『そや☆コリ』38 僕、今日まで支えてもらいました

annyonnyon2428.jpg   
   
      ~「旅の指さし会話帳」より~  初期のころに授業でテキストとして使いました。

前回書きましたが、
青年は講師としてすでに2つの大学で講義をしていましたが、
4月からさらにもうひとつの大学に行くことになり、
私達の授業に来ることができなくなりました。

そして青年は、4月からの先生に韓国人の専業主婦の人を紹介しようと思っていたのですが、
授業のメンバーのC子さんが以前出会った”ステキな女性の先生”を推薦したいと言いました。

そしてある日私がいつものように遅れていくと、その先生が来ておられました。
C子さんの打診を受けて、授業を見がてら顔を出してくださったのでした。


彼女は、私より10才ほど年上の感じです。
背筋がしゃんとしていて、足を組んで椅子に座る姿もかっこよく、
服装もオシャレで、言葉もてきぱきとしている方でした。


いろいろお話を聞いていると、韓国から京都に来る俳優さんたちの通訳もしておられ、
私たちがチケットを買って見に行ったコリアンシネマフェスの際に
スタッフとして参加しておられたようでした。

次々に有名な俳優さんの名前を挙げて
「○○さんは、私のことをヌナと呼びますよ。
○○さんは、シンポジウムのあとのパーティーで通訳させてもらいました。
とってもきれいな人ですよ。」
など、第一線で活躍しておられることが伺えました。


そして、ワム青年がこちらの条件を言うと、
「わあ、先生はとても安くで授業をしておられるんですね。
ちょっとびっくりです。
私はもっと高くもらっているんですよ。それではちょっと無理ですね」
と、率直におっしゃいました。

はっきりとして、むしろ清々しい気持ちがしました。
そしてあらためて、今日まで青年が破格の安さで、
こんなに濃い内容の授業をしてくれていたのだなと思ったのでした。
申し訳ない気持ちで、ちょっとシュンとなりました。


そのかっこいい女性の先生は、私たちが授業しているのと同じ公共施設で週1回、
そして別な会場で週に1回授業を開いていて、チケット制になっているそうです。

チケット制なので、どちらに何回行ってもよくて、
内容はそれぞれに「会話重視」と「読み書き重視で検定にも対応」
という特徴があるそうです。

できれば講師として新たにここに来るのではなく、
もともとあるその2つの授業に編入してほしいという希望のようです。

当然ですよね。


青年が、
「今日はわざわざ大切な時間を割いてここに来てくださってありがとうございました。」
と、ていねいに日本語で言って、
みんなもめいめいに御礼を言いながら、
韓国語でさよならの挨拶をして見送りました。



先生を見送ってから、さてどうしようかという話になりました。
でも、なんとなくみんな、すでに共有している思いがあるという雰囲気でした。

でも、みんな黙ってしまうのは、
さきほどのかっこいい女性の先生に勇気を出してアタックし、
テンション高く連れてきたC子さんを気遣っているからでした。


シータ
「私たちがこれからどんなふうな学び方をしていきたいかですよね。
ちょっとレベルの高いところに飛び込んで、スキルアップしていくことを目指すのか、
この場所に別の新しい先生に来てもらって、
今までどおりにこのメンバーでのんびりペースでやっていくか、
どちらかっていうことですよね。
でも・・・なんか、これで自分がどうしたいのかがわかったような感じです。」


青年
「そうですよね。」


ここで青年が話し出しました。

「僕は、やはりこのメンバーで、新しい先生に来てもらうのがいいと思います。
プロではない人がいいと思うんです。
できれば、日本に来て、まだ慣れていなくて、少し寂しいと思っている人がいいです。」

少し寂しい人?


「もらうお金が少なくてもいいのです。
先生の役割をする人のほうも、自分が教えるだけではありません。
みなさんからたくさん日本のことを教えてもらえるし、
みなさんがいい人たちなので、
ここに来ると楽しくて、元気になるからです。
僕も、今日までとても支えてもらいました。」



「・・・・」


青年の思いがけない言葉に、わてはウルッとなりました。
そんなこと、7年たって言ってくれるんだね、君ってば(T_T)
あの時、青年も少し寂しくて、元気がなかった?
うんうん、そうだったよねぇ~~~~~!!

