。』
    きゃははははは・・・!
    わ〜い、言われてやんの。

  2. あんなちゃん♪
    >うぉぉぉ、ワムせんせ、おめでとう!
    青年になりかわりまして、
    ありがとうございます☆
    >しーたたちが言っても、ポーカーフェイス気取ってんだから、
    他の人に言われても、「はい」だけかもな。
    はい、きっとそうだと思うわ(-“-)
    >これは今までの略式総集編+特別編の合体みたいだ。
    なるほど、始まって2回目でもう総集編と特別編?
    なんか・・・もう終わらなきゃな雰囲気?(笑)
    >卒業ってことは、9月に帰っちゃうの?
    それとも、日本に残って、研究を続けてくれるのかな。
    アジュンマたちの授業も続けてくれるのかな。
    いや、たぶん帰らないと思う。
    恋人もいるしね。
    んで、日本で直に日本の美術に触れながら研究していきたいと言ってるから。
    でもさ、そういう気持ちとか計画とか、ころころ変わる人なんだよ。
    だから、いきなり10月に帰っちゃうかもだけどね。
    >でも、「授業をしたら楽しくて、今は幸せになりました」
    なんか、愛の告白だねえ。
    いい奴だなあ。
    たぶん、いい奴なんだと思うんだけどね(爆)
    >道の真ん中でハグしちゃわないでよかった!
    うん、その道ばたっていうのはね、
    あんなちゃんと去年ランチしたお店と大丸の間のあの道です。
    あんなちゃんと歩いたところよん♪
    >しかし、このワム先生の教授だけが大外れなんか?
    わけの分からないケチ精神で、表紙コピーをとらせない、
    文句はつけるけど、改善のための指摘をしない。
    怒られても、徹底的にくさされても、そこに愛があれば、
    「せんせい、ありがとうございますっ」
    と言えるものなのだ。
    あのさ、ちょうど次男が大学から
    「大学でのセクシャルハラスメント・アカデミックハラスメント相談窓口」
    っていう資料をもらってきたんだよ。
    ちょうどその道ばた話の日に。
    ちゃんと指導してくれないのって、
    ちゃんとアカデミックハラスメントにあたるって書いてあったよ。
    その資料を次のときに持っていったの。
    見せないかもしれないと思いつつ。
    そしたら卒業だって。使う必要もなくなりました。
    しかし、そんな先生、大学から追い出したいとは、今も思ってるよ。
    >3人の教授の冊子がぼろぼろで、書き込みがあって、
    4時間ぶっ続けに指摘し続けてくれて、
    これは教師としての最高の「愛」だよね。
    うん、すごいよね。
    面倒だろうに。
    それに・・・
    もしかしたら教授たち自身の学究心をかりたてる何かがあったのかもしれないな・・・
    >イゴン ソンギョギエヨ
    『これは 性格です。』
    きゃははははは・・・!
    わ〜い、言われてやんの。
    はい、いつもです(-“-)

  3. はじかれたままとうとう入れなかった女優さん、
    別便で感想を届けてくださってありがとうございました。
    えぇ~っと、
    そのなかで、前話の韓国語に関する質問のところについて、
    ここでお返事させてもらいます♪
    あ、せっかくなので、ほかの部分も・・・
    (ご本人の許可をもらっています)
    >「ワム先生、博士号への道」は きれいな日本語がジュニのようで 時に切なくて
    あの・・・
    ジュニを連想してしまたなら、一生会わないほうがいいと思いますです(-“-)
    >年の後に「サル(小さい・る)」をつければいい となっていましたが
    サリエヨの方が丁寧なのでしょう?
    「サル」というのは、「才」という名詞そのままです。
    韓国語は、文字と文字がつながって発音する言語です。
    なので、前の言葉の最後が子音で終わっていて、次の言葉が母音から始まると、
    それがつながって発音されるんです。
    サルは最後が「r」という子音で、
    つぎに「です」という意味の
    「イエヨ」がつくのでその「i」がくっついて
    「ri」になって「サリエヨ」となります。
    たとえば
    ・ユジンの、最後の「n」に「アー」がくっついて
    ユジナー。
    ・チュンサンの最後の子音は、実は「ng」です。だからそれに「アー」がくっついて、チュンサンガー。
    こんな説明、どんなだろ・・・
    こんなですが、質問があたら女優さんみたいに言って見てね♪
    今の私の脳の範囲でお応えいたしますです~☆

  4. ワム先生おめでとさん!
    しっかし韓国の留学生は、どんだけ勉強するんだろう?
    「きわめて質の低い論文」なんて言われたら立ち直れないよね普通!
    必死でやればピリピリするのに、ワム先生のソンギョク???
     
