『そや☆コリ』12 日本の女性とつきあいたいなと

jinyon2-33.jpg

この人は、ドラマの中盤からあんなに一途なかわいさを見せるのに、
前半ではほんとによく吠えていました。

砂漠の真ん中でも、大都会の美しい噴水の前でも、静かなレストランでも・・・
そして時には女同士で髪の毛をつかみ合って怒鳴り合い、
ストッキングは破れるは、品のいい制服はぐちゃぐちゃになるわ・・・
なんて気性の荒い主人公なの?って思った次第です。

そしてまたワム青年は答えます。
「それ、普通です。」

 

 

なんの話からだっただろう。
忘れちゃったけど、とにかくそんな話になった。


ワム先生が言った。


「日本のドラマをホンジュと一緒に見ていて話したんです。
ドラマの中で女性が大声で怒鳴るようなシーンがほとんどないなと。」


「あは、そういえば韓国のドラマって、女の人が元気に怒りますよね。
髪の毛つかみ合いのけんかとかもあるし。
なんでドラマでそんなに怒るシーンがよく出てくるんでしょうね。」


「それは、ほんとにそんなふうに怒るからです。」


「・・・・あ・・やっぱり・・・そうなんですか?」


「はい。ほんとにそういうことがあるからドラマにそんなシーンが出て来るんです。
だから僕たち気づいたんです。
『そうか・・日本の女性はほんとに韓国の女性みたいに怒鳴ったりしないから、
ドラマでもそういうシーンが出てこないんだ』って。
ホンジュとその結論に達した時に、僕たちはびっくりしました。あはは。」


「それって、ある日気づいたってことですか?」


「はい。」


「ふふ。」


「だからその時ホンジュと話しました。
日本の女性はいいなあと。
日本の女性とつきあいたいなぁ~と。あはは。
そしたら、待ち合わせに遅れても、
街の真ん中で怒鳴られたり叩かれたりしません。」


「あらま・・・。
韓国の男性は大変ですね。」


「はい。大変なんです。
記念日忘れたとか、今日の服が変とか・・・」


「わぁ・・・苦労が多いですね。」


「はい。苦労します。」

  (実はこの頃のワム青年は、リアルタイムでその苦労を実感中だった。)


「でも、女性だけじゃなくて、
日本では、男性もそんなに街の中で大きな声で怒鳴りませんね。
ケンカをしていても、僕からすると普通の会話のように感じます。」


「えぇ~、そうなんですか?」


「僕は日本に来てしばらくして、とても興味深く思っていたことがありました。
あとでほんとのことがわかって、とても笑いました。」


「どんなことですか?」


「それはですね、夜の10時くらいになると、
さようならの挨拶はトゥルトゥルと舌を巻きながらするんだなと思ったんです。」


「・・・?・・は?・・・?・・」


「こうやって・・・トゥルッと・・・
あの、僕はできませんが・・・・」


「・・・え?・・????・・・」

 

「地下鉄の駅に降りていくところで、
そう言ってから別れるとか。ふふ。」

 


・・・・一同ちんぷんかんぷん・・・

 


「わぁ!!!もしかしてぇ~~~」
「あぁ~っ!」


・・・・2人くらい気づいた・・・

 

「わかりましたか?」

 

「つまり・・・
『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』って感じの?」


「そうです!それです。
あぁ、シータさん、舌の巻き方がじょうずです。」


「あ・・・はい、どうも。」

 

・・・・一同ぽかぁ~~ん・・・

 


「それが、あいさつだと思ったんですか?」


「はい。そのころは言葉の意味もわかりませんでしたから。」


「そういうの“ケンカ別れ”の捨てぜりふってことですよね。
全然言い争いに見えなかったと?」


「はい。全然。
一緒にお酒を飲んだあと、
そんなふうに舌を巻いてトゥルルと言い合うと、
“おやすみなさい”とか“さようなら”とか、
そういう意味になるのだなと・・・」


「ぶはっ!」

 

・・・・一同、口を押さえたり大笑いしたり・・・

 