あぁ・・・いろいろな思い出が走馬燈のようにぃ~~、
駆けめぐってるヒマはなかったですが・・・


「こないだ僕が言っていた韓国人の専業主婦の人は、牧師さんの奥さんです。
女性同士なので、僕が支えてもらったのと違うかたちで力になってもらえそうです。
お互いにとっていいことを、与え合うことができるはずです。
支えてもらえて、友達になったもらえて、そしてお金ももらえるのですから、
たくさん額は必要はありません。充分嬉しいはずです。」


青年の嬉しい言葉に、感激屋さんのC子さんの顔にキラキラが戻ってきました。
よかった。


なんだかみんな元気になって、
新しい先生と出会うのも楽しみになってきて、
そのあとはいつものように楽しく授業をしたのでした。



そして最終日・・・・


いつもより1時間授業を早く切り上げて、
みんなでいつものビアレストランに繰り出しました。
送別会です!


実は、その前にみんなで相談して青年にプレゼントを準備していました。
分厚い図録なんかも入れられる、しっかりした大きなバッグです。
講義に行くときはもちろん、短い出張にも持っていけそうな感じです。

「ジャジャァ~~~ン!プレゼントです!
先生、これにいっぱい書類入れて、頑張って働いてください~」


「わぁ~~、すごいですね・・・
ありがとうございます。
わぁ・・・」


しばし眺めて、中にある紙の詰め物をポイポイ出すので、
それを受け取る私。

青年は、この日持ってきていた布製の肩掛けの袋から、
中身の財布やら本やら書類やらを出して、もらったばかりのバッグに移しました。

「あぁ、僕はいつも誰かがカバンをくれるので、
この何年もカバンを買ったことがありません。
今日からこれを持ちますので、
このカバン(布のずた袋的なやつ)を欲しい人にあげます。」


あは・・・


なんか、ハングルが書いてあるおもしろいカバン。
っていうか、袋。

もらっちゃおう!と思った瞬間、Y子さんが
「じゃあ私が・・・」



一次会は私たちのおごり。
二次会のコーヒーショップは「ここは絶対僕が出しますから!」と、
みんなの注文を聞いて列に並び、コーヒー運んで来てくれた青年。

前日に家に来たのだというペットのヤギ”ゆきちゃん”の話で盛り上がって、
最後の夜が過ぎていきました。

大きなバッグをさげて、
「ではまたすぐ会えますね、飲み会で。7月かな?
次はまた韓国料理にしましょう。」
など淡々と言う青年に、いつも通り手を振って別れました。



元気でなぁ~~~青年!

初めての女子大、頑張れよぉ~~~(^O^)



そしてそして、

今日まで、ほんとにほんとに、ありがとぉ~~~~~!!


青年は、いつものようにあっさり背を向けて、
四条河原町の雑踏に消えていきました。




 ~~ ♪♪ 本日のワンポイントはんぐんまる ♪♪ ~~



■ お世話になって ありがとうございました

  シンセマニジュオソソ カムサハムニダ


■ すぐまた会えますね

  クンバン ト マンナルスイッケンネヨ


■ お元気で

  チャルチネセヨ


■ 頑張ってください

  ヒムネセヨ


■ 今日まで ほんとにほんとに ありがと~~~~~!!

  オヌルカジ チョンマルチョンマル コマウォ~~~!!



14 Comments

  1. ああ、とってもいい話です。
    青年にとってもシータさんにとっても
    いい出会いであり、いい時間を共有できたのですね。
    他国人にとって最初に会った人の出会いで
    その国の印象が決まります。
    青年にとってきっと日本はいい国だとインプットされたのだろうな。
    シータさんのおかげで
    生の韓国に接することができて
    私もハッピーでした。
    それもこれも青年のおかげ。
    オヌルカジ チョンマルチョンマル コマウォ~~~!!

