『そや☆コリ』35 ありえないモノ、ぼたもち、すき焼き、そして・・・

 

botamoti.jpg

青年「いったいぜんたいこれは何なのぉ~~?!と思いました。」 

 

 

先月のお彼岸の頃、Y子さんがぼたもちを作って来てくれました。

休憩時間にみんなでいただきました。

「おいしぃ~」と言いながらわいわい食べていると、
青年が言いました。


「最初にこれを見たとき、何だこれは!と思いました。
警戒しました。」


一同「え?警戒って・・・なんで?」


青年「あまりにも、変なものでしょ。
得体の知れない姿だからです。」


変なもの?得たいの知れない・・・
そんなこと、考えたこともなかった。


「いったいぜんたいこれは何なのぉ~~?!と思いました。」


一同「あは・・・」


「そしていよいよ食べてみると、なぜ甘いアズキの中にごはんが入っているのですか?
甘いお菓子の中にごはんですよ!!
これを初めて見たら、とても食べる気持ちになれません。」


でも、今食べたよね(@_@)


「そして、今では慣れました。」

 

今ペロリと食べておきながら「とても食べる気持ちになれない」と平気で言う青年(-_-;)
Y子さん、苦笑い。

慣れたっていうのは、“おいしいなと思うようになった”のか、
“とりあえず食べられるようになった”のか、
どっちかなと思ったけど、ちょっとこの場では訊けません。

 

「でも、今でも慣れていなくて、あまり食べたくないものはすき焼きです。」


シータ「あぁ、生玉子ですか?」


「それもあります。でも、最初の出会いの時『ダメ!』と思いました。」


シータ「何が?」


「肉を鍋に入れたあと、その上にとてもたくさんの砂糖をふりかけます。
いえ、ふりかけるのではなくて、置きますね。
肉をお菓子みたいにするのかと、ほんとにびっくりしました。
うわぁ~~こんなの食べられない~~と思ってたら、
最後に生玉子につけなくてはならないです。これはさらに信じられないです。
あぁ。今でも慣れませんね。」


一同「なるほどなぁ~~~。」


砂糖も生玉子も、外国から来た人に受け入れがたいことだというのは、
納得できる気がします。


でも、こんなふうな“食べ物のびっくり”は、
日本の国内だって地方によってゴロゴロ存在するのだと、
私は最近『ケン○ンショー』というテレビ番組で教わりました。

毎回びっくりしています。
外国から来た人はなおさらでしょうね。


シータ「先生、食べ物以外で“ありえない”って思ったもの、ありますか?」


「うぅ~~ん・・・、ありました!」

 

一同興味津々。

 

「○○○○です。」

    (生々しくてとても言えません。
     テレビによく出る人気グループとしか(-_-;))


「この人たちの歌と踊りに、ほんとにびっくりしました。」


一同「なんで?」

    (と尋ねながら、だいたい予想はできました)


「あまりにもヘタだからです。」


一同「・・・・」
    (予想どおりでした)

 

「初めて見た時、俳優たちが余興でちょっとやってみたのだと思いました。」


一同「うぅ~~ん・・・」


「でも、あとでわかったのです。
ほんとにそれがメインの仕事で、しかも日本で一番人気があるスターなのだと。」


一同「(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)」


「ほんとにびっくりして・・・
日本では、そのあとどんどんデビューするグループたちも全部そのくらいのレベルでしょ。
韓国では、全然テレビに出してはもらえないレベルです。
それから、ポティエイ(二桁の数字の韓国的発音です(*_*)大人数ガールズグループです。)
あれも驚きました。
練習してませんね。」


シータ「いや・・練習は・・・してるでしょ。
韓国とはちょっとその、練習のしかたと量が違うんでしょうけど(-_-;)」

 

青年「そうですか?そうは思えませんが・・・・」


いや、してるって・・・


シータ「前に読んだことがあるんですが、
韓国ではもともと人口が少なくて国内市場が大きくないから、
マーケットとして国外への進出を前提にしてるんですよね。
それで世界的に通用するレベルまでクオリティーを高めようとするからだって書いてありました。
日本は最初から目指してないからぁ・・・しょうがないとも言えるよなぁって・・・」


うぅ~~ん、私ってば庇ってる、言い訳してる・・・

はい。なんだか擁護したくなりまして(-_-;)


日本と韓国では視野に入れるマーケットが違うから、
当然戦略も違うだろうし。

んでもって、もしかして日本人はエンタテイメントにおいては、
そういう素人っぽさを容認する国民なのかもしれません。

一方韓国のエンタテイメントに慣れている青年の、その口ぶりは、
ぼたもちよりもすき焼きよりも、
「日本で一番ありえないのはそれ!!」と言いたい感じが伝わって・・・

あぁ・・・それも納得できる気がする私。

いったいどっちの味方なの?!