「だってお互い怖い顔してるでしょ?」


「怖くないです。普通です。」


「すごい・・・」


「韓国に比べると全然激しくないですから、
ケンカだなんて思えませんでした。
あ、今はケンカかどうかはわかるようになりましたよ。
言葉の意味がわかりますから。」


「そりゃそうですよね。」


「でも日本はほんとに静かな国です。穏やかです。」


「なるほど・・・」


「あは。
みなさんも、いつも穏やかです。
大きな声で怒ったりしませんね。
そんなふうに感じます。
静かで穏やかな女性の方たちです。」


「いやぁ~、わかりませんよ。
日本の女性はその場で爆発しないでお腹に溜めますからね。
実はもっと怖いのかもしれませんよ。」


「おなかに・・・ためるんですか?」


「はい。たっぷりと。」


「それは、いつ出しますか?」


「それがいつなのか、どんな出し方なのかわかんないところが、
日本の女性の怖いところかもしれません。」


「わぁ。そうですか。
ホンジュに言っておきます。」


「はい。それがいいと思います。」

 


その後、日本の女性とのおつきあいが始まるのはワム青年のほうなんだけど・・・

それはまたあとのお話にとっておきますね♪

 

 

 


  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

 

  ♪ 本日の ワンポイントはんぐんまる(韓国語)♪


今回の言葉はすべて、絶対に使ってはいけません!! 

あしからず<(_ _)>

 

■ おい!ふざけたことを言うな!
  ヤァ!ホッソリハジマ!


■ 話にならない!
  マルド アンデ!


■ ばかぁ~!
  パボヤァ~!


■ 何言ってんの?
  ミッチョッソ?(直訳:気が狂った?)


■ “このやろう!”とか“こいつ!”的な呼びかけ。

  ケーセッキ!(直訳:犬の子)

  チュイーセッキ!(直訳:ねずみの子)

  ミッチンノム!(直訳:気が狂ったヤツ)

 


<(_ _)>どうかくれぐれもお使いになりませんように<(_ _)>

 

 


 

14 Comments

  1. そうか、ジニョンのあれこれのシーンはふつうだったんですね?
    バカ息子を育てたからか、短気だからか
    瞬間湯沸かし器だとか、怒ってばかりだとか言われる私。
    息子の彼女はみな私のこと怖いお母さんだと言いました。
    今回の彼女だけは母ちゃんのことを怖くないといったので、それだけでも有り難い・・・と結婚を決めた息子。
    でもでもそんな私も韓国に行けば普通なのね?
    そういえば建築をやっていた韓国の留学生が
    日本の家は紙と木でできていて、話し声が筒抜けになるからか、とても静かだと言っていました。
    韓国では住宅地に怒鳴り声がこだましてるって。
    でも韓国の家もドラマでみるかぎり、そう日本と変わらないように見えますけどね。

  2. mamaさん
    お早いお越しをどもども♪
    >そうか、ジニョンのあれこれのシーンはふつうだったんですね?
    らしいです(^^;)
    >今回の彼女だけは母ちゃんのことを怖くないといったので、それだけでも有り難い・・・と結婚を決めた息子。
    おう!息子さんご結婚?
    おめでとうございます!!
    きっとそのお嫁さんと気が合うんじゃないかな?!
    しかしmamaさんは勢いよく話すだけで、ちっとも怖さを感じないと思うんだけど~
    肝っ玉かあさんっぽくて。
    またちょっと韓国のオモニとはイメージ違うような・・・
    韓国のオモニは、ホウキで息子を追いかけ回してるシーンが
    ドラマでよく出てくる気がします。
    >そういえば建築をやっていた韓国の留学生が
    日本の家は紙と木でできていて、話し声が筒抜けになるからか、とても静かだと言っていました。
    わぁ・・・いかにも建築家としての視点だわ。
    >韓国では住宅地に怒鳴り声がこだましてるって。
    でも韓国の家もドラマでみるかぎり、そう日本と変わらないように見えますけどね。
    そうですよね。木と紙と土でできてる感じは同じように思うけど・・・
    怒鳴り声が響いてるってことは、やっぱりよく聞こえてるってことよね。
    木と紙と土だから。

  3. うひゃひゃ! 今回の言葉は「すべて言ってはいけません」って シータはん。
    >「それはですね、夜の10時くらいになると、
    >さようならの挨拶はトゥルトゥルと舌を巻きながらするんだなと思ったんです。」
    ・・文化の違いってもの凄いですね。
    >『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』
    が どんだけのどかなお休みなさいになっているのだ。
    今度街でよっぱらいのケンカを見たら「トゥルトゥル」と言っちゃいそう。
    なんか そう見ると可愛く感じる。
    そうかー、ジニョンさんの弾丸トークは、いたって普通だったんですね。こんな意思表示の派手な国に暮らしていたら、日本は地味よね。
    あ、でもでも
    うちの田舎でも「浜のショ」と言われる海の方の年配の人は
    怒鳴りつけるように話したよ。
    お魚を売りに玄関入ってきて おばちゃんが怒鳴る。
    「おがぢゃま いたかねし!!」(お母さんはいますか?)
    その後は「○%&$#・・・!!」 私は聞き取れませんでした。
    ひょっとして ズンズン地味になっているか?日本人?

