『そや☆コリ』22 空港で捕まっちゃいました。

nyuukoku.jpg

わぁ!無人で入国審査?と思ったら、最近導入されたこの機械、
仕事で出国してまたほどなく帰国するような人に向けたもののようです。
指紋とともに前もって登録しなければ使えないらしいです。
政府公報オンラインよりお借りしました
○ttp://www.gov-online.go.jp/useful/article/201009/5.html

 
青年が結婚してしばらくのことだったから、
たぶん1年半ほど前のことだったと思います。

結婚のあと、両国でのいろいろな手続きが必要ですが、
その最後の仕上げをしに韓国に帰っていました。(と、思っていました。)

そして、韓国での手続きを終えて晴れ晴れとして、
日本の新妻の元へ戻ってきた青年。


・・・のはずだったのですが・・・

 


「僕、日本に拒否されちゃいました。」


「は?・・・」

「これまでこんなこと1回もなかったのに・・・
なんで日本の人と結婚したところでこんなことになるのかと、
ほんとにほんとに驚きましたし、怒りました。」


「なにがあったんですか?」


「特別な部屋に連れて行かれました。空港で。
捕まった人たちばかりの部屋に入れられたんです。」


「捕まったって・・・
もしかして、入国審査で?」


「はい。」


「怪しまれたってことですか?」


「僕は・・・怪しまれたとはちょっと違いますが、
いや、怪しまれたのかな?
審査をパスできなかった人たちばかりのいる部屋で待ちました。」


「あの・・それってアレですか?
このパスポートは偽造かもとか・・・」


「はい、そういう人もきっといたでしょう。」


「まあ・・・
先生はいったい何しちゃったんですか?」


「何もしないですよ。
いえ、何もしなかったからいけなかったということでしょうか。
いや、僕が日本への再入国を許可する証明書のようなものを、
持っていなかったということなのですが・・・
誤解がとけるまで1時間かかったんです。」


「あぁ、1時間で出られてよかったじゃないですか。」


「最初は全然よくありませんでしたから。
最初は韓国を出る時に、乗ろうとしていた航空会社の人が来て、
『もし入国が許可されなくて韓国に戻らなければならなくなっても、
自費で飛行機に乗ります。』という誓約書を書いてくれって言ったんです。
“なんでそんなの書かなきゃいけないの?僕は何もしてないのに”
って思ったんですよ。
そこから始まったのかな。」


「それでどうしたんですか?」


「僕は悪くないから帰らなくていいって自信があったので、書きました。」


「だけどやっぱり捕まっちゃったと?」


「はい。」


「なんでそんなことになったんですかぁ?」


「僕はこのたび結婚しましたので、
いろいろ手続きがありました。
入国管理局で“じゃあ韓国に行って帰ってきて終了ですね”
というようなことを言われました。
それは、ほんとは韓国にある日本大使館でビザの発行を申請して、
それで日本に再入国する許可証をもらって日本に帰ってくるっていうことだったようなんです。
ビザを申請してから発行されるまで何ヶ月かかかりますからね、
それまでは許可証を持っていなければ日本に入れなかったということです。」


「それをしなかったということ・・・ですか?」


「はい。
だって、行って帰ってきたらいいのだと思って、
ほんとに韓国に行って両親に会ったりして、
それでまた日本に戻ってきたんです。」


「あらま・・・」


「あっちでしなきゃいけないことがあるなら、
ちゃんとそれを教えてくれたらいいのに、
“行って帰ってくる”としか言わなかったのです。」

 

・・・うぅ~~ん、入国管理局の人は、
      『当然知ってる』って思ったんだろうなぁ~~・・・

 

「それじゃあ、その航空会社の人は、
日本に再入国するための書類を持っていないから、
“この人は入れてもらえないかもしれないな”って、
うすうすわかっちゃったってことなのかな?」


「はい、そうですね。
だから、帰るときの飛行機代は自分で払ってねということですね。」


「はぁ・・・」

 


なんか、そのへんの仕組みはよくわかんないんだけど、
とにかく、青年はマヌケだったんだってことは、
わかったような気がする。

でも、それをぜんぶ入国管理局のせいにしようとしているというのも・・・
わかったような気がする。


「結局1時間調べてわかってもらえてよかったです。」


「はぁ~、ほんとによかったよかった・・・」


「帰ることになったら飛行機代は自分で払わなければなりませんし、
こんなにばかばかしいことはありません。
僕はほんとに日本人の妻と結婚したとたんにこんなことになって、
ほんとにびっくりしてしまいました。」


