『そや☆コリ』15 新婚1年、幸せな”お一人様”

   img10361236712.jpg

こんなにご無沙汰でごめんなさい!!

とにかく書けてうれしい(涙)

いきなりですが、
実はワム青年は、去年の10月に結婚しました。
日本人の女性と。

なので、「そや☆コリ」開始時のプロフィールを
書き換えなきゃいけないことに、さっき気づきました。

「恋人(日本人)と早く結婚したいと思っている」を
「奥さん(日本人)と仲良く暮らしている」にしなきゃです♪

 写真は「楽天」よりお借りしました。

 

  
 


結婚の件をみんなに言わなかったのは、
別に隠していたわけじゃない“らしい”のだけど・・・

その時期らしき昨年の8月、
教室の長老的存在のI子さんの訃報が飛び込んできたのは事実。
(『そや☆コリ』6 彼女はホサンで逝きました)

 

それで自分の結婚話どころじゃなくなったまま、
みんなに言いそびれて3ヶ月・・・・

結婚式もとっくに終わって、
ビザのあれこれで韓国に帰っている間のピンチヒッターの若い青年が、
授業の最中にポロッと「ワムさんの結婚式の時に・・・」


私たち
「はぁ~~! なんだってぇ~~!?」


その一週間後の授業で、私たちは青年をシメた(笑)

「ちょっとぉ、先生、どういうことですかぁ~~はぁ~~?」

「私たち、思えば結構長いつきあいですよね~。」

「私たち、いろいろ相談に乗りましたよねぇ~~~。マジで一緒に悩みましたよね。」

「先生の幸せをめっちゃ応援してきたんですから、内緒は困るなぁ~~」


ネチネチ・・・ネチネチ・・・

きっと青年は心の中で、ブルッと震えたはずだ。


「いやぁ・・・ほんとにすみません。
話そうと思ったその日にI子さんが・・・」

「あの・・・僕の口からみなさんにちゃんと言おうと思っていたのに、
ヒニョンが先に言っちゃって・・・
あは・・あはあは・・・ほんとに・・・ごめんなさい・・・」


小さくなっている。


「私たち、先生に決まった方がいらっしゃることは、
春からとっくに知っていましたよ。
I子さんが“息子がいよいよ結婚の話をしてくれるのを待ってる気分だ”って・・・」

そこで私はぐっと詰まってしまった。

 

「ほんとにすみません。
これ・・・みなさんに。」


日本の美術史を専攻する彼らしく、
渋い渋い日本画のポストカードに印刷された

“一期一会
   私たち、結婚しました”

メンバー
「わぁ~渋い!」「きれい。」「上品・・・」

青年
「あの・・・もうひとつ、こんなのも・・・」


それはまた全く違う色合いの1枚。写真のポストカードだった。

チマチョゴリの花嫁衣装に身を包んだ美しい新婦と、
普通のサラリーマンにしか見えないスーツの新郎が
式場から食事会(披露宴と呼べるものではありませんと何度も謙遜するので)へと
会場移動する道中のワンシーン。

風情のある花街を通り抜ける時だそうだ。
チマの裾を大胆に持ち上げて勇ましく歩く彼女と、
両手に大きな荷物を運ぶ彼が、
なにかの拍子に大笑いをしたのだろう。

二人ともワッハッハと嬉しそうに大口開けてる一瞬をとらえた、
なんともステキなステキな写真なのだ。

そのポストカードを見ただけで、
「なんで早く言ってくんなかったんだ~このヤロー」は消えてしまった。

見た人がみんなうっとり笑顔になってしまうような、
そんな幸せビームを感じる、すごくすごくいい写真だったのだ。


I子さんに見せたかったと心から思った。

「今、I子さんもめっちゃ喜んでると思うわぁ~~」と、
やっと言って泣き笑い。
そうだ、きっと大喜びしているにちがいない。


みんなで
「おめでと~~~!!!」

 

   青年ってば、日本に来て10年、彼女に出会って10年。
   最初にいきなり好きになって、でもその時彼女には彼氏がいて・・・
   淡い片思い8年半のあいだには、
   青年はそれなりにいろんな女性とあれこれあれこれ・・・
   
   でも、結局こんなふうに実を結んだんなんて、ドラマチックだし、
   とにかくほんとに幸せになれたみたいだから・・・

   うぅ~~ん、めっちゃよかったじゃ~~~~ん!