  4. ボニさん
    読んでくれてありがとさん♪
    >うひゃひゃ! 今回の言葉は「すべて言ってはいけません」って シータはん。
    はい。どうかどうか、口に出さないでね!
    >・・文化の違いってもの凄いですね。
    はい、ほんとに絶対思いつきませんよね。
    >>『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』
    >が どんだけのどかなお休みなさいになっているのだ。
    今度街でよっぱらいのケンカを見たら「トゥルトゥル」と言っちゃいそう。
    なんか そう見ると可愛く感じる。
    うふふ。私もこの話を聞いたあとにそのシーンを目撃し(たぶん酔っ払ってなかったと思う)
    親しみを感じてしまった(笑)
    不思議な感覚でした。
    >「おがぢゃま いたかねし!!」(お母さんはいますか?)
    その後は「○%&$#・・・!!」 私は聞き取れませんでした。
    わぁ・・・
    かっこいい!
    あのね、あのね、うちもです!
    わぁ~~い!
    「浜のショ」じゃないけどね、近所だけどね、
    いきなり玄関扉を開けて入ってきて
    「おんさるけ~なぁ~」(おられるかなぁ~)
    って大声出すの。
    「おるで~」(いるよ~)
    と、また大声で答える。
    わぁ・・・
    >ひょっとして ズンズン地味になっているか?日本人?
    そういうことなのかもしれない。
    エネルギーが枯れてきたってこと?

  5. またまたお邪魔さま
    >ひょっとして ズンズン地味になっているか?日本人?
    そうですよねぇ。
    私なんか「ご飯だよ~~」って大声で叫ばなくちゃならない田舎育ちですから、地声が大きいですし、
    道端でのやりとりもみんな大声で話してました。
    大阪の文化住宅に住んでたおばちゃんたちも姦しかったし、
    江戸の長屋もかまびすしかったようなのにね。
    日本全国、お上品になったのかしらん??
    でも
    >>『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』
    って声が
    「おやすみなさい。」という挨拶に聞こえてたというほど、巷でよく耳にする言葉だということにも
    信じられない!!!さすが街は違う・・と感心している田舎もんです。

  6. ワム青年
    「それは、いつ出しますか?」には大笑いです。
    いつもガンガン怒られていると、いつ来るか身構えているのかな?
    日本女性は、必ずしも相手にぶつけないで、他で発散したり出来る
    しね。
    シータさんの言うように、取っておいて<ここぞ>という時に出す!!   確かにその方が怖いかも!
    今の日本人は静かすぎかなぁ?
    私が小さい頃は、ばば様に大声でハエ叩きで追いかけ廻されたし、
    家も今の住宅のように個室じゃないから、声が通ったよね。
    ワンポイントはドラマの聞き取りにのみ使います(^v^)

  7. うふふ、ライブな韓国女性♪
    海外ドラマ見てるとお国柄がわかるよね。
    怒ったときどうするか・・・。
    そういえば、先週見た「アイリス」でもビョンホンが
    平手打ちされてたなあ・・。
    アメリカの女の人は頭からお酒かけたり、ぐうで殴ったり・・・。
    日本女性は・・たしかにあんまりやらないなあ。
    わたしも男性のほっぺた叩いたこと、ない。
    (息子のお尻はあります!)
    >記念日忘れたとか、今日の服が変とか・・・」
    そうか、その位でひっぱたいていいんだ。
    その分、「愛してる〜、ぶちゅ♥」の表現も激しいんではないかと思うけど、
    しーたちゃん、今度そのへんワム青年に突っ込んでみてよん♪
    でも、
    >『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』
    に関しては、外国の人から、
    「日本人は昼間は礼儀正しいのに、夜お酒を飲むと、下品で乱暴になる」
    と指摘されたことが何度かある。
    韓国男性はそれも驚かないのね。
    mamaさん、
    >今回の彼女だけは母ちゃんのことを怖くないといったので、それだけでも有り難い・・・
    と結婚を決めた息子。
    きゃ〜〜`ん、おめでとうございま〜す!
    わたしもコワイ母ちゃんに見えるかもなあ。
    ほうきでもって追いかけたいんだけど、
    日本のかつての社会や、韓国社会のように「親を敬う」気持ちがないので、
    ほうき取り上げられて、終わるかも。