「大変でしたねぇ~~。」


「はい、ほんとに。
結局また手続きのために韓国に戻らなきゃいけなかったので、
あぁ、お金がかかりました。ほんとに。」


「はぁ、お疲れさんでした。」


「でもね、僕は結局信じてもらえたし、その時すぐに韓国に帰らなくてすみました。
はじめに入った部屋にはですね、
ほんとに深刻な状態の人がたくさんいたんです。」


「止められちゃった人たちですか?」


「はい。」


「ほんとにパスポート偽造とか、
やっぱりそんな本格的な人もいるんでしょうかね。」


「パスポートがそもそも偽造な時もあるでしょう。
そしてほんとに麻薬とかそういう反社会的なことをしている人も、
もしかしたらいたかもしれません。

それから、観光ビザで入っておいてアルバイトをしてお金を稼ごうと、
そういう目的で来ている人もいたかもしれませんね。、
本国の貧しい生活をしている家族や親戚に送金して、みんなを養うためです。」


「わぁ・・・」


「そういう人たちは、借金をしたり親戚中からお金をかき集めたりして、
それをブローカーに渡して日本にやってくるわけですね。
そして、入国審査をドキドキしながら通過するのですが・・・」


「そこで怪しまれてしまっては、おしまいなのですね。」


「そうです。」


「・・・・」


「そこで本国へ返されたら、
飛行機代は自分で払わなければなりません。
本国にいては絶対に返せないようなたくさんの借金をして、
やっと日本に来たのに。
送り返されてまたさらに飛行機代が借金になるでしょ。、
そうなったらもうどんなことになるか・・・
やはりとても気の毒な状況なのです。」


「それはほんとに、
違法は違法だけど・・・つらいな。」


「はい。」


「その人たちは、どんなふうでしたか?」


「いろんな人がいました。
いちばん多いのは、携帯であちこちに電話して大きな声で話している人。
僕と似た状況だったかもしれませんね。
となりに座った人が、携帯を貸してくれと言いました。
でも僕が持っていないと言ったら、
『携帯を持っていないなんて』と、とても不審そうに見るのです。
ほんとに持っていないのに。
そして“あなたも持っていないじゃないか”と思いました。」


「あは。」


「他にはね、床にひざまづいて祈り続けている人がいました。
ずっと泣き続けている人もいました。
もう体をくねらせるようにして泣いて泣いて。」


「・・・・・」


「あの中からどれだけの人がほんとに帰されてしまったのかな。」


「うぅ~ん・・・つらいなぁ。」


「はい・・・
でも、ほんとに違法の場合はしょうがないですからね。
そういう運命ですね。
とても不幸で悲しいことです。」


「・・・・・」

 

部屋の空気が重くなる。

 


「では、今日のプリントです・・・」


「はぁい・・・」

 


長い長い前置きのあと授業が始まったのだった。

 

 

 

 

ネットであちこち読んでみると、
日本人も外国の入国審査で別室に連れていかれることがあるようですね。
「もう少し詳しく聞かせてください。」というニュアンスのことは、
よくあるように書いてありました。
いかに入国審査官の心証をよくするかというようなアドバイスもありました。

 

初めて韓国に行った時に入国の窓口で並んでいると、
となりの窓口付近がざわつきました。

いかにもバックパッカーの貧乏旅行という風情の日本人青年二人が
ちょっと脇に待たされていました。

どうしたのかなと思っていたけど、
その時はまだまだ入国拒否なんていう言葉が思い浮かばない初心者でした。
なにしろ飛行機も海外も初めてでしたから。


窓口で自分の番になったら、いきなり「泊まるホテルは?」と聞かれ、
内心「なんであなたにそんなこと言わなきゃいけないの?個人情報じゃん。」
なんて思った私は、あまりにも世間知らず・・・

いえ、もちろん「○○ホテルです」と正直に答えましたが。

見るからに善良な韓流好きおばさんに見えたはずなので、
もちろんなにもなく通過でした。


こうしている今も、どこかで誰かが怪しまれたり認められたり、
止められたり送り返されたり解放されたり・・・

あぁ・・・
『世の中はドラマで溢れてる』
なんていう言葉で終わらせるのは、ちょっと今回はきびしい気分。

たくさんの重くてやりきれないドラマにも繋がっていきそうな話題なので。

 

 


    ♪ 本日の ワンポイントはんぐんまる(韓国語)♪

 

 

■ 空港で    つかまりました。

  コンハンエソ チャピョッソヨ


■ 僕は   日本女性と     結婚したのに

  チョヌン イルボンヨジャラン キョロンヘンヌンデ


■ 入国管理局

  イプグククァンリグク
   

■ 入国ビザ

  イプグクビジャ


■ 携帯電話 貸してください

  ハンディポン ピリョジュセヨ

         後の調べで、携帯電話は韓国では
         「ヘンディポン:handyphone」「ヒュデチョナ:携帯電話の漢字そのまま」
         「ヒュデポン:携帯phone」 という言い方がされていて
          青年によると、一番使われているのは「ヒュッデポン」のようです。(2011年8月)


■ 持っていません

  カジゴイッチアナヨ


■ ほんとですか?