 


みんなにカミングアウトして安心したのか
途端にもう彼女のことをしゃべるわしゃべるわ(-_-;)


私たちはその日いきなり、
彼女の名前、職業、年齢、ご実家の所在地、彼女の両親の職業や趣味、
家族構成、彼女が結婚に際して持ってきたもの、引っ越しの時の会話・・・

あぁ・・・
尋ねたわけじゃないのに、一挙に知識を増やしたのだった。


元々「超赤裸々おしゃべり君」の青年、
よく今日まで黙っていたよねと褒めてしまいそうになるのだった。

 

 

ーーーーーー

 

 


という訳で、ワム青年はもうすぐ結婚1周年。

ケンカなんて一度もしたことはなく、
彼女は穏やかな優しい人で、いつも幸せなんだそうだ。

よかったよかった(^^)

 

んで・・・

今年の8月のある日、授業のあとの夕方へと、

いきなり話は飛ぶ。

 


私は、家族がキャンプや研修やバイトでみんないなくて、
すごく自由な気分でいた。
小さな映画館でマニアックな映画を見ようと決めていた。

帰り道の途中、

「あ、シータさん、いつもここから駅に降りるんですよね?」

「あぁ、今日はね、○○シネマで映画見ようかなって思ってるんで。
ちょうど今夜、家族みんないないんです!」

きっと私の顔は、自由の喜びに光り輝いていたのだろう。

「え?! ほんとですか?
では、ご一緒しましょうか? 僕、おつきあいしましょうか?!」


なんか、青年、ものすごく嬉しそうなんですけど・・・
映画を一緒に見るってこと?


「実は、彼女が2週間の研修でいないんです。
携帯が通じないところで・・・」

「えぇ~~そうなんですか。
2週間・・・そりゃ長いですねぇ。全然連絡できないんですか?」

「はい、してはいけないので。」

「わぁ・・・そりゃ寂しでしょう。」

「はい。」


素直・・・


「それで、あちこちに電話して、
一緒にご飯食べましょうとか、お酒飲みましょうとか誘うのですが、
みんなにふられてしまって・・・
1人ではご飯作る気持ちになれないし。」

あ・・ご飯? 映画じゃなくて?・・・


ここで私は気づいてしまった。
ワム青年は「おひとり様なんてとんでもない!」の青年だった(>_<)

日本に来て10年、牛丼屋さんもカフェも、
1人で入ったことがないのだった。
  (『そや☆コリ』14 "お一人様"なんてありえません!!)

だから当然この2週間の間も、
一緒に行ってくれる人がいないと外食もできないってことだ。

 

「わぁ、ほんじゃあどっか行きましょっかぁ~~。」

私は繁華街の歩道で必要以上にデカくて元気な声を上げた。


「そうですか?!
それじゃあコーヒーにしますか?それとも・・・」


一応遠慮がちにお伺いをたててる。
コーヒーだなんて、心にもないことを・・・

絶対ビール飲みたいくせに(笑)


「そりゃビールでしょ~!!」

「あは!」


青年は、絶対嬉しそうな顔をしたはずだ。見えなかったけど。
だってもう、二人ともそっち方面に向けてガシガシ歩き出していたから。


店に入ったのが5時半、私たちはずっとずっとガンガンにしゃべり続け、
気づくといつのまにか9時を過ぎていた。

別れ際、

「今日、僕、しゃべりすぎましたね。」

「いえいえ私もいっぱい話しました。すごく楽しかったです。」
    

比率で言えば6対4か7対3で青年のほうが多かったかもしれないけど、
それでもこの日は私も負けじとしゃべった方だ。

おもしろかった。

 

青年の、あまり“日の目”を見ない専門分野のことは、


「韓国では、
“そんな時代の絵画作品が一枚も残っていないのに、
研究してもなんにもならない。”と言われました。
だれにも評価されないと。だから日本に行こうと。

「どうしてもやりたかったことなんですか?」

「はい。
そして、来てみたら、やっぱり日本ではOKでした。
そういう誰もやっていないところ、
検証すべき証拠の美術作品を探すのがとても困難なところでも、
とにかく研究することを認めてくれました。」

「んじゃあ、研究しつづけてそれが立証されたら、
先生はそこの部分ではパイオニアってことですか?」

「はい。今はどの東洋美術も、中国からからが出発だと思われていますが・・・
・・・・必ずしもそうではなくて・・・・僕の仮説では・・・・
・・・しかしそこの時代の絵画は李朝が誕生した時に・・・・
・・・証拠となる文献や絵画はきっとあるはずで・・・

・・・・アアシテコウシテ・・・カクカクシカジカ・・・

(なんかむずかしいけど) わぁ、すごい!それってみつかりそうですか?」

「わかりません。ずっとずっと探しています。きっとあると思っています。」

「でも、ずっと探し続ける予定ですか?」

「はい。」

 そっかぁ~。がんばってるんだね、青年。

ほかに、おいたちのこと、恋愛のこと、結婚のこと、奥さんの実家のあれこれ・・・
韓国でモヤモヤと自分の生き方を考えていた留学前のこと、
日本での就職への意気込み・・・・

