『そや☆コリ』34 子グマじゃなくて黒ヤギですから

 

t02200210_0254024311183904397.jpg

商品名が、なんと「黒ヤギ一匹」(*_*)
グラインドハウスさんからお借りしました

○ttp://ameblo.jp/grind-house/entry-10870663868.html 

 


2013年の旧正月は2月10日です。

あ・・・旧正月と言うと、青年はいつも「違います」と言って訂正します。


「“旧”ではありませんね。今も使っているのですから。
“旧正月”と“新正月”ではありません。
“陰暦の正月”と“陽暦の正月”なのです。」


ということで、韓国は今、陰暦の正月、ソルラルです。

 

なので青年は現在韓国に奥さんと里帰り中。

そしてなんと、
その青年の帰省に合わせてK美さん、韓国上陸なのです!!


青年が韓国のお母さんに依頼してK美さんのためにわざわざ手配したものを、
観光もかねて受け取りに行ったのでした。

 


昨年末のこと・・・


私が仕事先から少し遅れて到着すると、
なんだか話が盛り上がって『よっしゃ~行くで~!』な雰囲気。


「なになに?」と聞くと、

Y子さん
「シータさん、ほらほらこないだ話してた韓方のエキスを
K美さんが先生のお母さんに注文してもらうことになったよ。」


「わぁ・・・あの・・・子グマ一頭まるごと煮込むってやつ?」


一同「・・・?・・・」


青年「違います。あは。なんで子グマですか?」


「だってあれでしょ。5日煮続けてトロトロの黒い汁になるってやつぅ~~
 うへぇ、また想像しちゃった(-_-;)」


青年「だからそれは熊じゃないです。黒ヤギですから。」


「え?・・・そうだっけ?」


Y子「あはは、思い出した!
その時ちょうど先生のおうちの焼き芋の話してたやん。
だからいっしょになっちゃったんじゃない?」


「は?・・ますますわからへん話・・・」


K美「さつまいもを韓国語で言うと?」


「コグマ。あっ!」


私の頭の中は、その日の近い時間に話されていた焼き芋ばなしと、
女性の更年期のサプリメントばなしが
ほどよくミックスされていたようです。


「うへぇ~、あれからずっと私の頭の中は子グマのエキスだったわ。
それに・・・もう友だちに話してしまったわ。」


一同「あらま。」


私の脳内は、「かわいいこぐまちゃんがグツグツ」から、
「お手紙食べちゃったかもしれない黒ヤギさんがグツグツ」に変換されました。

どっちにしても・・・うぅ(-_-;)

 

あぁ、それにしても、
ほんとにすごいなぁ~、この授業ってば。


青年とのつきあいも6年になろうとしていますが、
青年が提供してくれる話は、毎度私たちを新鮮な驚きの世界に連れています。

異文化を知るおもしろさはつきないなあと思うのです。

 

「溶けて、黒ヤギの全ては真っ黒な液体になります。
高麗人参、当帰(セリ科の根)、芍薬(シャクヤクの根)などを一緒に入れます。
そして最後に濾過します。」


シータ「濾過するんですね。ちょっと安心。」


青年「昔は、秋になると親孝行として息子が家で作ったんですね。
5日間火を絶やさずに見守って、両親に飲んでもらって長生きしてねと。」


一同「自分の家で?・・」


青年「はい。」


一同「うひょ~~」


青年「今は電話一本ですね。
小さな袋に1回分ずつ分けて入れてもらいます。
こうやって(口をチュッとすぼめるジェスチャで)飲みます。

コップに入れてもいいです。」
 

t02200214_0254024711183904471.jpg

サイトでは、温めて飲むと書いてありました。


「k美さんの分を、僕のお母さんに頼んであげますね。
そしたらちょうどソルラルに出来上がるようにしてもらえます。
僕の妻と、妻のお母さんも注文すると言っています。
肌がピカピカになって女性の機能、高まります。」


女性の機能が高まるって・・・ど・・・どういう・・・?(@_@)

 

青年「女性特有の体の不調に効果があるのです。
これから赤ちゃんを産む女性にも、
年をとって更年期の女性にも、どちらにも効果があって、
どちらも体が元気になります。
正常になっていきます。
体の機能を整えていく効果があるのです。
疲れにくい体になります。
年をとってもがんばれます。
肌がピカピカです。」


いつもながら、この妙な説得力に心動かされそうになります。


しかし・・・
熊じゃなくてヤギで、しかも白ヤギじゃダメで黒ヤギで・・・
その根拠って、何なのかなあ。

なにかなぁ~~~。


青年が確信持って言えば言うほど、
ブルブルと顔を振って疑ってみたくなる、今日このごろなのです。

 

 

青年「K美さん、では○○駅の△番出口を上がったところで8時に会いましょう。」


だ・・・大丈夫かい?