    私 見習いたいな!  勉強量じゃなく(-_-;)
    行方不明になるかもしれません・・と言いながら論文通ってしまえば
    あっけらかんと、授業する態度!
    気持ちや計画がコロコロかわるけど、ご本人はその時の気持ちに正直
    なだけで、周りの人があんぐり口を開けてるのが、理解できないんだよね(^O^)
    シータさん!遠慮しないで合格祝いの宴会?で思いっきりハグしてあげて\(^o^)/

  5. シータ先生、ご丁寧にありがとうございました
    そっか・・、連音ですね。覚えました
    ワム先生の孫弟子になる!少しずつ 賢くなるんだぁ~
    ウフフ、お逢いしたいですねぇ ワム先生
    遊びに行ったら 絶対に連れて来て下さいね
    今日は投稿できるかな?

  6. あ? ワム先生博士取ったの? わーおめでとうございます!
    美術史の論文を他国の言葉で書くなんて難しかっただろうなー。
    いや 大変な努力と知能だと思います。
    本当におめでとう。
    次回会ったら 博士って呼んであげなくちゃ。
    パクサっていうの? ワムパクサになるんかな。
    まあ でも彼女も出来たし 博士も取れてよかったよかった。
    ・・このコメントは行くかしら(^^;)

  7. オウルさん
    またまたコメントありがとです~!!
    すっごくへこんだと思うんですけど、
    私たちにまでベラベラしゃべるくらいだから、
    そんなふうに気持ちを出したあとはまたがんばるタイプなんだろうと思うのです。
    んで、とにかく気を遣わない人で、我が道を行ってるから大丈夫なんだろうなあ。
    不思議な人でして・・・
    私にとっては、やや異星人です(^^;)
    ハグしたいんだけど・・・
    ちょうど前から決まってた飲み会の日は、
    旅行のため欠席するんです。
    ハグは、次のおめでたいことのためにとっておきます。
    とか言って・・・
    帰国のお別れの時だったりするかもですね(/_;)

  8. 女優さん
    投稿できてよかった!!
    ようこそ、何度もチャレンジありがと~♪
    そうだ!連音だ! その言葉、忘れてました(笑)すんまそん。
    >ウフフ、お逢いしたいですねぇ ワム先生
    遊びに行ったら 絶対に連れて来て下さいね
    あの・・・くれぐれも言っておくけど、
    ジュニのことは、頭から消してね。

  9. ボニさん
    そうなの。やっととれました。
    その節は話を聞いてくれてありがとねん。
    >次回会ったら 博士って呼んであげなくちゃ。
    パクサっていうの? ワムパクサになるんかな。
    あのさ、ワムは仮名だから(笑)
    ご対面のあかつきには、本名を~~(^o^)/~

  10. ワム先生、(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)
    しかしこのワム&シータ・・・
    漫才ができそうな・・・(笑)
    ボケとツッコミ・・・
    そしてこのワム青年、シータさんのこと
    よく分かってるね・・・きゃははヾ(⌒▽⌒ )ノ彡☆
    そしてそして私はやっぱりこの青年・・・「チャ・テヒョン」
    どうしてだろう・・・「テヤン」も「ワム先生」も・・・(笑)
    ごめんね、シータさんm(_ _;)m ゴメン!!
    「いもづる漢字」
    ハイ、サイゼリアで教えてもらったあれね!
    復習しますです、はい!
    でもハングルはリエゾン(連音)が多くて聞き取りが難しいよ~
    私ね、ソンムリエヨ = 贈り物です。
    これを 贈り物 = ソンムリエ  ってず~っと思ってたの(笑)
    ソンム + イエヨ が リエゾンして ソンムリエヨ
    こんな事、最近わかったってことがショックでした(笑)
        
    このシータ先生の講座でしっかりお勉強しなくっちゃ・・・
    よろしくね~!