いや、どっちも好きなんだよぉ~。

歌やダンスで韓国のステージに出てくる若者たちのパフォーマンスは、
驚くほど完成度が高くて、その素晴らしさに胸打たれるほどです。
私自身も「ライブに行きたいな」と思う歌手がいたりします。

一方で私は、日本の〇〇〇〇もポティエイ(^^;)も、
歌やダンスを含めたいろいろな要素ぜんぶでもって人に愛されていて、
そういう愛され方はありだよなと思っています。

だから、結成20年を経ても5人でハモることができないそのグループも、
私はやっぱり好きでして(^_^;)
しつこいですが、歌やダンスだけじゃない全部でもって・・・好きなのです。
昨年末には、その中の一人が主演する日韓の関係をテーマにしたお芝居を観てきました。
超感動でした(ToT)


うぅ~ん。
そういうことを話し始めると、両者譲らず熱いバトルになるのかなぁ。
一度青年とじっくり焼酎飲みながら話してみたい話題ではあります。
ちょっと怖いけど。


ちなみに青年は・・・
少○時代が好きです(*^m^*)


「少○時代は素晴らしいと思いますね。
他のガールズグループとは全然レベルが違いますね。
プロです。世界に通用します。」

だそうです。おほほ。


 

20100826135157_0.jpg

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


【報告事項♪】

前回の№34「子グマじゃなくて黒ヤギですから」の、
“黒ヤギまるごとエキス”を飲んだその後について、
約束通りご報告をと思いまして(^-^)

現在のところ表面化していることは・・・


■飲もうとすると、とにかくくさい。ケモノ臭がすごくて毎回つらい。
 水で薄めたりして必死で飲む。(K美さん)

■なんといっても便秘解消!(K美さん)

■めまいがなくなった。(K美さん)

■4キロ太った(青年の奥さん)


以上です。


青年の奥さんは元々痩せている方だそうで、
青年の口ぶりだと、健康になられたってことのようです。

K美さんが一番強調していることは「ケモノ臭い」です(*^m^*)

しかし、便秘解消の効果についてもかなり熱く語っていたK美さん。
青年に何度も言うのです。
「でも先生、やっぱりすごいのは“お通じ”ですよね。」
「先生も“お通じ”がよくなりませんでしたか?」
「いや、一番は“お通じ”でした。先生はどうですか?」

10才年下の大人の男性つかまえて、
「あんたの“お通じ”の具合はどうだい?」って、
ふつう何度も聞きませんよね(-_-;)

おそるべし、K美さん・・・

一方、青年が事前に一番力説していたのは
『女性の機能高まります』でした。
女性2人ともこの点についてはまだ変化がないようでした。
あるとしたらどんな変化なのか、実は興味津々です(@_@)

 

 

 

   ♪♪♪ 本日のワンポイント はんぐんまる ♪♪♪

 

 

□ 初めて見たとき   とても 驚きました

  チョウムバッスルテ ノム  ノルラッソヨ

 

□ 今は   慣れました

  チグムン イクスケジョッソヨ

 

□ ありえません

  イッスルスガオプソヨ

 

□ それも  いいじゃないですか

  クゴット チョッチャナヨ

 

□ くさい においが します

  クリン ネムセガ ナヨ

 

□ 4キロ   太りました

  サーキロ サリチョッソヨ

  

 


 

16 Comments

  1. シータさん、こんにちは^^
    青年、おはぎもすき焼きもダメと~~??
    うーーん、日本の昔は甘いものがご馳走だったから、
    このどちらもが、季節の特別なお祝い物だったり
    お客様がいらした時や、家族の嬉しい時のご馳走なんだけどね~~!
    お国柄の違いなんですね~~^^;
    おはぎはクリアしたけれど、生卵をつけるすき焼きはまだダメ??
    うちの地方は割り下を使うので、お肉にお砂糖は降りかけないけどね^^
    黒ヤギのエキスより絶対おいしいから、郷に従ってくださいませー!!
    でも青年のいうTVに出るグループの歌踊りに関しては、
    同調しちゃいます~~!
    韓国のグループって本当にレベルが高い!
    でもうちのダー様にそう言ったら、「そんな事はない!!!!!!」と
    ものすご~~く反論されました^^;
    うちのダー様、国粋主義者ではないんだけれど、
    生涯日本の大地から出ない!(要は海外旅行をしないだけ^^;)と
    豪語しているもんですから、日本のものの方が何でも良いと思っています。
    そのクセ、ワインはどこ産でも飲むくせに・・・・
    あれこれ矛盾している夫をつつくのも、結構面白い^^
     (まぁ、ケンカにならない程度にですが・・・)

  2. hiroさん、
    読んでくれてありがとです!
    そですね、ぼたもちもすき焼きも『ハレの日』のごちそうなんだけどね(^_^;)
    もしかしたらどこの国でもそういうものほど外国の人にびっくりされるのかもしれませんね。
    たとえば韓国のお祝いのときの豚の顔とかみたいに・・・
    いや・・・ちょっと違うか?
    >うちの地方は割り下を使うので、お肉にお砂糖は降りかけないけどね^^
    そうなんですね。
    関西は最初に肉だけを焼きながら砂糖と醤油を入れるんです。
    うちもそうでした。
    私は割り下というものの存在を結婚してから知りました。
    青年は初めて出会ったすき焼きが割り下のものだったらまだよかったかもしれないですね。
    >黒ヤギのエキスより絶対おいしいから、郷に従ってくださいませー!!
    あは、それはそうですよね(^_^;)
    >同調しちゃいます~~!
    韓国のグループって本当にレベルが高い!
    やっぱりhiroさんもそう思われますか?
    あぁ、今となったらたくさんの人が韓国のあのクオリティーを見てしまって、
    彼らはちょっと気の毒な気がするなあ。
    歌はしょうがないけど、踊りもって言われるとね(*^m^*)
    >豪語しているもんですから、日本のものの方が何でも良いと思っています。
    そのクセ、ワインはどこ産でも飲むくせに・・・・
    そういう方がいてくれると彼らも救いがあるなあ~(笑)
    それにしてもhiroさん、ご主人がそういう方だと自分だけ海外旅行は行きにくいのか、それとも心広く送り出してくださるのか、
    どっちなのか、そこが気になったりします(^o^)
    「僕といっしょに日本を回っていればいいじゃないか」とか言っっちゃったりされないですか?