  2. わぁ、ママさん
    読んでくださってありがとう!
    そんなふうに言ってもらえると嬉しいです(^O^)
    ママさんには、いつもおもしろがって読んでもらえてうれしかったです。
    感想をいつも寄せてくださってありがとうございました!!
    いよいよ「そや☆コリ」も終わりにするかと思ったら・・・
    4月からの先生がまたおもしろい(*^m^*)
    また聞いてやってください!!

  3. あぁぁぁぁ・・ ほんと いいですね。
    ちょびっと泣けちゃいました。
    毎回、お!『そりゃ☆コリャ』があがってる^^って、扉を開けて
    おっとっと『そや☆コリ』だった(^^ゞと一人ツッコミしながら読ませていただいてました。
    ほんわか温かいシータ時間を共有させてもらって、ありがとう。
    続き、楽しみにしています。
    「青年、チャルチネセヨ~~~~^^」

  4. なんか寂しいぃぃぃ・・・
    シータさんの先生なのに 青年の天然ボケ? 
    に毎回大笑いで、一緒に授業を受けているようで
    楽しみにしていました。
    青年の日本での活躍を 心から応援しています。
    シータさんを通して、こんなおばさん達が密かに祈ってるから
    大丈夫だよね!!
    新しい先生のお話も期待してま~す。

  5. 漣さん
    読んでくださってありがとうございます!
    >ちょびっと泣けちゃいました。
    私といっしょにウルッときてくださったのですか?
    ありがとうございます(T_T)
    >毎回、お!『そりゃ☆コリャ』があがってる^^って、扉を開けて
    おっとっと『そや☆コリ』だった(^^ゞと一人ツッコミしながら読ませていただいてました。
    たまにいただくんです。
    「『そりゃコリャ』読んでますよ!」って(*^m^*)
    うふふ、どんなふうに覚えててくださってもいいような気がします♪
    >ほんわか温かいシータ時間を共有させてもらって、ありがとう。
    続き、楽しみにしています。
    わぁ~~、ありがとうございます!
    ほんとにこんな不定期な話を、そんなふうに言ってもらえて嬉しいです。
    また近況をお知らせしますね。
    その時はよりしくお願いします!

  6. オウルさん
    読んでくださってありがとうございます!
    >なんか寂しいぃぃぃ・・・
    シータさんの先生なのに 青年の天然ボケ? 
    に毎回大笑いで、一緒に授業を受けているようで
    楽しみにしていました。
    寂しがってる人がいるってこと、
    青年に教えてあげたい!!!!!!!
    いえ、一生内緒ですが(-_-;)
    >青年の日本での活躍を 心から応援しています。
    シータさんを通して、こんなおばさん達が密かに祈ってるから
    大丈夫だよね!!
    ほんとですよね。
    きっと、こんなふうに密かに祈ってくれる人の思いがちゃんと届いて、
    今年はいいことあるかもしれないぞ~~(^O^)
    >新しい先生のお話も期待してま~す。
    そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!
    がんばります♪
    その時はよろしく!

  7. 一度も会ったことがなくて、
    でも、「そや☆コリ」を通して
    とってもとってもいっぱい、その人となりを知っている青年。
    >できれば、日本に来て、まだ慣れていなくて、少し寂しいと思っている人がいいです。
    こんなこと言われたら、もう、「青年の選んだ方がいいです!」と言ってしまいますよね!
    ああ、青年は、少し寂しかったんだ(TT)
    >先生の役割をする人のほうも、自分が教えるだけではありません。
    >みなさんからたくさん日本のことを教えてもらえるし、
    >みなさんがいい人たちなので、
    >ここに来ると楽しくて、元気になるからです。
    >僕も、今日までとても支えてもらいました。
    青年との教室は、何年になったのかな。
    良い時間でしたね どちらにとっても。
    しかし・・・、
    素気ないほどさっぱりしてるかと思えば、この期に及んでコレを言うか。おばちゃん泣いちゃうよ。
    青年! 頑張れ~!
    シータのおかげで、君には自覚してない応援団が一個隊ついているのだから。 だから 頑張れ~!