ほんとにちゃんと会えるのか?

2人とも、韓国で携帯電話を使えません。

 

青年「その出口を上がった真正面の店の前で、
いつも僕のお父さんが焼酎飲んでますね。あはは。」


一同「お父さんが?」


青年「友だちと朝から花札しながら飲んでいます。
   ビーチパラソルとテーブルとイスが、店の前にあるんです。
   いつもいます。
   すぐわかりますよ。目印です。あはは。」


シータ「え?でも、ソウルは今氷点下でしょ。」


青年「あ・・そうですね。今は・・・いないかな?」

 

いないよ!!

 

 

無事に会えたかなあ、二人。


今週の金曜日に、その顛末を聞くのが楽しみだなあ。

 

 


    ♪♪♪ ワンポイント はんぐんまる ♪♪♪

 

□ クマ じゃ なくて ヤギ  です

  コム イ  アニラ ヨムソ エヨ


□ 女性  が 元気になります

  ヨソン イ キウンチョアジョヨ


□ ソウル駅の前で  会いましょう

  ソウルヨグアペソ マンナプシダ


□ 僕のお父さんは 焼酎が  好きです

  ウリアボジヌン ソジュガ チョアヘヨ

 

 

 

 

 

9 Comments

  1. 子グマをグツグツ・・・じゃなくて子ヤギをグツグツ・・・
    ひえええええ~~~あっ、黒ヤギか・・・
    どれも、“o(>ω< )o”ヤダヤダ!!  
    更年期をとるか、若返りをとるか・・・
    15ぐらい若返るなら・・・
    今日の韓国語教室でこれ話題にしようと思ってたのに・・・
    忘れてた・・・来週まで覚えてられるのか???
    やっぱ私にも必要かもです^^;(物忘れには効くのかな?(笑)

  2. きみりんさん
    読んでくださってありがとです\(^O^)/
    わぁ、この話をきみりんさんの韓国語教室で話題にしてくださるのですか?
    どんなふうになったか、ぜひぜひ教えてくださいね♪
    私も、K美さんのその後をレポートしますわ!
    うぅ~ん、物忘れに効くかどうかは知らないんだけど(*^m^*)
    でも、黒ヤギさんの命と引き替えに若さを手にするみたいな気分で、
    なんとしても心も体も、脳も若返って働かねばっていう気持ちになってきますね(^_^;)

  3. 黒ヤギさんが1匹 黒ヤギさんが1匹…すごい商品名…。
    頭の中を 大きな鍋でグツグツ煮られている黒ヤギさんが浮かんできます。
    沖縄料理ではヤギ料理ってありますよね。
    けっこう個性的な味だと聞いたような…。
    でも この前の吉田類さんの沖縄編では 美味しいと言ってた…。
    食べて美味しいのは薬にもいいかもしれない…。
    豚も頭ごと炊いて食べるんですから そう思えば 丸ごと黒ヤギさんも 考えられます。
    小さな袋って 万田酵素みたいに1回分ずつ飲むのかな?と思っていたけどもっと量があるのね?
    お鍋で温めるのかしら?
    う~~ん レポお願いします!