 

最後に、
「やっとこのごろ思えるようになりました。
キャリアや資産といった価値基準から自由になれるって。」

「はぁ・・・それって、地位とか名誉とかお金がなくたっていいってことですか?」

「はい。贅沢な暮らしより、大学での地位より、
もっと僕には大切なものがあります。
それさえ自分のもとにあったら、
僕は畑を耕して牛を飼って生きていってもいいなあと・・・」


大切なものって、奥さんのことだろうなって思った。
いや、奥さんと研究?

なんか、嬉しかった。

青年に出会ってから3年半、
一時はちょっと自暴自棄になりかけてた彼の人生だったけど、
こんなセリフが言えちゃうような幸せが今、彼のもとにあるんだな。

 

せっかくのこの時間を忘れちゃったらもったいないので、
アルコールは最初のコロナビールと次のスパークリングワインだけで、
けっこう必死に我慢した。

しゃべりすぎて喉が渇くと水を飲んだ。

 

 

帰りの電車の中でしみじみ思った。
「生きてると、おもしろいことがあるもんだな。」


ある日となりの国の俳優に恋をしたら、その国の言葉を知りたくなった。

それでちょこっと門を叩いたら、いろんな出会いが待っていた。

そしてそして・・・
となりの国で自分よりもずっと後に生まれた人と、
お酒を飲みながら時間を忘れて話し込む・・・

そんな日が来るなんて思ってもみなかった。
さらに、そんなことを書き綴って人に読んでもらおうとするなんて、
もっともっとありえなかった。

 

「うん、生きてると、おもしろい。
んで、きっとまだまだこれからも、いろいろいろ~いろおもしろいはずだ。

だから、元気でいたいな。
元気でいなきゃな!」


窓に映る自分の顔をみながら、
唇だけで「ファイティン!」と言った。

 

 

 

だからみなさんも、

からだ大事にしてね。

ずっと元気でいましょうね。

いっぱいおしゃべりしましょうね。

 

まだまだ暑くて、それなりにいろいろ疲れる毎日だけど、

小さな「むふふ、オモシロイ♪」で、

今日も笑える日でありますように(*^_^*)

 

 


   ♪ 本日の ワンポイントはんぐんまる(韓国語)♪

 


■ 僕は   結婚しました。

  チョヌン キョロネッソヨ


■ 僕の 妻を   紹介します

  チェ アネルル ソゲハゲッソヨ


■ 妻に    連絡することができません

  アネエゲ ヨルラッカルスオプソヨ


■ さみしいです

  ウェロウォヨ


■ 一番   大切なものは・・・   妻です

  カジャン ジュンヨハンゴスン・・・アネエヨ

 

 

 

 

 

 

 

21 Comments

  1. わああ、しーたちゃん、
    『読めてうれしい!』ぞ。
    熱い韓国青年もついにハッピーエンドを迎えたのだね。
    それにしても、
    >日本に来て10年、彼女に出会って10年。
    >淡い片思い8年半のあいだには、
    いろんな女性とあれこれあれこれ・・
    色んな女性とアレコレ・・と聞くと、真っ白な過去とは行かないようだけど、
    ちゃ〜んと8年半の片思いを実らせ、ちゃんと口説き落として、
    ついに結婚!らぶらぶ新婚生活。えらいっ!
    韓ドラの王道だ〜〜!
    それにしても②
    >彼女の名前、職業、年齢、ご実家の所在地、彼女の両親の職業や趣味、
    >家族構成、彼女が結婚に際して持ってきたもの、引っ越しの時の会話・・・
    >尋ねたわけじゃないのに、一挙に知識を増やしたのだった。
    男性はそういう事を話したがらないモノ、って言うのは
    全くの幻想よねえ。
    先日、友だちの「彼女いない歴25年」の息子さんに、
    初の彼女ができたら、親にしゃべりまくって、まくって止まらなかった。
    と聞いたばっかり。
    「女親に、そ、そんなことまで言わんでもいい」と言うところまで、幸せだとしゃべりたい。
    ああ、いいなあ。
    しーたちゃんたち、韓国語教室の「みんなの息子」ちゃんだから、
    うんうん、と嬉しく聞けちゃうよね。
    でも、そんなことまでしゃべっちゃってるって、彼女が知ったら、
    ショックかも〜〜!(私なら、殴る!)
    それにしても③
    しーたもエラい。
    >せっかくのこの時間を忘れちゃったらもったいないので、
    アルコールは最初のコロナビールと次のスパークリングワインだけで、
    けっこう必死に我慢した
    この自制心!取材ココロ。
    どっかの酔いどれ作家に聞かせてやりたいのう・・。
    本日の ワンポイントはんぐんまる♪
    ■ さみしいです
      ウェロウォヨ
    う〜ん、使えそう(笑)
    ■ 一番   大切なものは・・・   妻です
      カジャン ジュンヨハンゴスン・・・アネエヨ
    こっちは「妻」のところに色々なタンゴを当てはめれば良いのだな。
    「夫」はいいから、目の前の「あなた」と言う場合は
    どう言ったらええのかしら?(笑)