  チョンマリエヨ?


■ ほんとです

  チョンマリエヨ

 


 

 

 

                                                                                           

 

 

 

                                                

                                                                      

                                                  

 

 

10 Comments

  1. どははははh~
    >ハンディポン
    大爆~いや、笑ったら失礼なのかもだけど~><
    ハンディ「ポン」ヒイヒイ~彼が言ってるとこ想像したら
    もう可愛すぎて無理~

  2. rzちゃんコメントありがとう♪
    >ハンディ「ポン」ヒイヒイ~彼が言ってるとこ想像したら
    もう可愛すぎて無理~
    うふふ。
    パピプペポになっちゃうことを想像しながらいろいろ思い浮かべると楽しくなってしまう(*^m^*)
    だからコーヒーはコピだし、フォークはポクだし、
    ファンはペンで・・・・
    ちなみに、ハンディポンは「Handy Phone」ていう英語なわけですが、
    携帯電話をそのまま韓国語で発音する「ヒュデチョナ」という言い方もあります。
    青年ではなく、あの“彼”はどちらを使っているのでしょうね。
    なんか、知りたくなっちゃった^^

  3. しばらくぶりの浮上でございます^_^;
    あのー 例の彼のDS韓国語講座の中で「携帯電話」は「ヒュデポン」って言ってましたが(彼じゃないけど)
    これは「ハンディポン」と「ヒュデチョナ」が混ざっちゃったってこと?
    どれが一番“今”なのでしょうか?
    私は海外へは行った事がないので、入国審査でそんなに止められちゃう人が多いなんて思ってなかったし
    止められる人=悪いことした(しそうな)人、と思っていました^_^;
    青年も、事前の下調べが不十分だった事は棚の上の上にあげて、
    「僕は悪くない!」と言い切ってしまうあたり、韓国人ですね。
    日本人だと、とりあえず謝らなくちゃ!とか
    悪くないと思っても「もしかしたら私が悪かったのか?・・・」とか考えがちだもんね。
    でも確かに青年、今回は災難でしたね^^
    お疲れ様でした。ご無事でなにより!
    Lusieta さん、いつも面白い(?)お話ありがとうございます^^
    また、聞かせてくださいね。楽しみにしています(*^^)v

  4. わー・・・
    青年 ご災難でしたね(^^)
    日本人の妻をもらったばかりに
    (・・って話じゃない 手続きミスだよね^^;)
    でも 貴重な体験をしましたね。
    普通に 行き来している人の多い空港も
    「ちょっと横へ連れて行かれる」と 
    実に 様々なドラマにあふれているのだなあ・・
    あ・・(--;) 思い出した。
    私も昔 横へ連れて行かれたことがありました。
    新婚旅行でタイ行った時 旦那がお腹を壊してしまって
    入国審査のアンケートの「今下痢をしている」をチェックしたら
    「こっちへ来てください」と言われて お腹壊してないアタシまで 旅程が一緒だからと検便する羽目になった。
    結婚して 新しい苗字を公的に書いた先が「検便容器のシール」ってのはなんてことだ とトホホな気持ちでした。
    ちなみにその検査結果が後日出て 私はシロでしたが 
    オットは「ビブリオ菌」と「サルモネラ菌」に侵されておりました。
    でも 検査結果が後日出るってのは
    ・・赤痢とかだったらどうするんだろうなあ。