  8. ボニさん
    読んでくれてありがとう(^O^)
    >こんなこと言われたら、もう、「青年の選んだ方がいいです!」と言ってしまいますよね!
    ああ、青年は、少し寂しかったんだ(TT)
    そうなんだよ~
    「うんうん、そうしよう、そうしよう」って言っちゃう。
    青年は、寂しかったっていうか、
    ちょうど私たちが出会ったころ、
    青年は人生のどん底的な悩みの真っ最中で、
    赤裸々に語りまくり、愚痴りまくりだったのですね。
    今となっては懐かしいです。
    >青年との教室は、何年になったのかな。
    良い時間でしたね どちらにとっても。
    ちょうど7年です。
    私が初めて韓国に行った直後に出会ったのでした。
    はい、いい時間でした。しみじみ・・・
    >しかし・・・、
    素気ないほどさっぱりしてるかと思えば、この期に及んでコレを言うか。おばちゃん泣いちゃうよ。
    だろ(T_T)
    >シータのおかげで、君には自覚してない応援団が一個隊ついているのだから。 
    だよね。
    全然本人知らないってのが、なんかすごい(^_^;)
    はい、これからも応援してやってくらさい♪

  9. 何度か HOMEを通過してるのに、ぜんぜん気づかなかった。
    ついに青年は教室を卒業しちゃうんだ。
    これから本格的に教壇に立つ人になるんだわ。
    >ここに来ると楽しくて、元気になるからです。
    >僕も、今日までとても支えてもらいました。
    7年経っての「告白」
    しかもお別れ前に・・・泣けちゃうよなあ。
    >青年は、いつものようにあっさり背を向けて、
    四条河原町の雑踏に消えていきました。
    うんうん、涙を流しながら別れを惜しむってより
    青年らしいエンディングだわ。
    しーたを通してしか知らない青年なのに、
    なんだかとっても近しく感じちゃってたから、やっぱり寂しいけど、
    がんばれ〜〜って言いたい。
    お仲間はバラバラにならずにまた新しい出会いを持てるんだね。
    そっちのお別れにはならなくてやっぱり良かったよ。
    その思い、青年も共有してくれたんだな。
    しかも・・・
    >いよいよ「そや☆コリ」も終わりにするかと思ったら・・・
    4月からの先生がまたおもしろい(*^m^*)
    うんうん。
    これでこっちも終わりにならなくて、とっても嬉しいぞ。
    新しい先生のお話も楽しみにしてますです。
    それにしても
    >前日に家に来たのだというペットのヤギ”ゆきちゃん”の話
    ヤギがペット?”ゆきちゃん?”
    やっぱ、オモシロイ奴だわ。

  10. シータさん、青年 教室を卒業しちゃうんですね。
    これまで数々の逸話をのこして、たっくさんのファンを獲得した彼が
    もう次回は出演されないのはとっても寂しいです^^;
    (ご本人は全くご存知ないってのがまた楽しい^^)
    彼の最後の言葉、とってもいいですね。
    他国に来て苦労しながら勉強をしていて、
    尚且つ自国のことをを教える立場にもいる・・・
    いっぱい寂しい時間があったでしょうにシータさん達のお仲間に
    知らず知らずに支えてもらっていた。
    それをちゃんと分かっている彼は、本当に人間として素敵ですね。
    人はこうやって国の違いを超えて理解しつながっていくのだよ~と
    私たちも教えていただきました^^
    彼が卒業しても応援団はいっぱいいますから、
    もしその後の様子がわかったら教えてくださいね。
    新しい先生とも是非ぜひ楽しいお教室談義をお待ちしておりまーす。