  2. わーい、わーい!
    『そや☆コリ』があった~。久しぶりだー!嬉しいー!
    ワム青年 結婚したんだよねえ。オメデトウ!
    >私たち
    >「はぁ~~! なんだってぇ~~!?」
    そうだよね。 全く 毛ほどの関係もないアタシだって
    「えええええ?! 3ヶ月も前?
     聞いてないぞー(シータ経由で)!!」 と思ったもん。
    でも その後の幸せそうなワム青年の話 いいなあー。
    苦節10年。 幸せになって本当に良かった!
    チマチョゴリを花嫁衣裳に選んだ奥さん。 ワム青年が大好きなんだよね(T-T)うん。 良かった。
    しかし 1人でご飯が食べられないってのはホントなんだねえ。
    日本が長いんだから 少し進化(?)してもいい気がするけど
    韓国の人は 寂しがり屋さんなのかな(^m^)カワイ。
    >帰りの電車の中でしみじみ思った。
    >「生きてると、おもしろいことがあるもんだな。」
    本当ね。 自分では思いもしなかったことがある。
    出会えたり 笑えたり 好きになったり 楽しかったり
    まあ時にはきしんだり でも 生きてないとそれも出来ないもんね。
    うん 一所懸命 元気でいましょ!

  3. げ・・ アンコちゃんがいた(^^;)
    >>アルコールは最初のコロナビールと次のスパークリングワインだけで、
    >>けっこう必死に我慢した
    >この自制心!取材ココロ。
    >どっかの酔いどれ作家に聞かせてやりたいのう・・。
    よ・・呼んだ? (T-T)

  4. あぁ~~いいお話を聞かせてもらったなって…しみじみ思いました!
    本当に 一人の俳優に心をつかまれただけなのに…
    世界中に友達ができてしまった気分です!
    いつでも…どこでも…あっという間に友達になれる…。
    不思議ですね!
    ワム青年も隣のお兄ちゃん感覚です!
    結婚おめでとう~~♪幸せにね~~♪

  5. わ~~~~~~~いシータさん!!!
    待っていました!!!
    >ずっと元気でいましょうね。
    >いっぱいおしゃべりしましょうね。
    はい!
    最近それをすごく実感しています。
    ゴルフ狂のヒトに聞いたのですが
    「ゴルフが楽しいっていうより…ゴルフ仲間とのあれこれが楽しい」
    もしかして私も…
    「彼が好きっていうだけじゃなくて…彼仲間とのあれこれが楽しい」
    んだと思う!

  6. シータさん、久しぶりの『そや☆コリ』ありがとう~~~♪
    ワム青年~ご結婚おめでとう~~~☆☆☆
    会ったこともない方なのに、すっかり身近なお兄ちゃんに
    なっていたワム君なので、嬉しいです^^。
    インタヴュアー兼コメンテイターのシータさんも笑えます~!
    暑い最中に、ビールを控えて集中!
    ご苦労さま~~おかげで、ステキなお話をご相伴です。
    本当に、隣の国の彼に恋してしまってから
    人生バラ色♪・・(とばっかりは言えないけれど^^;)
    世界は広がる~友達ものすご~く増える~
    PCも使っちゃう~
    何か、毎日に張り合いができました! 幸せ!!!
    人生、捨てたもんじゃないですね~~♪

  7. お久しぶり~!
    なんと ワムちゃんがキョロネッソ?
    おめでとう\(^o^)/
    会った事も話した事もないのに
    幸せを掴んだのが 嬉しい!
     
    日本の大学で苦労して勉強も 恋もやり遂げるパワーは凄いね!
    仕事(韓国語教室)も皆さんに愛されているようで
    読ませてもらっている 私達にまで
    溢れる幸せのオーラが届いたよぉ~♡♥
    本当にちょこっと門をたたいただけで こんなにも素敵な
    仲間と出会えるなんて 思いもしなかった。
    一日はどう過ごしても一日だもの 
    どうせなら 笑って 笑い飛ばして 元気に生きて行こうね!!