  11. utaさん
    どもども~!
    本人になりかわりまして、
    ありがとうございます(^o^)
    ワム&シータか・・・
    なんか、いいな(笑)
    でも・・・
    ワムは仮名だ(爆)
    こんど会った時、「ワム先生」って言ってしまいそうだわ。
    うん、わては見透かされてるだす(-“-)
    あんな「空気読めない」青年に(-“-) (-“-)
    ちょっと悔しかったりするだす。
    いもづる漢字、復習? 偉い!!
    んでもって、贈り物、発音をきくとほんとに「ソンム」なんだけど、
    性格には「ソンムル」なんだよ。
    最後に「r」の発音があるから、
    「何才」っていうときの「○○サル」の、最後に発音する「r」といっしょ。
    こういうところ、英語みたいに巻き舌するのよね。
    ほんとに実際に聞いたら聞こえないのよね「r」は。
    日本人はなかなかできないな。

  12. しーたさん、こんにちは。
    ワム先生博士号取られたんですね。
    おめでとうございます。
    他所の国で外国の言葉で論文を書くってすごいですよね。
    でも、彼の凹んでる様子がしーたさんにかかるとすごくコケティッシュにみえて(ゴメン)
    この両極端なワム先生にお愛してみたいです。
    ↑のutaさんのボケ&突っ込み。
    なるほど、そのとおりだ
    韓国語講座
    今までテキストさえ買ってなかった私。(あのテキスト見ただけでしり込みしちゃう)
    ここでちまちまお勉強させていただきます。

  13. tyatyaさん
    どもどもありがとう♪
    >他所の国で外国の言葉で論文を書くってすごいですよね。
    一番の大変さはなんといってもそれですよね。
    >でも、彼の凹んでる様子がしーたさんにかかるとすごくコケティッシュにみえて(ゴメン)
    この両極端なワム先生にお愛してみたいです。
    ほんとにねえ~
    この人はよくわかんないですわ。
    時々異星人のような気がするのよね。
    >↑のutaさんのボケ&突っ込み。
    なるほど、そのとおりだ
    あは・・・
    わては懲りずに突っ込みつづけるぞ!と、
    utaさんのレスもらって決意した次第です(笑)
    >韓国語講座
    今までテキストさえ買ってなかった私。(あのテキスト見ただけでしり込みしちゃう)
    ここでちまちまお勉強させていただきます
    いや・・・
    使ったのではありません。
    あくまで「買った」んでしす(-“-)
    はい、ここで韓国語に親しんでもらえたら、わてもしあわせ♪

  14. 先生方方、ありがとうございます。
    ふざけた母は、なんてことない横着しようと
    小僧に第2外国語選択!ハイ【ハングル】とらせました。
    教科書借りて、私も勉強できるって思ったんだけど・・・
    さすが、教科書。
    ルビがないんだわ^^
    小僧は、だんだん疲れてきてたようだけどね
    『あれだけ、ヨン様~~!』って言ってるのに、『勉強しろ~』
    って怒られ、凹んでたよ。
    ワム先生と、シータ先生のハングルがんばりますね。
    ちなみに、母が自慢できるハングルは、「ハルモニってな~んだ!」だよ。

  15. シャンプーちゃん
    来てくれて、コメントくれてありがと~~!
    >小僧に第2外国語選択!ハイ【ハングル】とらせました。
    おう、そりゃいい息子だなぁ~~。
    >教科書借りて、私も勉強できるって思ったんだけど・・・
    うん。
    >さすが、教科書。
    ルビがないんだわ^^
    ありゃ・・・
    そうなのか・・・
    >小僧は、だんだん疲れてきてたようだけどね
    『あれだけ、ヨン様~~!』って言ってるのに、『勉強しろ~』
    って怒られ、凹んでたよ。
    あは・・・息子くんの気持ちもわかる気がするよね。
    でも、そこで奮起してかあちゃんががんばったりしたら
    ほんとに2人で勉強できるね。
    >ワム先生と、シータ先生のハングルがんばりますね。
    いやぁ、正直あんまり役にはたたないかもだけど、
    親しみを感じてもらえたら嬉しいなあ。
    >ちなみに、母が自慢できるハングルは、「ハルモニってな~んだ!」だよ。
    あはん♪
    これを息子くんに答えさせるの?
    一発で「正解」したら、ちょっと複雑な気持ちになりそう(笑)

  16. ワム先生~博士論文合格ばんざ~~い。
    シータちゃん、読んでいて涙が出てきましたょ
    ワム先生の努力と心が伝わって来て
    ジ~ンと成っちゃいました。
    何かワム先生が大好きな彼とダブっちゃいます^^

  17. ミフさん
    >ワム先生~博士論文合格ばんざ~~い。
    彼になりかわりまして・・・
    ありがとう~~~!
    >シータちゃん、読んでいて涙が出てきましたょ
    ワム先生の努力と心が伝わって来て
    ジ~ンと成っちゃいました。
    はい、ほんとに努力でがんばったようでして。
    よかったです(涙)
    >何かワム先生が大好きな彼とダブっちゃいます^^
    あの・・・えっとぉ~~
    見た目が・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*