  3. シータさん、こんばんは^^
    『そや☆コリ』いつもとっても楽しみにしてます(^◇^)
    青年は、ほんとにいつも“驚き”をくれますね。
    ぼたもちとすき焼きがダメだなんて・・・
    よく、海外の人が“すき焼きおいし~~!”って言いますよねぇ・・・。
    “甘じょっぱい”ってのがダメなのかなあ・・?
    でも、トッポキだって甘辛いよね・・・。ちょっと違う?(トッポキはおやつか・・・)
    生玉子もダメ?なんで? 気色悪いかな。飲むわけじゃないのに・・・。玉子掛けご飯美味しいのにね^^
    じゃあ、とろとろ温泉玉子はどうかなぁ。青年、温泉玉子食べたことあるだろうか・・・。
    ウソかほんとか知らないけど、日本の玉子はなかなか鮮度が良いので生食出来るけど
    海外では日本ほど新鮮じゃないので 基本、生食しないんだって以前聞いたことがあるような・・・。
    日本と韓国の歌手の人たちのお話・・・。
    確かに、デビューしたてならいざ知らず 何年経ってもちっとも上手にならない人は、正直“それでいいのか?”と言いたくはなりますです、ハイ・・・(-_-;)
    私も〇〇〇〇は好きですよ。それぞれ個性を生かして頑張ってますもんね。
    きっと、彼らは“歌手”ではなく“〇〇〇〇”なのです(*^^)v
    日本は歌の上手い歌手もいれば、歌のあまり上手くない歌手もいる。
    シータさんの言うとおり、歌だけじゃない他の部分も含めて愛されたりしますもんね^^
    そんな多様さは、たぶんいいことなんじゃないかと思います。私はね^^
    また、青年の楽しいお話聞かせてくださいね。待ってま~す(^O^)

  4. ちのっちさん
    いつも楽しみにしてるなんて言ってくださって嬉しいです。
    ありがとです~(^o^)
    >よく、海外の人が“すき焼きおいし~~!”って言いますよねぇ・・・。
    え?そうなんですか?
    私は逆に生卵のせいで食べられないと思う外国の人が多いのかなと
    思っていました。
    それはちょっと安心しました。
    >じゃあ、とろとろ温泉玉子はどうかなぁ。青年、温泉玉子食べたことあるだろうか・・・。
    これ、興味あります。
    絶対きいてみたいです!
    あぁ・・・きいてみたいと思いながら忘れちゃって帰ることが多くて(-_-;)
    ちゃんと覚えておかなければ、またおもしろいネタが一週間遠ざかるんですよね。
    あぁ、忘れないでききたい!
    >確かに、デビューしたてならいざ知らず 何年経ってもちっとも上手にならない人は、正直“それでいいのか?”と言いたくはなりますです、ハイ・・・(-_-;)
    ちのっちさん、あなたもですか!!
    私もほんとに同じなのです!
    そして、それでもやっぱりなんだか愛しちゃうと?(笑)
    なんででしょうねぇ。嫌いになれない彼ら。
    「歌の才能だけはいくら頑張ってもダメ」っていう考えを日本に定着させてしまったという点では、
    やっぱり罪があるのかもしれない・・・と、
    今唐突に思っていまいました~~(^o^)