  8. あんなちゃん
    >わああ、しーたちゃん、
    『読めてうれしい!』ぞ。
    うぅ、ありがとう!!
    こんなに間があいてしまったけど、なんとか復活したです~!
    >それにしても
    >色んな女性とアレコレ・・と聞くと、真っ白な過去とは行かないようだけど、
    ちゃ〜んと8年半の片思いを実らせ、ちゃんと口説き落として、
    ついに結婚!らぶらぶ新婚生活。えらいっ!
    韓ドラの王道だ〜〜!
    なるほど・・・
    うんうん、マジで韓ドラの王道かもしんない。
    ほんとにもう・・・
    よくぞ彼女をゲットできたものだと、なんでだかわかんないけど、
    超ものすごい幸せものだと思います。
    >それにしても②
    >男性はそういう事を話したがらないモノ、って言うのは
    全くの幻想よねえ。
    うん、話したくってたまらない動物なのかもしんない。
    いや、人によっては。
    >先日、友だちの「彼女いない歴25年」の息子さんに、
    初の彼女ができたら、親にしゃべりまくって、まくって止まらなかった。
    と聞いたばっかり。
    あ・・誰だかわかったぞ(笑)
    >「女親に、そ、そんなことまで言わんでもいい」と言うところまで、幸せだとしゃべりたい。
    ああ、いいなあ。
    わぁ・・・どんなことだろ。聞きたい・・・
    わぁ、さっそく想像してしまってる私(*^_^*)
    しかし、うちの息子たちは秘密主義でなにも教えてくんないのはなんで?
    彼女いない歴23年だと思っていた次男は、1年半前から彼女がいたってことが、
    こないだ彼のいとこルートで暴露されたぞ!
    >しーたちゃんたち、韓国語教室の「みんなの息子」ちゃんだから、
    うんうん、と嬉しく聞けちゃうよね。
    でも、そんなことまでしゃべっちゃってるって、彼女が知ったら、
    ショックかも〜〜(私なら、殴る!)
    うん、私も確実に殴る!(笑)
    「離婚やぁ~~!」って言うかも。
    でも、前のときと比べて、ほんとにもう彼女を好きでたまらない感じがして、
    ほほえましすぎて彼女も許しちゃうかもって思ったりします。
    >しーたもエラい。
    >この自制心!取材ココロ。
    どっかの酔いどれ作家に聞かせてやりたいのう・・。
    あっはぁ~ん、そうだよねぇ~ん。
    私なんか新幹線でわざわざ東京行ってやっと会えて喜んでるのに、
    私のほっぺをつかんで振り回したことも、彼女は全然覚えていないんだもんねぇ~~(@_@)
    私としては一生モンの甘酸っぱい思い出なんだけど(笑)
    >>■ 一番   大切なものは・・・   妻です
      カジャン ジュンヨハンゴスン・・・アネエヨ
    >「夫」はいいから、目の前の「あなた」と言う場合は
    どう言ったらええのかしら?(笑)
    ■ あなたです 
     タンシニエヨ
    あなたは 「タンシン」  “です”が、「イエヨ」
    くっつくと タンシニエヨ
    ■ ちなみに妻は「アネ」 アネとイエヨがくっついて省略されちゃって アネエヨ
    ■ せっかくだから“一応”夫も(笑)
      夫です
      ナンピョニエヨ  
      夫は「ナンピョン」
    ■ 彼です なら
      クエヨ とか 「クサラミエヨ」
      彼は「ク」とか「クサラム」 
      クサラムは「あの人」の意味もあるので、女性に対しても使います。

  9. わぁ~~そやコリだ!!
    シータさん、ありがとうございます。
    ワム青年の幸せトーク、
    シータさんのレポートでしっかり伝わってきました。
    あの(?)シータはんがお酒をひかえて聞き取られたんですものね。
    幸せいっぱいの笑顔の写真を想像しながら、幸せのおすそ分けをもらった気分です。
    私が一番心惹かれたのはワム青年の研究。
    >検証すべき証拠の美術作品を探すのがとても困難なところでも、
    >とにかく研究することを認めてくれました。」
    こういうことができるのは”男”なんですよねぇ。
    女性は現実的だから有るか無いかわからないものの研究を続けるのは、なかなか難しいように思います。
    そんなナムジャが研究よりも何よりも
    ■ 一番   大切なものは・・・   妻です
      カジャン ジュンヨハンゴスン・・・アネエヨ
    ワイワイご飯より何より↑これぞ韓流。
    10年ごしの思い・・・・
    韓流ドラマよりもドラマチック!!!!