  5. ちのっちさん コメントありがとうございます♪
    >あのー 例の彼のDS韓国語講座の中で「携帯電話」は「ヒュデポン」って言ってましたが(彼じゃないけど)
    あ・・・聞いたことあるかもです。
    >これは「ハンディポン」と「ヒュデチョナ」が混ざっちゃったってこと?
    どれが一番“今”なのでしょうか?
    いやぁ~、DSはその彼が監修したんですよね。
    だからやっぱりそれが”今”のような気がしますよね。
    ちのっちさん、貴重な情報ありがとうございます!!
    つまり『携帯phone』かぁ~。
    こういうのは和洋折衷じゃなくて韓洋折衷だね。おほほ。
    その彼に聞くわけにはいかないけど、
    かわりに青年に聞いてみますね。
    それで、一番”今”の表現が↑と違っていたら書き換えますね!
    >私は海外へは行った事がないので、入国審査でそんなに止められちゃう人が多いなんて思ってなかったし
    止められる人=悪いことした(しそうな)人、と思っていました^_^;
    そうなんですよね、私もテレビや映画からの情報だけだから
    そう思っていました。
    >日本人だと、とりあえず謝らなくちゃ!とか
    悪くないと思っても「もしかしたら私が悪かったのか?・・・」とか考えがちだもんね。
    そうそう、んで、謝ったことでさらに悪い方向に行っちゃったりなんかして・・・
    すぐ謝る人と強気で攻めていく人、
    なんか、外交にも特色が出ちゃってる気がするんだけど・・・
    >Lusieta さん、いつも面白い(?)お話ありがとうございます^^
    また、聞かせてくださいね。楽しみにしています(*^^)v
    わぁ、そう言ってもらえるとうれしいです♫
    ほんと、励みになります。ありがとう!!
    またよろしくお願いします。

  6. ボニさん コメントありがとう♫
    >わー・・・
    青年 ご災難でしたね(^^)
    日本人の妻をもらったばかりに
    (・・って話じゃない 手続きミスだよね^^;)
    はい、単なるオマヌケさんと呼びたくなるお話でして。
    >あ・・(--;) 思い出した。
    私も昔 横へ連れて行かれたことがありました。
    はぁ~~~!?
    >新婚旅行でタイ行った時 旦那がお腹を壊してしまって
    入国審査のアンケートの「今下痢をしている」をチェックしたら
    「こっちへ来てください」と言われて お腹壊してないアタシまで 旅程が一緒だからと検便する羽目になった。
    それって、かなりすごい話じゃないですかぁ~~!!
    こないだインフルエンザの流行のとき、
    日本に観光できて発熱していて結局空港から出られないまま日程全消化っていうアメリカ人さんいましたよね。
    気の毒すぎる。。。
    ボニさんもそんな目にあったのかと思いきや・・・
    >ちなみにその検査結果が後日出て 私はシロでしたが 
    オットは「ビブリオ菌」と「サルモネラ菌」に侵されておりました。
    でも 検査結果が後日出るってのは
    ・・赤痢とかだったらどうするんだろうなあ。
    後日ってことは、検査すませて結果が出る前にさっさと空港をあとにすることができたの?
    ほんと?
    いや、しかしとにかく赤痢とかじゃなくてよかったよね。
    オットさん、無事でよかったです。
    新婚旅行で、それこそ災難だったね。
    でも、やっぱその検査体制はどうなんだ?
    >結婚して 新しい苗字を公的に書いた先が「検便容器のシール」ってのはなんてことだ とトホホな気持ちでした。
    そりゃ、ネタとして語り継がれるなぁ~。
    なんか、その一点でうらやましいかもなぁ~。
    >普通に 行き来している人の多い空港も
    「ちょっと横へ連れて行かれる」と 
    実に 様々なドラマにあふれているのだなあ・・
    うん、今度空港行ったときは、そんなことに思いをはせてしまいそうだ。

  7. あの~~
    私がこんなこと語ったものだから、
    「読んだよボタン」からコメントくださった方が、
    韓国へ旅行にいくことが心配になってしまわれたようなんです。
    もしかして、ほかにもちょっとビビッてしまったかたがおられたら、
    申し訳ないなあと思います。
    あの、あらためて言いますが、
    ほとんどの人は普通に通過なわけですから~~、
    どうか怖がらないで行ってくださいね!!
    私は、韓国1回めの旅行のときは宿泊場所を聞かれましたが、
    2回目は無言でパスポートと質問票をチェックされただけでした。
    「こんにちわ」もなく、ただ無言。
    こっちはニコッと笑って「アンニョンハセヨ」って言っちゃったりなんかしたので、
    ちょっとムッとしたりしました。おほほ。
    そんな感じです。
    だからみなさん、心配しないで、ぜひ楽しく旅行してくださいねぇ~~!!
    あ、でも、下痢してるって書いたら、
    ああなってこうなるみたいですが(^^:)