  5. こんばんは、シータさん♪
    えぇっと・・・間違いないですよね?(笑)
    先日は失礼しました
    今回も青年、言い放ってくれちゃってますね~(^_^;)
    シータさん達とのやり取りは、彼にとってもいい発散の場になっているんでしょうかね^^
    >甘いお菓子の中にごはんですよ
    >肉をお菓子みたいにするのかと、ほんとにびっくりしました
    美味しいのにね~~(*^_^*)
    常々思っていましたが、デザート以外に大量にお砂糖を使うのは和食だけじゃないかしら・・
    煮物、お魚の煮つけ、酢の物、お寿司の酢飯・・・
    今夜のケン○ンショーでも、甘いがんもどきが話題になってましたね。
    メインの調味料にお砂糖を使うお料理って、他の国でもあるのかなぁって。
    イタリアの家庭料理を習っていた時、デザート以外のレシピに一度もお砂糖を使わなくて、ほほぅ~~と思ったことがありました。
    日本人って、甘味に旨さを感じるんでしょうかね?
    で、韓国の方やインドの方は、辛味に旨さを感じるのかも・・
    こんなに近い国なのに、不思議ですね。
    韓国と日本の芸能人について
    これは、時々娘とも話題になります。
    韓国の芸能人って、歌やダンスはもちろん上手だし、
    背は高い、スタイルもいい、容姿も秀でてる(人工もありだけど^^;)
    意外に歌が上手くてお気に入りのゴールデン○ンバーなんて、言語道断!と切り捨てられそう(笑)
    確かに韓国芸能人の方がすべてにおいて優れている気がします。素晴らしいなぁ~って思うけど・・・
    けど・・・・
    でも・・・
    でも!
    元々、日本ではそういう人を求めてない気がするんです。
    たしかに東○神起を初めて見た時は、衝撃的でした。
    並大抵の努力じゃないだろうなって思いました。
    少○時代やKA○Aは、本当に可愛くってダンスも上手で素敵だと思うけれど・・・・
    簡単には踊れないし、足の長さであきらめますよね(-.-)
    〇〇〇〇の歌をハラハラしながら、または苦笑いしながら聞くこともあるけれど、応援したくなっちゃう
    ポティエイ(^^;は何処にでもいそうな子達ばかり。
    でも小学生でも踊れます。
    わたしだってピ○クレディもキャ○ディーズも踊ってました(笑)
    >そういう素人っぽさを容認する国民なのかもしれません。
    そうそう!
    完成されてない、少し未熟でハンサム過ぎない、美女過ぎない、ちょっと頑張れば自分だってなれるかもしれないって思わせてくれる親近感のある芸能人が、日本人の好みなんじゃないかしら。
    アイドルや新たなスターが出る一方で、ミスチルや、ユーミン、サザンが20年、30年もの間、売れ続け、演歌の居場所やファンもいる。
    この多様性が日本の芸能界の魅力かなと思います。
    と、普段深くは考えないことまで考えさせてくれる、シータさんと青年には感謝(笑)
    次回も楽しみにしています。

  6. う〜〜ん、めっちゃ面白い♪
    そうかぁ、とうなずく点と、そうだろうなあ、とため息をつく点と。
    ★ぼたもち。
    うちの次男も「ごはんにアンコ掛けたみたいで抵抗ある」と
    手を伸ばさないのだ。
    どら焼きも、ようかんも、大福も、赤福も大好きなくせに。
    実はわたしも、○十年前、モロッコの方の手料理を頂いた時に
    ラストのデザートが、ご飯を牛乳で甘く煮て、
    アラブ風フレイバーをつけてあった。
    ミルク味のもっちり甘い、フレイバーご飯。
    う〜ん、とためらってると「マズかったら残してくれていい」と言われて
    余計に残せなくなったので無理に食べたけど、辛かった(20代だったし)
    今だったら、おいしく頂いちゃうでしょうけどね。
    ふだん、おかずとか、しょっぱい味で食べ慣れてるものに
    盛大に砂糖を掛けられると食べにくいのかもしれないなあ。
    ごはんに砂糖を振りかけて食べる、みたいな・・・
    青年の気持ち、ちょっとわかります。
    でももう「慣れた」のか(笑)
    ○○○○(全伏せ字でもわかるってスゴイ!)は、
    わたしも歌手だと思ってないです。
    誰か女性アナウンサーが、一番人気の○○タ○にインタビューして、
    「最近また、ドラマに映画に大活躍ですね」
    「一応、歌も歌ってるんですけど」
    「そうでしたね、わたしCD買ったんですよ。」
    「うっそ!」(疑い深く)
    「いえ、ホントです、本当に買ったんです!」
    「じゃあ、CDのタイトル言ってみて?」
    「・・・え〜〜と、あら、急にど忘れして、あのえ〜と・・」(汗)
    「ほら、買ってないでしょ?」「いえ、買いました!」
    日本の中でも「歌手」としての認識は高くないのかなあ、と思ったり(笑)
    わたしも、中で一番背の高いお兄ちゃん、好きだったりします。
    ポティエイに関しては、全面同感。
    でもあの素人っぽさがいいんだろうねえ。
    隣のクラスの女の子が、ちょっとコスプレで歌って・・・。
    個人的に興味がないので、すぐ消しちゃうから名前が覚えられない。
    少○時代とKARA、見分けがつかないので話題に入れないです。
    「黒ヤギエキス」
    報告ありがと〜〜!
    いかにも「効きそう」な強烈ケモノ臭(笑)
    すごいっ!すごいぞ。だって毛皮ごと丸煮でしょ?
    >『女性の機能高まります』でした。
    女性2人ともこの点についてはまだ変化がないようでした。
    お肌ぷるぷる、とか、それとももっとあの・・(恥)
    うふふ、引き続き、報告を楽しみにしているぞよ。
    あ、りーぷちゃんが居た!