  10. ボニさん
    >わーい、わーい!
    『そや☆コリ』があった~。久しぶりだー!嬉しいー!
    わーいわーい!
    そんなに喜んでもらえて、とっても嬉しい!!!!
    >ワム青年 結婚したんだよねえ。オメデトウ!
    ありがとごじゃいます(代理)
    >そうだよね。 全く 毛ほどの関係もないアタシだって
    「えええええ?! 3ヶ月も前?
     聞いてないぞー(シータ経由で)!!」 と思ったもん。
    うんうん、あんときの私の怒りはすごくて、
    ボニさんもあんぐりしつつ一緒に怒ってくれてた(笑)
    >でも その後の幸せそうなワム青年の話 いいなあー。
    苦節10年。 幸せになって本当に良かった!
    うふふ、苦節だったのか、他の女性たちと楽しかったのかはよく知りませんが(*^m^*)
    ほんとに一番好きだった人と一緒になれたことは間違いない!
    >しかし 1人でご飯が食べられないってのはホントなんだねえ。
    >日本が長いんだから 少し進化(?)してもいい気がするけど
    韓国の人は 寂しがり屋さんなのかな(^m^)カワイ。
    いやぁ~これはほんとにもう改善しなきゃだと思います。
    彼の友達のホンジュさんは毎日でもひとりで居酒屋に飲みに行ってるのに、
    なんであいつはダメなんだ?
    あかんたれやわぁ~~。
    >本当ね。 自分では思いもしなかったことがある。
    出会えたり 笑えたり 好きになったり 楽しかったり
    まあ時にはきしんだり でも 生きてないとそれも出来ないもんね。
    うん 一所懸命 元気でいましょ!
    うんうん、きしむことも生きてるからだ。
    元気でいようね!!
    >げ・・ アンコちゃんがいた(^^;)
    >>この自制心!取材ココロ。
    >>どっかの酔いどれ作家に聞かせてやりたいのう・・。
    >よ・・呼んだ? (T-T)
    うふふ、呼んだみたいだ♪
    しかし、本人が覚えてないのをいいことに、まわりの私たちは、
    「こんなこともしたよ」「あなたってば、あんなことも言ったんだよ・・・」
    と脅かして、本人が青くなって小さくなるのを見るのも、
    実は楽しみになってるかもだわ。ぐふふ・・・
    もっとやっていいよん(^_-)

  11. ruriさん
    >あぁ~~いいお話を聞かせてもらったなって…しみじみ思いました!
    わぁ、そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!
    >本当に 一人の俳優に心をつかまれただけなのに…
    世界中に友達ができてしまった気分です!
    ほんとに、誰かを思う心を持ったことが、
    こんなふうに人の生きる世界を広げていくんだってことに、
    あらためてびっくりしますね。
    >ワム青年も隣のお兄ちゃん感覚です!
    あは、それはいいな♪ 
    まさに見た目もそんな感じです(*^_^*)
    >結婚おめでとう~~♪幸せにね~~♪
    ありがとごじゃいます(代理)

  12. rzちゃん
    >わ~~~~~~~いシータさん!!!
    待っていました!!!
    わ~~~~い、待っててくれたなんて嬉しいです。
    ありがとう!!
    >ゴルフ狂のヒトに聞いたのですが
    「ゴルフが楽しいっていうより…ゴルフ仲間とのあれこれが楽しい」
    あ、それわかります、とっても!!
    結局なんでもそうなのかも。
    >もしかして私も…
    「彼が好きっていうだけじゃなくて…彼仲間とのあれこれが楽しい」
    んだと思う!
    うんうん、私もです。
    逆に、仲間がいるから「好き!」の心も続いているのかも(*^_^*)

  13. hiroさん
    >シータさん、久しぶりの『そや☆コリ』ありがとう~~~♪
    どもども、ずいぶんご無沙汰しちゃいました!
    読んでくださってありがとです!!
    >ワム青年~ご結婚おめでとう~~~☆☆☆
    ありがとごじゃいます(代理)
    >会ったこともない方なのに、すっかり身近なお兄ちゃんに
    なっていたワム君なので、嬉しいです^^。
    はい、勝手にどんどん身近な兄ちゃんにしてやってくださいね!
    そんなふうに喜んでもらえてること、本人に言いたくてしかたないわ(笑)
    >インタヴュアー兼コメンテイターのシータさんも笑えます~!
    暑い最中に、ビールを控えて集中!
    ご苦労さま~~おかげで、ステキなお話をご相伴です。
    はい、我慢しました(*_*)
    >本当に、隣の国の彼に恋してしまってから
    人生バラ色♪・・(とばっかりは言えないけれど^^;)
    世界は広がる~友達ものすご~く増える~
    PCも使っちゃう~
    何か、毎日に張り合いができました! 幸せ!!!
    ほんと、バラ色とまではいかないけど、
    人生変わりましたよね。
    PCを使うようになったのはすごいことですよね。
    うん!これを幸せと感じることができる毎日が、しあわせ!!