  4. 黒ヤギさんから、お手紙着いた・・じゃなく、
    黒ヤギさんたら、真っ黒ヤギ汁にされちゃうのかあ。
    ふ〜む、漢方って言うものは、
    粉になって袋に入ってると薬の顔してるんだけど、
    内容見てみると銀杏の葉っぱにミカンの皮、オオバコって、
    ただの雑草じゃんんん!と思ったことありましたけど、
    生黒ヤギ+漢方草を5日煮込む!!!
    すっごい呪術的効果がありそうですね。
    煮るときにおまじないを言うとか・・?
    でもなんで真っ黒なんだろ。
    毛皮も入れちゃうのかな。それとも毛皮ははぐの?
    親孝行に息子が煮たんなら、昔は秋になって
    黒ヤギをつかまえるところから始まったんだろうなあ。
    西洋では、黒い牡ヤギは悪魔の化身。
    悪魔的儀式の生け贄にもよく使われたらしいけど、
    それより、薬にして飲んじゃった方がいいよね。
    >肌がピカピカになって女性の機能、高まります
    うふ、女性の機能が高まるのか。
    あれもこれも、いろいろ素晴らしい効果を想像しちゃうなあ。
    画像を見るだに、効きそう!!
    K実さんが飲み始めてからの経過をこっそり教えてね♪
    面白い話をありがとう!

  5. どもども、本物の黒ヤギさんの写真はあまりにもリアルなので、
    商品写真に変更しました(^_^;)
    ●ruriさん
    >黒ヤギさんが1匹 黒ヤギさんが1匹…すごい商品名…。
    でしょでしょ! まんまだもんね。
    >頭の中を 大きな鍋でグツグツ煮られている黒ヤギさんが浮かんできます。
    私もです(-_-;)
    >でも この前の吉田類さんの沖縄編では 美味しいと言ってた…。
    食べて美味しいのは薬にもいいかもしれない…。
    豚も頭ごと炊いて食べるんですから そう思えば 丸ごと黒ヤギさんも 考えられます。
    ruriさんも、吉田類さんのを見てらっしゃるのですか?
    見てる人、多いですよね。ん?ここだけか?
    >う~~ん レポお願いします!
    私も早く知りたい♪
    レポ、了解です!!
    ●あんなちゃん
    読んでくれてありがとう
    >内容見てみると銀杏の葉っぱにミカンの皮、オオバコって、
    ただの雑草じゃんんん!
    ほんまや。それなら私も調達してきて煮込めばいいんじゃん♪
    >生黒ヤギ+漢方草を5日煮込む!!!
    すっごい呪術的効果がありそうですね。
    煮るときにおまじないを言うとか・・?
    >西洋では、黒い牡ヤギは悪魔の化身。
    悪魔的儀式の生け贄にもよく使われたらしいけど、
    それより、薬にして飲んじゃった方がいいよね
    わぁ、そうなの?
    呪術に、悪魔の生け贄に・・・
    脳内で今すごい映像が展開してるんですけど(*_*)(*_*)(*_*)
    そりゃあ薬で飲んじゃったほうがいいだろうけど、
    そもそも、なんで効くってわかったのかなあ。
    それが知りたい今日このごろですわ。
    >でもなんで真っ黒なんだろ。
    毛皮も入れちゃうのかな。それとも毛皮ははぐの?
    確か、毛も一緒だったと思います。
    最終的に濾すから、なにもかも一緒なのかなあ。
    しかしもう・・ほんとにすごい話だなあ。
    K美さんのレポ、追記しますね(*^m^*)

  6. 犬を食べるのは知ってたけど、ヤギを煎じちゃうってのは知らなかったなあ。聞くだけで効きそうな感じ。でも実は効いてるのは高麗人参なんじゃないかという気もしないでもないけども^m^
    さつまいもをコグマっていうのも初めて聞きました。
    そや☆コリは毎回いろんな目ウロコ話が聞けて、いつもワクワクします。
    K美さんの後日談も楽しみにしてます^^

  7. 銀さん
    読んでくださってありがとです!!
    >犬を食べるのは知ってたけど、ヤギを煎じちゃうってのは知らなかったなあ。
    うんうん、犬を食べる食文化は以前から知ってて、
    韓国に初めて行ったとき、春川に向かう道の途中に「犬問屋」みたいな大きな店舗を見たような気がしたんです。
    なんせ、6年前のことでうろ覚え(^_^;)
    でも、この黒ヤギも昔からあったようだし、食文化と言えるんじゃないかなあと思いますね。
    科学的なことはよくわからないんだけどね。
    ほんと高麗人参やいろいろな薬草が入ってるから、それの効果もあるのかな?
    目からウロコ話と言ってもらえて嬉しいです♪
    でも、くれぐれも言っておくけど、
    あくまでワム青年が話すことであって、他の韓国のみなさんにとっては
    「そんなことあるかいなぁ~~」な話もありそうなので、
    そこんところ、どうぞよろしくお願いします(=_=)