  8. mamaさん
    >またまたお邪魔さま
    なんどでも来てねぇ~~!
    >私なんか「ご飯だよ~~」って大声で叫ばなくちゃならない田舎育ちですから、地声が大きいですし、
    道端でのやりとりもみんな大声で話してました。
    あぁ・・・
    ボニさんの「浜のショ」からずっと思い出してたんです。
    小さい頃のふるさとのおばちゃんたちのデカい声のこと。
    田んぼでは、田植えも稲刈りも、
    ほんとに大声出さないと段取りが進んでいかなかったなとか・・・
    川の向こうで遊ぶ子どもたちに、岸からお母さんがご飯だよって呼びかけたりしたんだよなとか・・・
    しみじみ・・・
    >大阪の文化住宅に住んでたおばちゃんたちも姦しかったし、
    江戸の長屋もかまびすしかったようなのにね。
    日本全国、お上品になったのかしらん??
    ほんと、地域性とか住宅事情とか、そういうのが全国一律になってきて、
    んで自己主張が必要ないシステムが進んで・・・
    お上品になっちゃったのかしらん?
    >>『オラァ~。文句あんのか~オラァ~~!!』
    >って声が
    「おやすみなさい。」という挨拶に聞こえてたというほど、巷でよく耳にする言葉だということにも
    信じられない!!!さすが街は違う・・と感心している田舎もんです。
    いや、街だからじゃないよ
    相手が韓国の人だからですよ。
    まだ言葉の意味もわからない人には静かなおしゃべりに聞こえたんでしょう。きっと♪

  9. オウルさん
    読んでくださってありがとうございます♪
    >ワム青年
    「それは、いつ出しますか?」には大笑いです。
    いつもガンガン怒られていると、いつ来るか身構えているのかな?
    あ、オウルさん、これは身構えるというより、
    おもしろがる顔でちょっと笑いながら言っていました(笑)
    >日本女性は、必ずしも相手にぶつけないで、他で発散したり出来る
    しね。
    シータさんの言うように、取っておいて<ここぞ>という時に出す!!   確かにその方が怖いかも!
    はい、だから得体の知れない怖さがあるかもでしょ(*^m^*)
    >今の日本人は静かすぎかなぁ?
    私が小さい頃は、ばば様に大声でハエ叩きで追いかけ廻されたし、
    家も今の住宅のように個室じゃないから、声が通ったよね。
    わぁ。ありましたね、ハエ叩き。ふむふむ。
    なつかしいなぁ~~。
    そうでしたね。プライバシーとか、なかったような(笑)
    >ワンポイントはドラマの聞き取りにのみ使います(^v^)
    はい、ぜひぜひそうしてください

  10. あんなちゃん
    どもども読んでくれてありがと!
    >そういえば、先週見た「アイリス」でもビョンホンが
    平手打ちされてたなあ・・。
    わぁ、テヒちゃんに?
    >アメリカの女の人は頭からお酒かけたり、ぐうで殴ったり・・・。
    日本女性は・・たしかにあんまりやらないなあ。
    わたしも男性のほっぺた叩いたこと、ない。
    (息子のお尻はあります!)
    私、こっちが泥酔して目が据わって
    なんの根拠もなくニタニタ笑いながら夫を平手で叩いたそうなんです。
    結婚前に(-_-;)
    あまりに酔ってて覚えてないんだけど(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)
    >>記念日忘れたとか、今日の服が変とか・・・」
    >そうか、その位でひっぱたいていいんだ。
    いや、ひっぱたいたかどうかは知らないよ。
    とにかく怒られるそうですが。
    >その分、「愛してる〜、ぶちゅ♥」の表現も激しいんではないかと思うけど、
    しーたちゃん、今度そのへんワム青年に突っ込んでみてよん♪
    わぁ・・・
    勝手にしゃべる分にはいいんだけど、あんまり質問したことないんだよな。
    照れるな。・・・って、マジで何言ってんの?あは・・・
    >外国の人から、
    「日本人は昼間は礼儀正しいのに、夜お酒を飲むと、下品で乱暴になる」
    と指摘されたことが何度かある。
    韓国男性はそれも驚かないのね。
    わぁ。。。そうなんですね。
    じゃあよほど韓国の人が免疫できてるってこと?
    どんだけすごいのかな・・・