  14. オウルさん
    >お久しぶり~!
    なんと ワムちゃんがキョロネッソ?
    イェ~~、キョロネッソヨ~~♪
    >おめでとう\(^o^)/
    会った事も話した事もないのに
    幸せを掴んだのが 嬉しい!
    チョンマル コマウォヨ~~(代理)
    会ったことも話したこともないのにお祝いしてくれる人がいること、
    本人に知らせたい~~!
    >日本の大学で苦労して勉強も 恋もやり遂げるパワーは凄いね!
    はい、なんだかポーカーフェイスなのに、
    おさえるところはおさえてるから、
    けっこうすごいヤツなんだと思ってる次第です(*^_^*)
    >本当にちょこっと門をたたいただけで こんなにも素敵な
    仲間と出会えるなんて 思いもしなかった。
    ほんとに!
    素敵な出会いが待っていますよね♪
    >一日はどう過ごしても一日だもの 
    どうせなら 笑って 笑い飛ばして 元気に生きて行こうね!!
    ほんと、どうせなら笑い飛ばして!・・・いいですね!
    どう過ごしても一日、はい、今日の私のキーワードにしたいな♪

  15. mamaさん
    >わぁ~~そやコリだ!!
    シータさん、ありがとうございます。
    わぁ~こちらこそ!読んでくれてありがとです!
    >ワム青年の幸せトーク、
    シータさんのレポートでしっかり伝わってきました。
    あの(?)シータはんがお酒をひかえて聞き取られたんですものね。
    うふふ、エライ? 褒めてくれる?
    ほんと、我慢したんだよ~ん(涙)
    レポートとなると、もっともっと言いたいこといっぱいなんだけど、
    それはまた別の機会にぃ==!!
    >私が一番心惹かれたのはワム青年の研究。
    >>検証すべき証拠の美術作品を探すのがとても困難なところでも、
    >>とにかく研究することを認めてくれました。」
    >」こういうことができるのは”男”なんですよねぇ。
    女性は現実的だから有るか無いかわからないものの研究を続けるのは、なかなか難しいように思います。
    そうか、そういうところを追求し続けてるのよね。
    あらためて難しそう。だから、男のロマンとか言うのよね。
    でも、大変そうです。どこまで頑張れるかわかんないかんじだなあ。
    >そんなナムジャが研究よりも何よりも
    ■ 一番   大切なものは・・・   妻です
      カジャン ジュンヨハンゴスン・・・アネエヨ
    >ワイワイご飯より何より↑これぞ韓流。
    >10年ごしの思い・・・・
    韓流ドラマよりもドラマチック!!!!
    あは、本人がはっきりそう言ったわけじゃないけどね(^^;)
    でも、そういうヤツだなって最近思ってきたから、やっぱりドラマチックだと思います(*^_^*)
    この幸せがずっと続きますように♪

  16. げ・・シータさんたら(いつも呼び捨ててるくせに)
    >私なんか新幹線でわざわざ東京行ってやっと会えて喜んでるのに、
    >私のほっぺをつかんで振り回したことも、彼女は全然覚えていないんだもんねぇ~~(@_@)
    (。。;) す、す、す・・・みません あの節は。
    大変 失礼をば いたしました・・・。
    >私としては一生モンの甘酸っぱい思い出なんだけど(笑)
    私としては広○苑以上に厚い「悔帳」の一項です。(T-T)
    せめて増刷をすまいと頑張っているのですが。 
    最近も また一項増えたんじゃないかという記憶がうっすらあって
    (T-T)
    ちょっと今 穴掘って節酒中です。
    シータちゃんの爪の垢もらおうかな・・