  8. わー! そや☆コリ上がってたんだ!! 今気づいた(><)
    ひえええええ ヤギを汁になるまで煮るのか(@@;)
    その 味の方は重点事項じゃないのよね?
    漢方みたいなものなのかな・・
    日本だって熊の肝とか 強壮剤として高価らしいものね。
    K美さんの効果の程を 追加レポしてほしいわー。
    しかし 青年はホント面白い。
    思いっきりな断言の後で
    >シータ「え?でも、ソウルは今氷点下でしょ。」
    >青年「あ・・そうですね。今は・・・いないかな?」
    あっはっは いいなあ・・
    こういう“感じ”って 大陸的というか
    韓国の方も中国の方の多くにも割と見る気がします。
    青年の断言を信じて行ったら えらいことですけど まそれは自分が注意するってことで乗り越えるんだろうな。
    面白いなあ・・
    それにしても シータの「コグマ」的理解ミス わかるわ~・・
    私も 昔から よくやりますソレ(--;)
    今でも笑っちゃうのだけど オーストラリアでホームステイした時。
    「今日 海でトドを見ました」
    と言うつもりが 「トド」という単語がわからない。
    焦ったもんだから とっさに漢字(海馬)を思い浮かべちゃって
    「シーホースを見ました」と言っちまったからもう大変。
    もちろんシーホースって言ったらタツノオトシゴだから
    もう ありありと会話が食い違って。
    「小さかっただろ?」
    「? まあ 沖の方にいたから」
    「沖の方にいたシーホースを見たのか?! 目がいいんだな」
    「いいえ スコープ(双眼鏡)があったから」
    「マイクロスコープ(顕微鏡)?」
    「??? いいえ20セント入れて見る奴ですよ」
    「??????」
    ああ・・恥ずかしい過去だ。

  9. ぎょえ~~ボニさん!
    レスくれてたのにごめんなさい!!
    ・・・って、先にこないだ会っちゃったじゃん(笑)
    >その 味の方は重点事項じゃないのよね?
    それはそれはすごいらしいんですが。。。
    味についても含め、あらためてご報告します。
    >漢方みたいなものなのかな・・
    日本だって熊の肝とか 強壮剤として高価らしいものね。
    漢方って言うでしょ。
    実はポピュラーじゃないけど、
    ちゃんと“韓”のほうの韓方薬があるのだよ。
    黒ヤギさんはその韓方薬なの。
    >しかし 青年はホント面白い。
    >こういう“感じ”って 大陸的というか
    韓国の方も中国の方の多くにも割と見る気がします。
    >青年の断言を信じて行ったら えらいことですけど まそれは自分が注意するってことで乗り越えるんだろうな。
    面白いなあ・・
    うん。ほんっとにこの、真顔で適当なことを言う感じはすごいよね。
    それを信じていっていいかどうかの判断力が試される世界なのだ、きっと。
    でも・・・
    やっぱりこういう感覚の違いを、おもしろいと感じられるか、ストレスに感じちゃうか、
    そこが異文化交流の分かれ道だなあと、
    こないだゲストハウスに泊まってあらためて思ったのでした。
    >「シーホースを見ました」と言っちまったからもう大変。
    もちろんシーホースって言ったらタツノオトシゴだから
    もう ありありと会話が食い違って。
    >「小さかっただろ?」
    >「? まあ 沖の方にいたから」
    >「沖の方にいたシーホースを見たのか?! 目がいいんだな」
    >「いいえ スコープ(双眼鏡)があったから」
    >「マイクロスコープ(顕微鏡)?」
    >「??? いいえ20セント入れて見る奴ですよ」
    >「??????」
    >ああ・・恥ずかしい過去だ。
    おぉ~~~!!
    私が言いたいのは、まさしくこういうことです!
    これを笑って「すっげえ会話しちゃっただよ」と、こんなふうに話せるか、
    「ほんっと、かみ合わなくてつかれちゃう・・・」と、
    ただしんどい気分になっちゃうかで、人生変わるだろうなと。
    でもな、ほんとに疲れるんだよな(^_^;)
    おもしろいのもほんとだし、疲れるってのもほんとなんだよね。
    だから・・・
    疲れるし、時々いやんなるけど、でもおもしろい・・・
    そんな感じでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*