  7. シータさん、
    いつも貴重な話題、ありがとうございます。
    こういう文化の違いって直接聞かないとわからないから、
    とてもおもしろいです。
    確かに料理にお砂糖を使うのは日本だけだと聞いたような・・・
    でも初めて韓国でプルコギを食べた時に
    これって韓国版すき焼き?・・と思ったんです。
    あの甘さは何からなんでしょうね?
    生卵は外国のはサルモネラ菌に汚染されているからだと聞いたことが。
    アメリカで卵かけご飯は絶対にしてはダメ!!!!  だそうです。
    ぼた餅
    私はお餅にあんこは大丈夫ですが、
    おはぎ(ツブツブが残っているものと私は認識)はパスです。
    前に甘いモノ好きな友人がアンコをご飯にかけて食べると聞いてびっくりしたのですが、
    この頃職場で頼む仕出し屋さんのお弁当には
    必ずアンコがおかずの真ん中にあるのです。
    ま、確かに豆の煮物だと思えばおかずなんでしょうが、
    金時豆はおかずでも小豆は・・・と思ってしまう私です。
    和食に砂糖が使われだしたのはいつ頃からなんでしょうね?
    面白い課題です。
    黒ヤギさんのエキス・・・・
    女性機能向上って興味ありますね。
    韓国のアカスリに行った時に
    女性器のヨモギの燻しっていうのがありました。
    効能はなんだったか・・・・忘れました。
    ◯◯◯◯のダンスと歌
    確かにねえ・・・・・・でもいいんですよね!!!!!
    それに中国でも人気はあるんですよね?
    コンサートに行った友人曰く
    遠くでみてても◯◯タ◯はオーラがあったとか。
    >そういう素人っぽさを容認する国民なのかもしれません。
    ↑そうそう!!!
    いろんなところで国民性を考えられてと~ってもおもしろいです。

  8. leapさん
    読んでくださってありがとです!!
    >こんばんは、シータさん♪
    えぇっと・・・間違いないですよね?(笑)
    あはぁ~ん(*^m^*)間違いないです。ここですここです♪
    >先日は失礼しました
    とんでもないっす(^_-)
    笑わせてもらって、そうそう、こないだの修学旅行でもう一度ネタになって
    また笑わせてもらいました~☆
    >常々思っていましたが、
    デザート以外に大量にお砂糖を使うのは和食だけじゃないかしら・・
    >メインの調味料にお砂糖を使うお料理って、
    他の国でもあるのかなぁって。
    そうなんです!私もそれが気になっていました!!
    誰かそういうこと調べた人いそうですよね。
    んで、ネットでちょっと見てみたら、知恵袋にも同じような質問してた人がいて(笑)
    他にもいろいろありました。
    中華料理も使うし、タイ料理もかなり使うし、
    韓国料理も、ものによっては使うみたい。
    結果的に、アジア圏では砂糖を使う国があるってところでしょうか。
    日韓芸能人の話
    >確かに韓国芸能人の方がすべてにおいて優れている気がします。素晴らしいなぁ~って思うけど・・・
    けど・・・・
    でも・・・
    でも!
    元々、日本ではそういう人を求めてない気がするんです。
    そうなんです!
    最近そういう気がしてきています。
    逆に、韓国の人はあんなにも完璧を求められて、
    完成度がちょっとでも足りないと許してもらえなくて、
    大変だなあって気がしてきます。
    >簡単には踊れないし、足の長さであきらめますよね(-.-)
    あぁ、このひとこと、ツボです(~o~)
    >完成されてない、少し未熟でハンサム過ぎない、美女過ぎない、
    ちょっと頑張れば自分だってなれるかもしれないって思わせてくれる親近感のある芸能人が、
    日本人の好みなんじゃないかしら。
    おぅおぅ、同感です!
    この許容のしかたと、好きになりかた、ありだと思うのです!
    オーラなくても、完璧じゃなくてもいいよん♪っていう・・・
    >アイドルや新たなスターが出る一方で、ミスチルや、ユーミン、サザンが20年、30年もの間、
    売れ続け、演歌の居場所やファンもいる。
    この多様性が日本の芸能界の魅力かなと思います。
    うわぁ~~。なんか、いいな。
    こんなふうに話が発展していく感じがステキだなあ(^-^)
    ほんとに私もそう思います。
    そのまま一緒に年をかさねて、昔みたいに声量がなくなっても、
    お互い白髪になっても顔面たるんでも、ライブでいっしょに歌おうねって♪♪
    でも、日本は市場が元々大きいからそんなふうにできるのかも。
    韓国は市場の小ささゆえに国外に市場を広げざるをえないし、
    だからこそその要求に応える実力をそなえなければならないってことですよね。
    1つの国のひとつの国民性の中で和気藹々としていられない辛さがあるとも言えそうで、
    やっぱり頑張ってるんだなって、
    完成度を厳しく求められて頑張る韓国の彼らのこともまた、
    心から応援したくなるのです!
    あぁ、つい語ってしまって長くなりました(^_^;)
    leapさん、熱いコメントありがと~☆☆