  17. こそこそボニさん
    >(。。;) す、す、す・・・みません あの節は。
    大変 失礼をば いたしました・・・。
    おほほ、本人が覚えていないのをいいことに、
    このネタで何度ボニさんに謝らせているかわかんない~♪
    もういかげんいじめるのもやめなきゃ~~(^^;)
    ほんとに本人が覚えてないと、みんな話を大きくしておもしろくしていったりするんだよね。
    (でも今回の話はまんまだよ・笑)
    >せめて増刷をすまいと頑張っているのですが。 
    最近も また一項増えたんじゃないかという記憶がうっすらあって
    (T-T)
    ちょっと今 穴掘って節酒中です。
    わぁ、また新しいストーリーが?
    それは誰に聞けば教えてもらえるのかな?うふふ。
    目星をつけてきいてみることにしよう!
    しかし、本人は辛いね。
    「こんなことしたよ」「こんなことも言ったよ~~♪」って
    何を言われても覚えてないと信じるしかないもん(笑)
    青くなるしかないもんなぁ~~。
    >シータちゃんの爪の垢もらおうかな・・
    どうぞどうぞ遠慮なく!
    酔っ払うまえに腹いたくなってちょうどいいかも(*_*)

  18. 「読んだよ」ボタンから感想を寄せてくださったみなさんへ♪
    ★「わたしも楽しくてわくわくする人生を送りたいです。」と書いてくださった方へ
    はい!わくわくできる材料、いっぱいありますよね♪
    楽しんで暮らしたいですね。元気でいましょうね!
    読んでくださってありがとう!
    ★「美術史のマシンガントークなんて やっぱりワム先生はセチャンだ」と、感想をくださった方へ
    うぅ・・・・
    ビジュアルが・・・
    いえ、青年ももちろん立派な男子です!
    しかし、セチャンと並ばされると、さすがのポーカーフェイスの彼も凹むかしらと(-_-;)
    読んでくださってありがとう!
    ★「最近色々なところで秋のハングル講座開設のニュースを見つけるにつけ、今年こそ始めてみようかな」と感想をくださった方へ
    はい、ぜひ!!
    新しい世界が待っていると思います。
    チャレンジしてみてください!
    んで、またおもしろいことがあったら教えてほしいです♪
    読んでくださってありがとう!
    ★「今日はテヤンを読み返そうとやってきたら~~アレッ!! 」とびっくりしてくださった方へ
    テヤンに会いに来てくださってありがとうございます!
    >明日からも元気で、過ごさなきゃなって思いました
    はい!元気でいましょうね!
    そしてこれからも一緒に遊んでくださいね!
    よろしく♪
    読んでくださってありがとう!
    ★「①こんにちわ、何歳ですか?」に感想をくださった方へ
    >忘れかけてた韓国語。そうなのすうじは難しいんですよ。
    そうなんですよね!
    ほんとに数字はむずかしくて・・・
    いつもわけわかんなくて、まともに言えたためしがありません(涙)
    読んでくださってありがとう!

  19. ちいさなむふふ。
    なんか、ぼろぼろこぼれて聞いていた断片が、
    しっかりまとまった物語として読めてうれしいわ。
    出会い、出会い、出会い、だよね、人生。
    私も元気に生きて、これからも出会いを重ねていきたいなぁ。
    前向きになる『そや☆コリ」をありがとう!

  20. 「読んだよ」ボタンから・・・
    なんにもやる気ナッシングに陥っていて、これを読んでちょこっと元気になったと言ってくださった方、
    そう言ってもらえるとほんとに嬉しいです!
    読んでくだってありがとう。
    >暑さのせいか、はたまた歳のせいか、
    >私の人生にもこんな時が来るんだと思うほど
    ふむふむ、私もしっかりとしょっちゅうその状態に陥っています。
    その度にいろんなところから元気をもらいながら、
    なんとか毎日やってます~~(*^_^*)
    >青年の純粋さ、夢を持って生きている姿をこうして聞かせてもらって、
    >私も幸せな気持ちになっています
    わぁ~い、そう言ってくださる言葉でこっちもまた書く元気が湧いてきます。
    ありがとです。
    また元気に書こうと思うので、
    読んでやってちょっ♪

  21. vaiさん、
    読みに来てくれてありがとう!
    >ちいさなむふふ。
    むふ、むふふふ・・・むふふふ・・・
    >なんか、ぼろぼろこぼれて聞いていた断片が、
    しっかりまとまった物語として読めてうれしいわ。
    それって、ワム青年の全体像が見えてきたとか、
    そういうこと?
    >出会い、出会い、出会い、だよね、人生。
    そうだ! 出会いだぁ~~~!!
    (決して『気合いだぁ~~!!』の真似ではないですから)
    >私も元気に生きて、これからも出会いを重ねていきたいなぁ。
    前向きになる『そや☆コリ」をありがとう!
    うん、ほんとに、元気に生きて、まだまだたくさん出会っていこう。
    こちらこそ、前向きになる感想をありがとう!

うひひ Lusieta にコメントする コメントをキャンセル

Your email address will not be published.


*