  11. へへへ また来ました。
    >いきなり玄関扉を開けて入ってきて
    >「おんさるけ~なぁ~」(おられるかなぁ~)
    >って大声出すの。
    >「おるで~」(いるよ~)
    >と、また大声で答える。
    なんだ そうか。
    オウルさんもババに蠅叩きで(蠅叩きで?)追われているし
    ママさん方面も 道路で大声で呼ばわっているし
    ・・やっぱ 地味化しているぞ日本(T-T)
    そうそう。 ソウルの酔っ払い事情について。
    パパ友がソウルに4年(4年だよシータちゃん)いたんだけど
    (彼は私もびっくりの大酒飲み) 韓国のサラリーマンさんは
    飲むとなったら倒れるまで位に飲むそうです。
    ビールジョッキにウィスキーをグラスごと投下してがーって飲む
    なんってったかな、爆弾酒(?)みたいなカクテルまで飲むそうです。
    ワム先生知っているかな・・。

  12. ボニさん
    >パパ友がソウルに4年(4年だよシータちゃん)
    わぁ、4年だったの?3年かと思ってた。
    そりゃますますすごいね。
    その彼の奥様にお話聞きたいわ♪
    >(彼は私もびっくりの大酒飲み) 韓国のサラリーマンさんは
    飲むとなったら倒れるまで位に飲むそうです。
    ビールジョッキにウィスキーをグラスごと投下してがーって飲む
    なんってったかな、
    それってイッキ飲みで死の危険を感じる(*_*)
    大丈夫なんだろうか。
    日本でみんなに大酒のみって言われる人もびっくりするくらいってこと?
    そういえば、韓国に帰ったら昔の大学仲間と飲んで次の日ずっと寝てたとか言ってたなあ。
    二日酔いのまま飛行機に乗って帰ってきたんだっけ?
    きっとすごいんだろうな。
    >爆弾酒(?)みたいなカクテルまで飲むそうです。
    ワム先生知っているかな・・。
    なんか・・・聞いたことある気がする。
    でも、センセイから聞いたのか、なにかで読んだのかわかんないけど。
    チェックして聞いておこう。
    ネタをありがとねぇ~!!

  13. 今回の言葉はすべて、絶対に使ってはいけません!! 
    むふふ。。。
    シータさん、こういういけない言葉もちゃんと教えてくれるくれるんだもん。
    でもドラマとか見てると、きっと言ってるんでしょうねぇ。
    確かにあのドラマの取っ組み合いのけんかには驚いたもんな。
    あれが普通なんだ。
    お隣なのに日本と違ってとってもラテン系なお国柄だわ。
    お酒といえばよくドラマで焼酎をくいっとやってますよね。
    あれも私には結構衝撃だったんだけど。
    私は飲まないのでよく知らないけど、
    日本では焼酎ってお湯割りとかなんかで割って飲んでません?
    少なくとも氷を入れてロックとか。
    いくらショットグラスみたいなのとはいえ、そのままくいって
    いくって。。。やっぱ強い人が多いのか?

  14. まめちゃん
    読んでくれてありがとさん♪
    >むふふ。。。
    シータさん、こういういけない言葉もちゃんと教えてくれるくれるんだもん。
    でもドラマとか見てると、きっと言ってるんでしょうねぇ。
    「『四月の雪』で、ソン・イェジンさんが言ってた」と教えてくださった方がありました(*^m^*)
    >確かにあのドラマの取っ組み合いのけんかには驚いたもんな。
    あれが普通なんだ。
    お隣なのに日本と違ってとってもラテン系なお国柄だわ。
    ふむふむ、そういえば「東洋のイタリア」って言われてるって聞いたことあります!
    ラテン系・・・ほんとにそんな気がするわ~~。
    >お酒といえばよくドラマで焼酎をくいっとやってますよね。
    あれも私には結構衝撃だったんだけど。
    私は飲まないのでよく知らないけど、
    日本では焼酎ってお湯割りとかなんかで割って飲んでません?
    少なくとも氷を入れてロックとか。
    同感同感!
    くいくいとストレートで飲んでいくんだもんね。
    焼き肉食べるときもそうみたいで、韓国で仕事してた人が
    韓国の人たちと焼き肉に行って、ひとりだけビールを頼むと、
    「なんでビールなんか頼むんだ!」って責められるそうなの(笑)
    そういう時、はじめは答えに困ってたんだけど、
    最近は「日本人だから」って答えることにしてるそうです。
    なるほどなぁって思ったわ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*