  9. あんなちゃん
    読んでくれてありがとう!!
    >ぼたもち、うちの次男も「ごはんにアンコ掛けたみたいで抵抗ある」と
    手を伸ばさないのだ。
    どら焼きも、ようかんも、大福も、赤福も大好きなくせに。
    やっぱそういうことありそうな食べ物だよね。
    そう言えばって思い出してたんだけど、
    私も小さいころは食べられなかったんだったわ。
    >実はわたしも、○十年前、モロッコの方の手料理を頂いた時に
    ラストのデザートが、ご飯を牛乳で甘く煮て、
    アラブ風フレイバーをつけてあった。
    ミルク味のもっちり甘い、フレイバーご飯。
    うわ・・・
    食事したあとにデザートとして甘いご飯って、こりゃすごい。
    うん、確かにこれは辛いでしょう。
    >ふだん、おかずとか、しょっぱい味で食べ慣れてるものに
    盛大に砂糖を掛けられると食べにくいのかもしれないなあ。
    ごはんに砂糖を振りかけて食べる、みたいな・・・
    うん、はっきり言ってそういうことだもんね。
    ご飯に砂糖を振りかけると言われたら食べられないよね。
    そんなこと言ったらすし飯だってそうよね。
    合わせ酢になってしまってるから大丈夫だけど、
    あれだってかなりの砂糖を振りかけてることだよね。
    お寿司なら食べられるのに、ご飯にそのままかけるのは食べられないって、
    人間の心理のおもしろさだわ。
    >○○○○(全伏せ字でもわかるってスゴイ!)は、
    わたしも歌手だと思ってないです。
    ガハハァ~(^O^)
    こんなにきっぱりと言われると、本人たちもむしろ清々しいかもしれないなあ♪
    >「最近また、ドラマに映画に大活躍ですね」
    「一応、歌も歌ってるんですけど」
    >「ほら、買ってないでしょ?」「いえ、買いました!」
    こんなふうにちゃんと自覚してるなら安心します(笑)
    いや、そりゃ20年もやってたら自覚してるよね(^_^;)
    でも、やっぱり20年ほんとに頑張ってきて、
    みんなひとりひとりがエンタティナーとして実力も風格も備えてると思うから、
    その点は日本中が認めてると思うんだよね。
    >わたしも、中で一番背の高いお兄ちゃん、好きだったりします。
    おほほ、私も好きです♪
    >「黒ヤギエキス」
    いかにも「効きそう」な強烈ケモノ臭(笑)
    すごいっ!すごいぞ。だって毛皮ごと丸煮でしょ?
    うん(-_-;) 丸煮です。そうなんです(-_-;)(-_-;)
    そりゃ臭うよね。
    >お肌ぷるぷる、とか、それとももっとあの・・(恥)
    うふふ、引き続き、報告を楽しみにしているぞよ。
    はい! 私もK美さんに詳しく聞きたい!
    しかし、K美さん、春はあの高級おそば屋さんが忙しくて授業にあんまり来れません~(~o~)

  10. mamaさん
    読んでくれてありがとです!!
    >確かに料理にお砂糖を使うのは日本だけだと聞いたような・・・
    それがね、いろいろネットでポチポチしてたら、
    韓国・中国・タイでも使うそうです。
    量や使い方は違うと思うけど。
    タイなんてね、屋台のテーブルに砂糖が置いてあるんだけど、
    それは料理に甘みが足りなかったら足すため用だそうです。
    いや、ほんとかどうかわかんないけどね(^_^;)
    >でも初めて韓国でプルコギを食べた時に
    これって韓国版すき焼き?・・と思ったんです。
    あの甘さは何からなんでしょうね?
    私も思いました! それに、初めてのオフ会の二次会で、
    新大久保の韓国料理屋さんで食べたチャプチェのようなお料理が
    とても甘くてびっくりしたのを覚えています。
    >生卵は外国のはサルモネラ菌に汚染されているからだと聞いたことが。
    アメリカで卵かけご飯は絶対にしてはダメ!!!!  だそうです。
    わぁ、そうなんだ。メモメモ。
    きっと日本の扱いが衛生的ってことなのね。
    >ぼた餅
    私はお餅にあんこは大丈夫ですが、
    おはぎ(ツブツブが残っているものと私は認識)はパスです。
    あらま! 青年といっしょなのですか?!
    それはすごい!
    >前に甘いモノ好きな友人がアンコをご飯にかけて食べると聞いてびっくりしたのですが、
    えぇ~~~(*_*)
    それは初めて聞きました。
    そんな食べ方、ありなのか?
    ・・・って、結局ぼたもちといっしょと言えば一緒なのよね。
    そうなんですよね。この感覚の違い。
    ぼた餅状態にしたらおいしいけど、ごはんの上に載せるのは信じられないと思う・・・
    その感覚がおもしろい。
    >和食に砂糖が使われだしたのはいつ頃からなんでしょうね?
    面白い課題です。
    はい。きっと誰かが研究してる・・・
    >韓国のアカスリに行った時に
    女性器のヨモギの燻しっていうのがありました。
    効能はなんだったか・・・・忘れました。
    は?・・・
    は?・・・
    なんだって?・・・
    何のよもぎ蒸しだって?・・・
    そんな・・・あからさまのサービスの提示ってあるのですか?!
    そのピンポイントで取材に行きたいやんかぁ~\(^o^)/
    >コンサートに行った友人曰く
    遠くでみてても◯◯タ◯はオーラがあったとか。
    こないだ娘の高校の保護者親睦会で、
    向かいに座った初対面のお母さんが同じ事を力説していて圧倒されました。
    やっぱそうなのね(*^m^*)