  8. 私が 渡航後検便女です。
    >それって、かなりすごい話じゃないですかぁ~~!!
    そ・・そお? えへへ すごいのか?
    (^^//)えっへん! (なんか違う気がする・・)
    >後日ってことは、検査すませて結果が出る前にさっさと空港をあとにすることができたの?
    >ほんと?
    うん・・・もう かーなーりー昔だから 記憶があいまい。
    記憶をたどっていたら 最寄の保健所へ行ったのも思い出した。
    もしかしたら 空港では 簡易検査だけして帰されて
    後日 最寄の保健所へ検便を提出した・・のだったかも。
    ともかく 空港からはその日帰りました。
    で 検査の結果が出たのは かなり(半月くらい)後。 
    電話で「オットさんはすぐ再検査してください」と言われた。 
    でも その頃には「ビブリオ菌」は自然に消えていて「サルモネラ菌」だけ残ってるとかで 数日間薬を飲んでいました。
    そんな検査体制はどうよ と思うよねえ。
    あー! でもやっぱり 当時はそういうシステムだったと思う。
    その話を職場の先輩にしたら 先輩の弟さんはインドかなんか行った帰りに下痢をしていて 後から電話で「この数日 人ごみに行きましたか?!」と聞かれた時 「プール」と「繁華街」と答えたら 保健所の人が大慌てだったという話を聞いたもん。
    今は もっと厳重な検査体制・・・なんじゃないかな。たぶん。
    朝からビローな話で申し訳ないですが・・

  9. ボ・・・ボニさん・・・
    >私が 渡航後検便女です。
    ほんとにいいのか? 呼んでいいのかぁ~~?
    >>それって、かなりすごい話じゃないですかぁ~~!!
    >そ・・そお? えへへ すごいのか?
    (^^//)えっへん! (なんか違う気がする・・)
    うん・・・違うよな。違う。
    >ともかく 空港からはその日帰りました。
    で 検査の結果が出たのは かなり(半月くらい)後。 
    すごいね。そのあいだずっと普通の生活してたんだもんね。
    そのシステムじゃあ全然水際でくいとめるとかできないってことだよね。
    検査結果でるまで、野放しボニ。
    >電話で「オットさんはすぐ再検査してください」と言われた。 
    ほんとに重い病気に感染してたら、とっくに症状出ちゃって手遅れになりそうだわ。
    >そんな検査体制はどうよ と思うよねえ。
    >あー! でもやっぱり 当時はそういうシステムだったと思う。
    きっと今は変わってるんじゃないかな。
    いや、変わってなきゃだ。
    今はもっとすぐにわかる検査技術が導入されてるかもしれないし。
    >その話を職場の先輩にしたら 先輩の弟さんはインドかなんか行った帰りに下痢をしていて 後から電話で「この数日 人ごみに行きましたか?!」と聞かれた時 「プール」と「繁華街」と答えたら 保健所の人が大慌てだったという話を聞いたもん。
    大慌てするなら、「結果が出るまで家から出ないで!」って言わなきゃだ!!!
    なんか、逆にすごいって思うわ。
    やっぱりきっと今は違うよね。
    いや、違うと信じよう!!
    >朝からビローな話で申し訳ないですが・・
    いやぁ、ためになりますだぁ~~~。
    ほんと、ここはおもしろい経験者がいっぱいだ。
    いや、面白い人に面白い経験が集まってくるような気がするけど・・
    いや、自分でおもしろいこと引き寄せちゃうのか、
    いや・・・・なんでもおもしろがってしまうってことか?・・・
    おほほ。

  10. 誰にも気づかれないと思うのですが(笑)
    ちのっちさんが
    >あのー 例の彼のDS韓国語講座の中で「携帯電話」は「ヒュデポン」って言ってましたが(彼じゃないけど)
    と教えてくださった件について、
    やっと青年に聞きました(^_^;)
    あの直後から1ヶ月以上授業を欠席し、
    復帰したあとも毎回聞き忘れ(-_-;)、あとで「あぁ~、また忘れた!」と思っていましたが、
    ついに本日(もう昨日だけど)休憩時間に聞きました。
    「先生、携帯電話って、韓国語では
    ヒュデチョナ、ヘンディポン、ヒュデポンと、言い方が三つあるようですけど、
    一番よく使われてるのはどの言い方ですか?」
    ききました。
    そしたら
    「うぅ~~ん、ヒュデポンかな。」
    とのことです。
    そしたら、ちのっちさんのおっしゃるとおりでしたぁ~!!
    教えてくださってありがとうございました(^o^)
    でも・・・
    誰も気づかないよな、これ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*