  11. あんなちゃん
    読んでくれてありがとです!
    >7年経っての「告白」
    しかもお別れ前に・・・泣けちゃうよなあ。
    はい、けっこうマジで泣ける言葉でした。
    でも・・・本人は意識しないでケロッと言ってる感じだったのよ。
    不思議な人です、ほんんと。
    >うんうん、涙を流しながら別れを惜しむってより
    青年らしいエンディングだわ。
    っていうか、またすぐ会うから~~っていうノリのようでした(^_^;)
    >しーたを通してしか知らない青年なのに、
    なんだかとっても近しく感じちゃってたから、やっぱり寂しいけど、
    がんばれ〜〜って言いたい。
    うんうん、応援してやってちょうだい!!
    きっと青年の人生これからもいっぱいドラマが待っていそうなので。
    >これでこっちも終わりにならなくて、とっても嬉しいぞ。
    新しい先生のお話も楽しみにしてますです。
    ありがとう!そう言ってもらえるとまた頑張れる!
    今度の先生は・・・
    うふふ、早めに紹介できればと思っております。
    でも、青年ほどつきぬけたネタがいっぱい出そうなわけではないですが。
    やっぱ青年は特別な存在だと、あらためて実感しておりますが(*^m^*)
    >それにしても
    >前日に家に来たのだというペットのヤギ”ゆきちゃん”の話
    >ヤギがペット?”ゆきちゃん?”
    >やっぱ、オモシロイ奴だわ。
    はい、ゆきちゃんという名前は「アルプスの少女ハイジ」のゆきちゃんから来ています。
    もうほんと。。。。
    これでまたひとつ書けそうなネタです(笑)

  12. シータさん、青年 教室を卒業しちゃうんですね。
    hiroさん
    読んでくださってありがとうございます!
    遅くなってすみません。
    >これまで数々の逸話をのこして、たっくさんのファンを獲得した彼が
    もう次回は出演されないのはとっても寂しいです^^;
    (ご本人は全くご存知ないってのがまた楽しい^^)
    ほんとにねぇ。
    本人のいないところで、こんなふうに応援してもらっているなんて、
    夢にも思っていない青年です(*^m^*)
    >それをちゃんと分かっている彼は、本当に人間として素敵ですね。
    人はこうやって国の違いを超えて理解しつながっていくのだよ~と
    私たちも教えていただきました^^
    そんなふうに言ってもらえると、私も嬉しいです♪
    あぁ~~、本人に教えたいなあ。こんなこと言ってもらえてるよって。
    >彼が卒業しても応援団はいっぱいいますから、
    もしその後の様子がわかったら教えてくださいね。
    新しい先生とも是非ぜひ楽しいお教室談義をお待ちしておりまーす。
    hiroさん、ほんとに今日まで読んでくださって、
    いつも温かくて楽しいコメントくださってありがとうございました!
    青年の近況を、折に触れてお伝えできるくらいには出会っていっしょに飲み食いしたいと思っております(^O^)
    その時はまた読んでくださいね。よろしくお願いします♪

  13. オレガンマニエヨ^^
     毎回、そや☆コリを読んでてええ先生やなぁ~と思ってましたよ。
    良い先生に出逢えてよかったですね。きっと先生もシータさん達との出会いは大切だったでしょうね。
     どんな勉強も本人のモチベーションよりも人が大事だと私は思うんです。
     だって、どんなに頑張ろうと思っても、楽しくなけりゃつまんないじゃない!
     教室のメンバーも当然先生も気が合う人が集まれば当然楽しいし勉強もはかどるもんね。
     メンバーはまだしも、そんな先生に出逢えることってあんまり無いかも・・・・
     次の先生もよい先生に出逢えるといいですよね。
     次回の飲み会、きっと青年の女子大での奮闘記でお花が満開!
     あ~、私も韓国語頑張らねば!
     

  14. BABARさん
    読んでくださってありがとうございます!
    >オレガンマニエヨ^^
    イエ~オレガンマニエヨ~\(^O^)/
    >毎回、そや☆コリを読んでてええ先生やなぁ~と思ってましたよ。
    はい、今つくづく思っておりますです!はい(^O^)
    >だって、どんなに頑張ろうと思っても、楽しくなけりゃつまんないじゃない!
     教室のメンバーも当然先生も気が合う人が集まれば当然楽しいし勉強もはかどるもんね。
    ほんとにそうですよね!
    その時間が楽しいからこそ続けられるんだと思います。
    だから上達するだけが目的じゃないって、はっきり自覚できてよかったなあと思います。
    >次の先生もよい先生に出逢えるといいですよね。
    実はもう始まっているのですが、
    これはまた今度ゆっくり報告させていただきますね!!
    >あ~、私も韓国語頑張らねば!
    おう!BABARさんも頑張ってくださいね!
    私もぼちぼちゆっくり頑張ります♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*