  11. しーたちゃん、
    いやあここにコメントするのすごい久しぶりのような気がするわ。
    ごぶさたで申し訳ない。
    しかし、異文化体験食べ物系は面白いねえ。
    でも韓国料理だって、甘いのあるよね。
    キムチだってへんに甘かったりしない?
    とはいえ、彼の違和感はよおくわかります。
    なじみのあるごはんが予想外の味、ってのに舌が驚いちゃうんだろうね。
    そう言えば夫が、昔外国のどこかでデザートで食べたライスプディングに、
    (Annaちゃんが言ってるのと同じか?)
    なにこれ!ってなったと言ってました。
    で、私もいつだったかどこかで食べたことあるんだけど、
    あ、お米のミルク煮のデザートね、ってすんなり納得、
    まったく美味しくいただきました。
    でも実は料理(と酒)が甘いのは私も苦手で、
    東南アジアの甘辛ソースにもなかなかなじめない。
    我が家の砂糖の消費量、ほんとに少ないです。
    でも青年の、「警戒」って感性と表現、とってもいいね。

  12. vaiさん
    来てくれてありがと\(^O^)/
    >しかし、異文化体験食べ物系は面白いねえ。
    うん、異文化にふれるのはまず食べ物かもしれないです。
    vaiさんのエジプトの話だって、ほんとに食べ物の不思議がいっぱいだもんね。
    不思議って、外国から見た不思議だけどね。
    >でも韓国料理だって、甘いのあるよね。
    キムチだってへんに甘かったりしない?
    それ、本場でか?
    甘いキムチって、日本でアレンジされちゃったののことじゃなく?
    青年は、韓国料理屋さんに行った時とかに、
    「ぜんぜんキムチがダメです。日本風になってしまってる」って、
    よくそう言うこと言います。
    日本で食べたキムチなら、そういうのかもだわ。
    >でも実は料理(と酒)が甘いのは私も苦手で、
    うん、知ってるよ~~(^O^)
    >東南アジアの甘辛ソースにもなかなかなじめない。
    あ、そうなの?
    私は好きかもしれません。
    あまり食べた経験はないんだけど、
    なんとなく甘酸っぱいのとか甘辛いのとか、好きなんです。
    >でも青年の、「警戒」って感性と表現、とってもいいね。
    うんうん、その言葉が新鮮でした。
    でも、私がそのとき頭の中に浮かんだのは、
    「ぼたもちが爆弾に見えたとか?」でした(^_^;)
    そういうことじゃないんだよね。おほほ。

  13. わ。 そやコリ上がってたんだと 何だ今頃?のアタシです(^^;)
    おはぎがあり得ないっての なんか・・感覚がわかる気がします。
    タイに行った時 マンゴーの付け合せが「甘く煮たごはん」で
    どうやら彼の地では マンゴーにはその甘いごはん(おじやだな)
    が付け合せのきまりらしいんだけど。 
    おじやが甘いのと果物の付け合せがごはんというのに
    (@@;)ありえない・・と思いました。
    でも あれ?韓国も。 薬食だっけ?
    あのおこわみたいの 甘いよねえ?
    まあ 食べなれていない違和感って そういうものなんでしょうね。
    シータの方のところてんは黒みつってのも 知ってても違和感があるもん。
    ところで話はそれますが
    我が家は昔 おむすびが丸だったんです。まん丸。
    で 全面海苔でおおう。 
    ムコに来たお兄ちゃんが 我が家の行楽の日に大量に作られたおむすびを見て 「タドンか?!」(知ってますか?炭を丸く固めた燃料)と驚きました。
    「所変われば品変わる」という 日本のことわざをお教えなさいまし。

  14. ボニさん
    いやいや、むしろ気づいてくれてありがとう(*^m^*)
    >どうやら彼の地では マンゴーにはその甘いごはん(おじやだな)
    が付け合せのきまりらしいんだけど。 
    >おじやが甘いのと果物の付け合せがごはんというのに
    (@@;)ありえない・・と思いました。
    あらま、わてはなんだか食べてみたい(笑)
    あまいごはんが嫌いじゃないの。
    そのあと好きになるかどうかは別にして、
    やっぱ・・・ありえなくないだわ(^_^;)
    >シータの方のところてんは黒みつってのも 知ってても違和感があるもん。
    ボニさんの「黒みつは・・・そりゃ無理だよ。」っていう、
    絶対ありえない的反応にびっくりしてしまったわてだす。
    >我が家は昔 おむすびが丸だったんです。まん丸。
    で 全面海苔でおおう。 
    これ、びっくりしました!
    これって地域の問題?
    私がびっくりした相手は静岡の人。
    ボニさんの故郷とは全然違う地域だし・・・
    そのおうちの代々のやりかたなのかな?
    >ムコに来たお兄ちゃんが 我が家の行楽の日に大量に作られたおむすびを見て 「タドンか?!」(知ってますか?炭を丸く固めた燃料)と驚きました。
    うふふ。私も内心“マメタン(豆炭)みたいだなぁ~~”と思いました(*^m^*)
    関西ではたぶんタドンのことをマメタンって言うんだと思うのよね。

  15. また縁側へ上がりに来ました。
    野良猫みたいな行動だなアタシ(^^;)
    >あまいごはんが嫌いじゃないの。
    まあ・・ミルクで似た甘いおかゆってアメリカとかでも食べるよね。
    うーやっぱでも マンゴーとおかゆは・・(ーー;)
    で おむすびの話。
    >これって地域の問題?
    >私がびっくりした相手は静岡の人。
    いや。 私これに関しては 地域の問題じゃなくて
    「時代」の問題じゃないかと思うんです。
    今 我が家で作るのは「三角おにぎり」だし 実家もそうだけど
    私が小学生だったころ 「丸いおむすび」は珍しくなかったです。
    うちみたいに真ん丸のも普通に見たし
    つぶした丸・・というかデブのおやきみたいな形もあって
    それは「わー変!」なんて周囲に言われる形では決してなかったんです。
    ※注 「おにぎり」と「おむすび」に関しては諸説ありますが
    私は感覚的に「おにぎり」が三角「おむすび」が丸としています。
    思うに。 ある時代までの日本(関ヶ原よりこっち)では
    “おむすびはかなりの確率で丸かった”んじゃないかと思います。
    昔の時代劇に 飢えた男がまんまるの白いおむすびを
    がつがつ食べて「ううっ・・」と泣くなんてシーンがあったし。
    おむすびが丸かったから「おむすびころりん」と転がったわけだし。

    ●ここからはボニ推論ですが 昔は結構な勢力(?)であった
    「丸おむすび」が「三角おにぎり」に席巻されたのは 
    「日本人がご飯を食べなくなった」せいではないかと思うのであります。
    「雨ニモマケズ」の詩を知っているでしょ?
    あの詩の中に「一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ・・ 」と言うくだりがあります。
    玄米、四合だよ? すごい食べるよね。
    明治の頃 軍隊の食糧計画では 兵士1人が日に食べるコメは
    1日6合計算だというんだから。
    その時代 いきおいおむすびだって大きかったはずではないか!?
    質量のあるものをもっともコンパクトにまとめるなら球体
    ならば丸くむすんで持っていくのは 合理的だったのではないか?
    手に余るような多量のご飯を三角には握りにくいもん。
    だけど 日本人がご飯を食べなくなってきて
    ご飯の量が減れば 三角の方が握りやすいし食べやすい・・なんて感じで「丸おむすび君」は減っていったのでは・・
    ああ・・可哀想な丸おむすび。 ごめんね丸おむすび。
    というのが ボニ考察でございます!!
    何をそんな馬鹿馬鹿しいこと考えてるんだ!
    もっと世の為人の為に 考えることはないのか?!
    というお叱りは 甘んじて受ける覚悟ですボニ。

  16. ボニさん
    トップページからタイトルが消えそうなスレッドに、
    コメントを今日もありがとう!
    >思うに。 ある時代までの日本(関ヶ原よりこっち)では
    “おむすびはかなりの確率で丸かった”んじゃないかと思います。
    >昔の時代劇に 飢えた男がまんまるの白いおむすびを
    がつがつ食べて「ううっ・・」と泣くなんてシーンがあったし。
    あぁ~ほんとだ!!
    時代劇を思い出すと、ことごとくおにぎりは丸い!!
    わぁ~、なんかこれ・・・
    絶対誰かが真剣に研究してそうな気がするわぁ(=_=)
    >おむすびが丸かったから「おむすびころりん」と転がったわけだし。
    その理由、ものすごく説得力あるわ。まじで(*^m^*)

    >●ここからはボニ推論ですが 昔は結構な勢力(?)であった
    「丸おむすび」が「三角おにぎり」に席巻されたのは 
    「日本人がご飯を食べなくなった」せいではないかと思うのであります。
    ふむふむ、それは大変興味深い仮説。
    >「雨ニモマケズ」の詩を知っているでしょ?
    あの詩の中に「一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ・・ 」と言うくだりがあります。
    玄米、四合だよ? すごい食べるよね。
    そう言われるとほんとにすごい!
    昔は、少しのおかずでたくさん御飯を食べたんだろうね。
    ここでは、慎ましい量として四合って書いてあるんだろうけど、
    一日四合食べようと思うと、とにかく大変だよね。
    味の濃い少しのおかずでがばがばと食べるっていう感じなのでしょうか。
    >明治の頃 軍隊の食糧計画では 兵士1人が日に食べるコメは
    1日6合計算だというんだから。
    その時代 いきおいおむすびだって大きかったはずではないか!?
    きっとそうだね。
    思い浮かべると絶対丸いって気がするもん、やっぱり。
    >だけど 日本人がご飯を食べなくなってきて
    ご飯の量が減れば 三角の方が握りやすいし食べやすい・・なんて感じで「丸おむすび君」は減っていったのでは・・
    うん、これもくわしくルーツを知りたくなるね。
    ほんと、三角おにぎりが時代劇に出たら、なんか違和感あるわ。
    もしかして昔に、ドラマ中とかCMとかそういうので登場したらたちまちブームになって定着しちゃったとか、
    そういう偶然のことがあったりするかもしれないなぁ~~
    >何をそんな馬鹿馬鹿しいこと考えてるんだ!
    もっと世の為人の為に 考えることはないのか?!
    というお叱りは 甘んじて受ける覚悟ですボニ。
    いや、これは十分世の為人の為です。
    読んでくれたみなさんが、きっと「ん?」となって考え、
    わくわくおもしろ気分になるのだから、
    絶対世のため人のためです(*^m^*)

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*